AL入試(アクティブラーニング入試)中学校・中等教育学校

中学・中等入試には「AL入試」という選択肢があります。

中学・中等入試には「AL入試」という選択肢があります。

AL入試
(2017年2月実施)

(1)当日受験していただいた「総合思考力問題」の学力検査問題はこちらからダウンロード出来ます。映像も以下の画面中央の再生ボタンをクリックすることでご覧いただけます。

(2)「算数基礎」の学力検査問題こちらからダウンロード出来ます算数基礎

 

AL入試の概要

(1)「総合思考力問題」は、思考力・判断力・表現力等を評価するテストです。まず受験生には、映像による講義などを受講してもらいます。その後にそれらの内容に関わる問題を解いてもらいます。
(2)「算数基礎」は、小学校の教科書レベルの問題を出題します。また、思考力をみる問題も出題します。
(3)「面接」は集団面接(5名程度)形式での個別プレゼンテーションです。受験生1人につき5分程度で、自己紹介や、(1)の講義内容に関わる発表などをしてもらいます。

AL入試における面接についての詳細は以下の通りです。
【集団面接(5名程度)形式・個別プレゼンテーション
一室に5名程度の受験生が集まり、「自己紹介」と「総合思考力問題の講義に関わる発表」を行い、最後に「ふり返り」を行います。面接は個別プレゼンテーションの形で行いますので、面接官が受験生一人ひとりに質問をすることはありません。また、同室の受験生同士は、発表を聞き合いますが、お互いに話し合うようなこともありません。

1.自己紹介(1人1分程度)
自分の経験を盛りこんだ上で、自分のことを紹介します。これまでにがんばってきたことや今がんばって取り組んでいることを具体的に話してください。自己紹介で話す内容についてあらかじめ考えておくと、落ち着いて話ができるでしょう。制限時間をこえた場合は減点になりますので、注意してください。
《評価の観点》
①内容
自己紹介の内容に自分の経験がしっかり盛り込まれているか。
②様子
発表時の姿勢・声・視線・話す速度が適切か。

2.総合思考力問題の講義に関わる発表(1人2分程度)
総合思考力問題の答案の内容を口頭で発表します。コピーした答案を用意しますので、それを見ながら発表することができます。答案内容と異なる内容を話してしまうと減点になります。また、制限時間を超えた場合も減点になりますので、注意してください。自分が発表する時以外は、他の受験生の説明を聞きます。その際、メモをとっても構いません。最後の「ふり返り」のためにも、メモをとっておくといいでしょう。
《評価の観点》
①内容
発表の内容が答案と一致しているか。
②構成
話の組み立てや順序立てがわかりやすいものになっているか。
③様子
発表時の姿勢・声・視線・話す速度が適切か。

3.ふり返り(3分程度)
最後に「ふり返りシート」を配付します。他の受験生の発表や面接官の説明を聞いて、理解したこと、気づいたこと、疑問に感じたことを記入します。
《評価の観点》
①他の受験生や面接官の説明をふまえて、思考を深めているか。
②自分の発表の良かった点・悪かった点を具体的に自己評価できているか。

※このAL入試の「面接」は、一般的な面接試験ではなく口頭試問等の内容面を中心としたものですので、特にあらたまった服装を準備する必要はありません。季節柄、防寒に留意した服装でお越しください。

入試体験会&説明会(12月)

(1)当日ご覧いただいた「面接」のイメージ映像は、以下の画面中央の再生ボタンをクリックすることでご覧いただけます。

(2)入試説明会後半の「AL入試」に関する説明は、以下の画面中央の再生ボタンをクリックすることでご覧いただけます。

 

AL入試体験会
(2016年9月プレ実施)

(1)当日取り組んでいただいた「総合思考力問題」のサンプル問題と解答用紙はこちらから。映像も以下の画面中央の再生ボタンをクリックすることでご覧いただけます。

(2)当日取り組んでいただいた「総合思考力問題」の解答例と解説はこちらから

(3)当日提出していただいた「総合思考力問題」の答案に対する講評はこちらから

合わせて、同日開催の「AL入試説明会」資料も以下の映像でご確認いただけます。
【画面中央の再生ボタンをクリックすると始まります】

 

AL入試のサンプル(2016/7/26公開)

(1)「総合思考力問題」で視聴してもらう「映像による講義」サンプルの一部(前半)です。9月10日(土)のAL入試体験会では、問題と解答用紙が別途配付されます。当日参加されるみなさんは、問題と解答用紙を手元において、「映像による講義」の全編を視聴し、解答することになります。今回のサンプル問題においては、見たり聞いたりした言葉をそのまま書く力、2つのものを比べてその違いについて考察し説明する力、考察したことを自分の身近な世界につなげてもう一度考える力、考えたことを表現する力などが求められます。

 【画面中央の再生ボタンをクリックすると始まります】

 

(2)「算数基礎」で解答してもらう問題のサンプルです。

【画像をクリックするとpdfファイルをダウンロードできます】
算基

 

(3)「面接」は集団面接(5名程度)形式での個別プレゼンテーションです。「総合思考力問題」で視聴してもらった「映像による講義」の内容に関わる発表なども受験生1人ずつにしてもらいます。