ホール緞帳について

The Symphony Hall Main Drop Curtain

鵜川メモリアルホールは、平成26年11月1日から、桐蔭学園シンフォニーホールと改称いたしました。
桐蔭学園シンフォニーホール
未来を求めて阿夫利嶺をわたる雁
Wild geese soaring over Mount Afurine in search of the future…

阿夫利嶺を
雁わたる見ゆ
未来あり
もとめもとめて  あふれくる
もろもろの胸  いつしらず
おのづとむかふ  ところあり

(桐蔭学園歌 作詞:加藤楸邨)

See the wild geese soaring over Mount Afurine…
Strive, strive for the future.
Let our hearts overflow with dreams of things to come,
And the paths that lead us to our own special destinies,
Will appear naturally before us…-from the Toin Gakuen school song written by Shuson Kato

ホールの緞帳は、桐蔭学園歌にある「雁が未来をめざして飛翔する」イメージを描き出したものです。
デザインは、学校施設にふさわしいものを生徒自身の手で、という考えで、学内から公募した作品の中から選ばれました(高校女子部生徒4人=井上陽子、斉藤茜、篠原道子、鈴木裕子の合作)。

ホール緞帳 作者の言葉
女子部高校6期生(当時高校2年生) 井上陽子、斉藤茜、篠原道子、鈴木裕子

未来を求めて阿夫利嶺(あふりね)をわたる雁は、私たち自身の姿です。
何かを求めて飛び立つには、夜明けにかかるころがふさわしいと考え、山と空の全体の色調を決めました。
まだ太陽は山の向こうです。山は阿夫利嶺です。阿夫利嶺は、学園からもよく見える丹沢の大山のことです。
雁は、太陽が昇ってくるのを待つのではなく、無限の力を持った太陽を自ら求めて、より高く、さらに高くと飛び立ちます。
高みをめざして羽ばたきつづける雁に、理想を求める者の意志、力強さ、それに私たちの若さを託しました。
雁を白く描いたのは、白はどんな色にも染まる、つまり、求めるどのようなものも吸収することができる色、と考えたからです。
表現の方法としては、古典的な、和紙を使ったちぎり絵の手法をとりました。
校歌の詞の、俳句の味わいに合わせると同時に、長く受け継がれてきたものには、変わらぬ良さがあり、自分たちの作品もそうであってほしいと思ったからです。柔らかい感じを出すために、和紙はお風呂の水につけて、ぬらしてからちぎりました。色は、昔の色を調べて、できるだけその色に近くなるように工夫しました。
考え始めてから一週間、最後は徹夜になってしまいました。
じつは、私たちには、まだ未来の夢、希望、目的として、具体的にはっきりしたものがあるわけではありません。
何に向かっていま何をしたらいいのか、いつも迷っているのが実状です。
それだけに、応募したデザインに込めたような気持ちが強いことも事実です。

The main drop curtain in Memorial Hall was modeled after the ‘wild geese soaring in search of the future’ that appear in the school song.
The final design, which was selected through a school wide student competition,
was created by four 11th grade High School girls.
The four girls, Yoko Inoue, Akane Saito, Michiko Shinohara, Hiroko Suzuki, left the following words to commemorate their design:”‘The wild geese soaring over Mount Afurine seeking the future’ represent ourselves.
We thought that dawn was the appropriate setting for departing on such a journey,and chose colors for the mountains and sky that would impart an aura of daybreak.
The sun has yet to rise over Mount Afurine, but the geese do not wait for the sun to rise closer to them.
They seek out the boundless power of the sun themselves and fly higher and higher.
To those geese striving for such great heights, we entrust our idealism, our strength, and our youth.
The reason we chose white for the geese is because white can be dyed any color;
white can absorb any dream, any wish, any aspiration.
We decided to use traditional Japanese paper in making our final design.
Not only did we hope to match the style of our work to the classical haiku structure of the school song lyrics,
but we also wanted our design to exude that special unchanging quality that emanates from things with a long history behind them.
To give the piece a soft feeling to it, we wet the paper before cutting it.
We tried our best to use traditional color, and as the deadline approached, we found ourselves up all night working on the project!
In reality, we still have few concrete ideas about what we hope to accomplish in the future.
What should we strive for? Which direction should we go?
We find ourselves constantly confronted with such questions.
For that alone, we feel our design overflows with these feelings of uncertainty, expectation, and hope for the future.”