「平成25年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」にて、本学学生が活動を行いました

このページは1年以上前(2013年12月28日)に掲載された内容です。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

「平成25年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」にて、本学学生がボランティア活動を行いました。

バレーボール部(女子)の学生5名が2日間参加し、試合中のコートのモップ掛け(モッパー)とボールの回収(ボール・レトリーバー)を行いました。

全日本の選手たちと同じコートに立ち、仕事をした学生たちは「あこがれの選手たちを間近で見られて嬉しかった」と笑顔で答えるとともに、この活動の経験を本学の学びに活かしていきたいと感想を述べました。

日時:12月11日(水)、12日(木)
場所:東京体育館
大会名:平成25年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会

バレーボール部女子オリジナルサイト

スポーツ健康政策学部