桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

桐蔭横浜大学における研究活動上の不正行為の防止体制について

本学は、文部科学省通知「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成26年2月18日改正)及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日策定)の趣旨に基づき、本学の研究活動上の不正行為の防止体制について、以下のように改めた。


桐蔭横浜大学 研究活動上の不正行為の防止体制図(PDFファイル)
桐蔭横浜大学 研究活動上の不正行為の防止体制図(PDFファイル)


学内規則・規程等

桐蔭横浜大学における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程(PDFファイル)

桐蔭横浜大学 研究活動上の不正行為の防止等に係る通報に関する細則(PDFファイル)

桐蔭横浜大学 研究データの保存に関するガイドライン(PDFファイル)

お取引先各位(PDFファイル)


研究活動上の不正行為に関する通報窓口

学内外からの研究活動上の不正行為に関する通報を受け付ける窓口は、大学事務局内に設置されている通報窓口、コンプライアンス推進責任者及び倫理教育責任者とする。

TEL 045-972-5881(代表) FAX 045-972-5972
E-mail tu-gaku@toin.ac.jp


研究活動及び研究費等の運営・管理に関する相談窓口

本学における研究活動及び研究費等の運営・管理について相談を受け付ける窓口を総務部に置く。

TEL 045-972-5881 FAX 045-972-5972


【責任体制】

●最高管理責任者

本学における研究活動上の不正行為の防止及び研究費等の運営・管理に関し最終責任を負う最高管理責任者を置き、学長をもって充てる。


●統括管理責任者

最高管理責任者を補佐し、本学における研究活動上の不正行為の防止及び研究費等の運営・管理に関し本学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ統括管理責任者を置き、副学長をもって充てる。


●コンプライアンス推進責任者

本学の学部、研究科等および事務局における研究活動上の不正行為の防止及び研究費等の運営・管理について実質的な責任と権限を持つコンプライアンス推進責任者を置き、学部長、研究科長、大学事務局長をもって充てる。


●倫理教育責任者

本学の学部、研究科等における研究倫理に関する教育や啓発等、研究倫理の向上のための教育プログラムの実施について実質的な責任と権限を持つ倫理教育責任者を置き、学部長、研究科長をもって充てる。


●不正防止委員会

統括管理責任者の下に、全学的観点から不正防止計画を推進するため、不正防止委員会を置く。不正防止委員会は、統括管理責任者を委員長とし、大学事務局長、総務部長、研究推進部長、研究推進部次長及び統括管理責任者が指名する研究経験者若干名並びに統括管理責任者が必要と認める者をもって構成する。


●調査委員会

最高管理責任者が通報内容について調査実施を決定した場合、統括管理責任者は、通報者及び被通報者と直接の利害関係を有しない者、コンプライアンス推進責任者、倫理教育責任者、監事及び統括管理責任者が指名する者並びに公正かつ透明性の確保の観点から、本学に属さず、かつ、通報者及び被通報者と直接の利害関係を有しない第三者を構成員の半数以上指名した上で調査委員会を設置する。




adobe reader

上記PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社の「Adobe Reader」がインストールされていることが必要です。「Adobe Reader」は、右のボタンよりダウンロード(無償)できます。

pagetop

インターネット出願 受験生応援サイト