毎日新聞
全日本学生優勝大会 女子5人制 山梨学院大5連覇 2018年06月24日 (03:12:40)
毎日新聞
星槎道都大、桐蔭横浜大、慶大、国学大、鹿屋体大、山梨学院大、名城大、日大、帝京大、天理大、弘前大、日体大、岡山商科大、北陸大、同大、東北学院大、関東学園大、福井工大、国士舘大、福岡大、帝京科学大、順大、筑波大、専大、早大、上武大、中大、金沢学院大、法 ...
柔道、山梨学院大が5連覇達成 佐賀新聞
女子5人制は山梨学院大が5連覇 全日本学生優勝大会/柔道 サンケイスポーツ
柔道、山梨学院大が5連覇達成 全日本学生優勝大会 東京新聞
all 62 news articles »

週刊ベースボールONLINE
JR四国、19年ぶりの白星。V候補・Hondaに快勝!! 2018年07月21日 (10:59:00)
週刊ベースボールONLINE
元々、今年は打力を上げることを目標にバットをたくさん振ってきたのですが、都市対抗では齋藤(齋藤友貴哉、桐蔭横浜大)投手のストレートに振り負けないように、マシンのスピードを上げて練習に取り組んできました」。その思惑どおり、初回から二番の高木ちから(道都大)が齋藤 ...
第89回都市対抗野球 2018年07月11日 (21:46:45)
毎日新聞
監(73) 阿部次男 45 利根商高. 投(11) 黒川雄太朗 24 道都大 右左. (12) 宇都宮健太 24 関学大 右右. (13) 当間一生 28 日本文理大 右右. (14) 高橋史典 24 立正大 右右. (15) 吉沢悠 19 前橋育英高 右右. (16) 小野和博 27 桐蔭横浜大 右右. (17) 角田皆斗 25 ...

sportiva.shueisha
スカウトも注目の都市対抗が開幕。 プロ即戦力の逸材が東京ドームに集結 2018年07月12日 (09:46:23)
sportiva.shueisha
なかでも右腕・齋藤友貴哉(桐蔭横浜大)は、昨年デビューした都市対抗で152キロをたたき出し、今季は153キロも計時。南関東二次予選では、2試合9イニングを無失点で11三振も奪ったように、タテヨコ2種類のスライダーも効果的だ。 またHondaには、社会人屈指の捕手・ ...

毎日新聞
西日本豪雨被災地 片付け作業本格化 酷暑、2次被害警戒 ボランティア、無理は禁物 2018年07月15日 (02:34:27)
毎日新聞
熱中症に詳しい桐蔭横浜大の星秋夫教授(生気象学)は、予防策として塩分摂取の重要性を強調する。塩分を取ることを怠ると、体内の塩分濃度が下がる「低ナトリウム血症」となり、体がけいれんする症状を引き起こして死に至る危険性もあるため、水分補給だけでは熱中症防止 ...

SankeiBiz
第32回先端技術大賞授賞式 受賞励み 新たな飛躍へ意欲 (1/2ページ) 2018年07月12日 (05:32:37)
SankeiBiz
授賞式では、桐蔭横浜大医用工学部特任教授で東大先端科学技術研究センターの宮坂力フェローが記念講演を行った。 宮坂氏は「ペロブスカイト」という特殊な結晶構造の材料を使った、日本発の次世代型太陽電池を世界に先駆けて発掘した。とくに海外では、同技術をベースと ...

Jsports
【都市対抗】ドラフト候補や二世選手、元プロ野球選手が活躍 2018年07月11日 (18:20:35)
Jsports
小野和博は桐蔭横浜大時代に明治神宮大会で全国制覇を経験し、2014年の都市対抗でも久慈賞(敢闘賞)と若獅子賞(新人賞)を受賞した好投手。今季は右肘の手術から復活し、予選でも好投を見せている。 打線は新人の古川幸拓、樋口拓真が1・2番に座り存在感を見せる。

スポーツナビ
アミノ杯、三笘弾も筑波大が1回戦敗退の波乱!2回戦では早慶戦実現へ 2018年07月14日 (23:11:05)
スポーツナビ
アミノバイタル杯2018が14日に開幕し、1回戦が行われた。13日に2020年の川崎フロンターレ入団内定が発表されたMF三笘薫(3年=川崎F U-18)擁する筑波大は、東京都リーグを戦う明治学院大に1-2で敗れる波乱。後半から出場した三笘が後半34分に得点して同点に ...

中日新聞
涙流せるくらい やりきって きょう1回戦 スタート 2018年07月13日 (05:10:46)
中日新聞
土合さんは今、一年生四十五人が入部した大学野球の強豪桐蔭横浜大で日本一を目指している。その仲間とよく話すのが高校野球のことだという。「甲子園に出ても出てなくてもみんな高校野球を楽しそうに話すんです。甲子園に向かって仲間と取り組めたからだと思う」. 球児たち ...

カナロコ(神奈川新聞)
時代の正体〈617〉選手の未来考え指導を スポーツハラスメント 2018年07月12日 (11:06:28)
カナロコ(神奈川新聞)
【時代の正体取材班=田崎基】命令と服従、特異な権力構造から決別できないスポーツ界。問題は深刻だ。5月に起きた日本大アメリカンフットボール部による悪質タックル問題はその根深さを物語る。スポーツ教育学に詳しい早稲田大の友添秀則教授は言う。「スポーツ界の体罰、 ...

カナロコ(神奈川新聞)
育て、世界のハンドボーラー 欧州GKらが技術を伝達 2018年07月11日 (02:06:16)
カナロコ(神奈川新聞)
トップ選手から学び、世界で通用する選手を育成しようというハンドボールの「第3回アスリート育成指導者講習会」が10日、横浜市青葉区の桐蔭横浜大体育館で開催された。県ハンドボール協会の主催。 今回はゴールキーパーの技術や戦術を学ぼうと、ノルウェー代表で活躍した ...
関東大学リーグ 1日 2018年07月02日 (03:12:14)
毎日新聞
関東大学リーグ 1日. 毎日新聞 2018年7月2日 東京朝刊. 国内サッカー · スポーツ · 紙面掲載記事. [PR]. サッカー関東大学リーグ(1日、東京・味の素フィールド西が丘ほか). 専大(勝ち点19)1-0桐蔭横浜大(13)、順大(16)2-0筑波大(15)、早大(28)2-1東洋大(12) ...

中日スポーツ
[大学サッカー]相馬弾で早大5連勝 2018年07月02日 (09:07:29)
中日スポーツ
第92回関東大学サッカーリーグ戦(東京中日スポーツ後援)は1日、各地で第11節最終日の1部3試合、2部3試合を行い、全チームが前半戦最後の試合を終えた。1部では、すでに首位での折り返しを決めていた早大がMF相馬勇紀(4年・三菱養和SCユース)のゴールなど ...

千葉日報
志願の先発 悔いはなし 第94回(12年)、第95回(13年)選手権出場 木更津総合 千葉貴央(桐蔭横浜大) 【千葉高校野球ドキュメント100】(25) 2018年07月02日 (05:11:32)
千葉日報
桐蔭横浜大で主将となった千葉貴央。「木更津総合の後輩は僕のときと同じ3連覇が懸かっていますね。重圧の中で負けない野球ができるのが木総の強さ。僕の分も夢を成し遂げてほしい」=横浜市. 第95回選手権千葉大会の決勝で完投し2連覇を決め、喜ぶ木更津総合の千葉 ...

スポーツナビ
都市対抗に出場するプロ注目選手たち 2018年07月12日 (13:19:14)
スポーツナビ
今月13日に開幕する社会人野球の頂点を決める都市対抗。今年も多くのドラフト候補が出場するが、注目度ナンバーワンと言えるのが齋藤友貴哉(ホンダ)だ。桐蔭横浜大時代はスピードはあっても単調なピッチングが目立ったが、社会人の1年間で一気に安定感がアップした ...

毎日新聞
NTT東、連覇へ一丸 13日開幕試合 東邦ガスと対戦 2018年07月10日 (02:32:06)
毎日新聞
(10)◎喜納淳弥 25 桐蔭横浜大 174 80 右左. (23) 池沢佑介 25 東農大オホーツク 171 73 右右. (28) 二十八貴大 26 中大 175 86 左左. 外野手 (4) 黒川将貴 26 東洋大 181 78 右左. (5) 目黒聡 32 上武大 165 64 右左. (8) 伊藤亮太 28 上武大 187 85 右左.

日本経済新聞
どこまで骨太方針(4)外国人受け入れ 単純労働、永住に布石 2018年06月25日 (15:00:17)
日本経済新聞
新しい在留資格ができたら、再び日本で働くことも検討したい」。桐蔭横浜大に留学したタイ人のピンピタック・ピラタットさんは、政府が経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に盛った外国人労働者の受け入れ拡大に期待を寄せる。 骨太には明記していないが、政府は人手不足の ...

スポーツ報知
甲斐野156キロ/大学日本代表選考合宿紅白戦詳細 2018年06月22日 (17:51:47)
日刊スポーツ
渡部 健人(桐蔭横浜大=2年). 中山 翔太(法大=4年). 中川 圭太(東洋大=4年). 伊藤裕季也(立正大=4年). 勝俣 翔貴(国際武道大=3年). 森下 智之(明大=4年). 佐藤 輝明(近大=2年). 岩城 駿也(九産大=4年). 渡辺 佳明(明大=4年). 上川畑大悟(日大=4年).
東洋大・甲斐野「半端ない」156キロで無失点…日米野球選考合宿・紅白戦 スポーツ報知
all 57 news articles »

山梨学院 ニュースファイル
平成30年度全日本学生柔道優勝大会 ~山学大女子が5連覇の偉業を達成。通算9度目~ ~先鋒・大和久が4戦連続の1本勝ちでチームに勢い~ 2018年06月26日 (17:15:00)
山梨学院 ニュースファイル
準決勝は、最近頭角を現し、初戦で優勝候補の一角の環太平洋大を破った桐蔭横浜大との対戦。1勝1敗で迎えた最後の大将戦。泉真生(4年)が主将の役目を果たし、1本勝ちで9年連続の決勝に進んだ。決勝戦は、昨年3位の龍谷大との対戦。今大会絶好調の先鋒・大和久 ...
"桐蔭横浜大" - Google News