桐蔭横浜大学 法学部 桐蔭横浜大学 法学部

法学部のご案内

法を学び、未来を拓く。
その可能性は
無限に広がっています。

めまぐるしく変化する現代社会において、あらゆる分野で役立つ基礎力を形づくる。
それが、桐蔭横浜大学の目指す法学教育です。
4年後、大きく成長したあなたの前には、さまざまな活躍の舞台が拓けているはずです。

法学部3つのポリシー

Three policies

  • アドミッションポリシー- 入学者受入の基本方針 -
  • 〈法律学科〉
    1. 現代社会の様々な問題について日頃から強い関心を抱き、その解決の道を探求したい人。
    2. 偏見から自由で柔軟な思考と、物事を筋道立てて考える論理的な思考ができる人、またはできるようになりたいと望む人。
    3. 自分の意見を口頭や文章で説得的に表現することができる人、またはできるようになりたいと望む人。
  • カリキュラムポリシー- 教育課程編成・実施の基本方針 -
    1. 多様な学生の進路に対応した授業カリキュラムを整える。
    2. そのために、1年から4年まで極めて少人数のゼミを配置し、学生にとって教員が身近に感じられるようにする。
    3. 最も多人数の警察官や消防官を目指すコースだけでなく、地方公務員、さらには、法律専門家を目指す学生の指導体制を整える。
    4. 一般企業に就職する者、自営業を営む者にとって大切な法的リテラシーを身に着けさせる。
    5. スポーツに力を注ぐ学生に対しても、教員免許が取れるようにする。
    6. 海外留学の活用、外国語の鍛錬を通じて、グローバル人材を育成する。
  • ディプロマポリシー- 学位授与の基本方針 -
  • 大学で法学士号を取得するとは、幅広い教養と法学専門知識を身に着け、良き市民となることである。法的な考え方を身に着け、トラブルを解決したり、相手方と交渉したりする能力を身に着ける。批判精神を持った市民として、社会に貢献できる資質を身に着ける。

学部長からのメッセージ

MESSAGE

  • 確かなリーガルマインドと対話力。
    バランス感覚によって、さまざまな問題を解決していく力を養います。
    桐蔭法学部では、細かな知識を覚えることよりも実践的な問題解決能力を鍛えることに重点を置いています。 まずは、周囲の人々に状況を正確に説明し、また相手の主張に耳を傾けて深い洞察を得るコミュニケーション能力の獲得から始めましょう。 次に、法制度と法原則を踏まえての事例分析・判例研究により、リーガルマインドを育てていきます。 こうして、学生諸君が対話力とバランス感覚を身に着け、問題解決に際して調整者として行動できるようになることが目標です。
  • 内ヶ崎 善英

    学部長教授

    内ヶ崎 善英

    国際法

法学部ってどんなトコ?
学部のご案内