桐蔭横浜大学法科大学院

桐蔭法科大学院Toin Law School

桐蔭法科大学院

桐蔭法科大学院の入試情報

資料請求

実務基礎科目群の主な授業科目

民事模擬裁判

 民事模擬裁判

 民事裁判実務に生起する実体法・訴訟法上の諸問題を実践的・総合的に理解することが狙いです。実際の訴訟事件を参考素材にし、裁判官、原告訴訟代理人、被告訴訟代理人に役割を分担し、授業を進行。訴状、答弁書などの作成から、数次の口頭弁論、証拠調べ(交互尋問)および和解勧試などを経て、最終の判決書作成・言渡しに至るまで全過程における手続を遂行していきます。
 学生自身が、裁判官・弁護士として、主体的に訴訟運営を協働して実践することで、裁判実務への理解が飛躍的に深まっていきます。同時に、弁護士として当事者から相談を受ける際の聴取方法、相手方との交渉技術という観点からの実践的な講義が原告・被告双方について含まれていますので「ロイヤリング」「リーガル・クリニック」と呼ばれていた科目も取り込んだものとなっており、シミュレーションに基づく、インターンシップの役割も果たしています。

刑事訴訟実務の基礎

 刑事訴訟実務の基礎

 刑事訴訟実務の基礎的な知識習得と運用の実際を学習。証拠・資料に基づく事実関係の判断能力を身につけ、同時に裁判官・検察官・弁護人の各立場に立ち、手続過程の各段階の状況に応じて自分が果たすべき役割から、いかなる判断・行為が求められているかを理解できる柔軟かつ発展的な法的思考能力を養わせることを目標としています。
 刑事手続の流れに沿い、捜査、公訴提起、公判(公判前整理手続を含む)、判決の各段階において、学生に裁判官、検察官、弁護人の行うべき訴訟活動あるいは訴訟行為について討論させた上、各種起案を行わせ、その起案をもとに、学生間での対話方式の議論を行います。締めくくりとして、学生を裁判官、検察官、弁護人などのグループに分け、冒頭手続から証人尋問等証拠調べを経て、判決に至るまでの一連の手続について模擬裁判実習を行います。

法実務研修(エクスターンシップ)

 2年次の夏季集中授業として、弁護士事務所の現場で実務に触れる2週間の研修を実施します。現実の弁護士事務所で紛争当事者との面談や、裁判に立ち会うことを体験するなど、将来自分がなろうとしている職業の現場で実際に働いてみることは、その後の勉強における大きなインセンティブになるはずです。
 本学では、学生の皆さん全員を配属できるだけの協力事務所を十分に確保しており、また各人の希望に沿った専門事務所(企業法務専門、知財専門、労働専門等)も用意しており、ハイブリッド法曹の現実の姿を目の当たりにすることもできます。
 なお、有給休暇を2週間とることが困難な社会人の方のために、2週間の中から7日間を適宜選択できるコースも用意してあります。

PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから