日比谷カレッジ講座「「戦後70年」の原風景を捉え直す―占領下の映像資料から」に法学部 出口雄一 教授が講演を行います

日比谷カレッジ講座「「戦後70年」の原風景を捉え直す―占領下の映像資料から」に法学部 出口雄一 教授が講演を行います。

日時:2015年08月20日(木) 19:00~20:30(当日の受付開始 18:30~)
場所:千代田区立日比谷図書文化館 地下1階 コンベンションホール(大ホール)

内容:「戦後」のあり方が大きく問われている今、日本国憲法を踏まえて、国会・内閣・裁判所等の「国のあり方」の骨組みがどのように作られたのか、改めて知っておくことはとても重要です。本講座では、占領下で撮影された貴重な映像資料を交え、現在の歴史研究のエッセンスをわかりやすくお伝えします。

「戦後70年」の原風景を捉え直す―占領下の映像資料から
(千代田区立日比谷図書文化館:http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2489)

出口 雄一 教授(法学部)(教員紹介)

法学部