桐蔭横浜大学法科大学院

桐蔭法科大学院Toin Law School

桐蔭法科大学院の入試情報

資料請求

学習フロー(例:民事法系)

理論と実務の架け橋となる「実務基礎科目群」が充実

 基礎から応用の段階まで、理論と実務を効率的に学んでいきます。民事法系で言えば、1年次には民事法系の核となる法律について理論面を中心に学び、基礎を固めます。2年次前期の「要件事実と事実認定の基礎」では、理論と実務の架け橋、言い換えると実体法「民法」と手続法「民事訴訟法」との架け橋を目指します。内容的には、民法を学ぶことになりますが、手続法の観点からもう一度民法を見直すことで、立体的な理解を促していきます。これを受けて2年次後期の「民事模擬裁判」で、知識として理解した法律を、実際に民事模擬裁判という形で動かしてみます。また、後期にはこれと併行して、民法、商法等にとらわれず、総合的な観点を養う「民事法総合演習1」を履修します。実際に起きる事件・事案には、法律問題が複合的にかかわるため、1年次では断片的にしか理解していなかった法を、総合的にとらえられるように論理的思考力・問題発見能力を養っていきます。3年次には、民事法の集大成となるよう「民事法総合演習2・3・4」を通じて実践的な力を身につけます。

PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから