桐蔭横浜大学法科大学院

桐蔭法科大学院Toin Law School

桐蔭法科大学院情報

カリキュラムの特色

1年を2期に分けた、セメスター制を導入

 桐蔭法科大学院では、各年次の前期・後期ごとに履修ができるようにセメスター制を導入しています。3年間で修了する場合、全部で6学期を使って必要な単位を修得していくことになります。例えば、1年間で36単位を修得する場合、通年制のカリキュラムでは、9科目(1科目4単位として)を併行して学習していかなければならず、非効率となり、学習効果が期待できません。しかしながら、セメスター制では、前期で5科目、後期で4科目というように効率的で無駄なく学習することが可能となります。

3ステップの段階的な教育プロセス

基礎を固める

 法律基本科目群から、講義課目11科目と、実務基礎科目群から1科目(法情報調査)を学びます。これらはすべて必修課目です。これらの科目を履修することによって、十分に法律学の基礎を固めること、基礎的な法律知識を確実に理解し、定着させることが、1年次における履修目標です。

基礎を固めながら応用する

 1年次の基礎を固めながら法律知識を応用できるよう、法律基本科目群の演習科目を中心に履修。さらに、実務基礎科目群から1科目(「要件事実と事実認定の基礎」)の必修科目があり、基礎法学・隣接科目群や展開・先端科目群の科目があります。確かな応用を可能にするための基盤を形成するべく、基礎法学・隣接科目群の科目も履修し、希望に応じて展開・先端科目群の科目も履修できます。

応用しつつ展開する

 法律基本科目群から演習科目4科目、実務基礎科目群から2科目(「法曹倫理」「刑事訴訟実務の基礎」)を必修科目として、履修しなければなりませんが、それ以外はすべて選択科目ないし選択必修科目となっています。これは、これまでに学修した法律学の基礎と応用を踏まえて、各自の興味や関心に応じて、自由度の高い学修を確保し、自在に展開することを期待しているからです。

PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから