桐蔭横浜大学法科大学院

桐蔭法科大学院Toin Law School

桐蔭法科大学院情報

保育室募集要項

桐蔭法科大学院保育室募集要項

1.名称

 桐蔭ロースクール・キッズサポートとする。

2.目的

 桐蔭横浜大学法科大学院保育室(以下「保育室」という。)は、桐蔭横浜大学法科大学院学生(以下「法科大学院学生」という。)の乳幼児を保育することで、子育てのために法曹への道を断念することのないよう、学習支援の一環として提供することを目的とする。
 ただし、この保育室は横浜総合病院の協力により、事業所内保育所「かんがるーるーむ」にて受入れるものとする。

3.保育対象及び定員

(1)保育対象は、原則として0歳から3歳未満の法科大学院学生の乳児とする。
(2)土日及び夜間保育については、3歳以上の未就学児も対象とする。
(3)事前に許可を受けた場合は、一日または半日等の臨時保育も認める。
(4)本学の法科大学院学生として在籍していること(休学中の学生は対象外とする)。
(5)収容定員は、最大10名までとする。

4.保育時間

 原則として昼間の保育のみを行う。
 時間帯8:00~17:00
 土日も同様の時間帯で保育を行う。
 夜間保育を希望する場合は、毎週火曜日、金曜日に限り可能となり、個別に対応する。
 夜間時間帯:15:30~23:30

5.入室手続

 保育室の利用を希望する者は、保育室で面談の受け、提出書類を受け取り、必要事項を記入の上、法科大学院事務部まで提出し、入室日までに許可を受けるものとする(入室時には、小児科における保育児の健康診断を必要とする)。
 臨時保育を希望する場合は、同様の手続きを行い、原則1週間前までに臨時保育の申込を行う。

6.保育料

 月極め:30,000円
 日極め:1日 1,200円 半日 1,000円(4時間以内)
 その他、教材費として年額3,000円を召集する。

7.食事

 食事はすべて給食として、原則として1日1回の給食を用意する。食事の時間は12:00とする。
 半日保育等で食事の必要としない場合には、その旨を申し出るものとする。

8.欠席・変更等

 欠席等により、保育時間に変更が生じる場合には、速やかに保育室に連絡をするものとする。特に食事の変更については、前々日10:00までに連絡するものとする。

9.慣らし保育

 入室日により1週間から10日間の慣らし保育を実施する。保育児の状況により多少延びることもある。
 なお、学期前の休業期間中に慣らし保育を行い、学期開始より通常保育を受けられるような配慮を行う(新入生の場合には、入学手続きが完了した者に限る)。

10.病児保育

 医師の診察を受けたうえで、保育に支障がないと判断された場合には保育を実施する。なお、他の保育児に感染するおそれのある病状の場合は保育できないこともある。

11.お問い合わせ先

〒225-8503 横浜市青葉区鉄町1614番地
桐蔭横浜大学 法科大学院事務課
 :045-974-5701
 :

PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから