桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

メディア研究会 映像部門 – 団体紹介

桐蔭横浜大学で本格的な文化サークルメディア研究会立ち上げ

本校のスポーツサークルに比較して文化サークルの充実・強化を目指し、2017年前期に文化サークルメディア研究会の映像部門を立ち上げ、新入部員の加入を呼びかけました。全学部・学生への周知徹底が必ずしも十分とは言えない為、本格的な始動は新入生を迎える来年春と考えています。このサークルは、もちろん、他の活字メディアサークルなどとも連携を図りながら、学生主導の運営を目指します。学生への呼びかけを要約すると以下の通りです。


サークル設置の狙い

大学での学びは、もちろん「専門性を身につける」ことが極めて重要。不透明な現代社会で「人間力」を増すことも欠かせない。「人間力」とは①自分で考え②自分の意見を導きだし③堂々とそれを述べる力を言う。その能力を身につける一つの手段としてメディアを学ぶ。スマホやラインで得られる膨大な情報を取捨選択し、どれが正確で的確な情報かを判断する能力も大切。こうした能力を最終的に身に付けることを目標にする。


想定していることの一つ「VR桐蔭横浜大学放送局」(仮称)立ち上げ

サークルメンバーが実際に取材し映像撮影して編集などのホスプロを施し一定の映像作品を作成。運動部サークルの紹介・名物先生インタビュー・校内案内などテーマ設定。優秀作品はネット空間への発表機会も検討。 NHK放送センター・放送技術研究所で最新放送技術も学ぶことも計画。


サークル運営

学生の主体的運営が基本。指導者として当大学で「クリエイティブ産業論」担当の三浦元客員教授。


サークル構成メンバー

学部・学年問わず他のサークル所属者も歓迎。


情熱と意欲を持ってこのサークルが発展するよう努力を重ねます。皆様のご理解・ご協力・ご支援をよろしくお願い致します。


pagetop

インターネット出願 受験生応援サイト