桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

田中 暢子 TANAKA, Nobuko – 教員紹介

スポーツ健康政策学部スポーツ健康政策学部 スポーツ健康政策学科

氏名 田中 暢子(たなか のぶこ) 田中 暢子
Name TANAKA, Nobuko
所属・職名 スポーツ健康政策学部 スポーツ健康政策学科 教授
スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻 教授
連絡先 TEL&FAX:045(974)5072
E-mail:nobuko.t@toin.ac.jp
学位 博士(スポーツ政策学・スポーツマネジメント学)、スポーツ科学修士
最終学歴 Loughborough University, Institute of Sport and Leisure Policy(ラフバラ大学大学院スポーツ・レジャー政策研究科修了)
学位論文 「The Impact of Government Sports Policy on Athletes with Intellectual Disability: A Case study of the Policy of Mainstreaming in the National Governing Body for Football and Table Tennis in England」(修士論文)
「An analysis of the policy- making process for disability sport in Japan and the UK/ England: The cases of wheelchair basketball, CP sport and intellectual disability sport」(博士論文)
専門分野および研究分野 スポーツ政策学、健康政策学、スポーツ社会学、障害学
Specialized Field Sport Policy Science, Health Policy Science, Sport Sociology, Disability Studies
研究内容
  • スポーツ・フォー・オール政策
  • エリートスポーツ政策
  • 障害者スポーツ/インクルーシブスポーツ
  • 健康格差
  • スポーツ精神医学
  • 国際比較研究
Fields of Research
  • Sport for All Policy
  • Elite Sport Policy
  • Disability Sport / Inclusive Sport
  • Health Inequality
  • Mental Health and Sport
  • International Comparative Study
前職
留学

修士課程:ラフバラ大学(英国)スポーツ科学部(2003年9月~2004年12月)
博士課程:ラフバラ大学(英国)スポーツ・レジャー政策学部(2006年4月~2013年7月)

-国際研修生-
Australian Paralympic Committe(1998-1999)
AUSRAPID(Australian Sport and Recreation Association for People with an Integration Difficulty)(1998-1999)
the South Australian Sport and Recreation Association for People with Integration Difficulties Incorporated (SASRAPID)(1998-1999)

学会 日本体育学会(アダプテットスポーツ科学専門部会評議員、体育社会学専門領域評議員)、スポーツ精神医学会(評議員)、スポーツ社会学会、日本体育・スポーツ政策学会(理事)、日本社会福祉学会、障害学会、日本オリンピックアカデミー ほか
社会的活動
  • スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課(前:文部科学省競技スポーツ課)技術審査委員会委員(2013.6~2018.3)
  • スポーツ庁健康スポーツ課技術審査委員会委員(2018.3~)
  • 文部科学省トップアスリートにおける強化・研究拠点の在り方についての調査研究に関する有識者会議委員(2014.6~2015.3)
  • 文部科学省「障害者スポーツにおける安全確保に関する調査研究」事業協力者会議座長(2014.8~2015.3)
  • 文部科学省「地域における障害者スポーツ普及促進に関する有識者会議」有識者委員(2015.6~2016.3)
  • スポーツ庁委託調査(筑波大学)「障害のある児童生徒の体育活動における指導の在り方調査研究」委員(2015.10~2016.3)
  • 独立行政法人日本スポーツ振興センターハイパフォーマンス統括人材の育成支援事業推進委員会委員(2018.4~)
  • 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会理事(2018.12~)
  • 一般社団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会参与(2014.6~)
  • 一般社団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 街づくり検討委員会委員(2015.4~)
  • 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会アドバイザー(2011.3~)
  • 東京都教育委員会「東京のオリンピック・パラリンピック教育を考える有識者会議」委員(2014.10~2015.3)
  • 東京都オリンピック・パラリンピック準備局「新規恒久施設等の後利用に関するアドバイザリー会議」委員(2015.4~2017.3)
  • International Journal of Sport and Health Science 編集委員(2015.4~2019.3)
  • 日本スポーツ精神医学会役員理事(2012.4~2016.9)
  • 日本スポーツ精神医学会評議員(2016.9~)
  • 日本体育スポーツ政策学会理事(2015.4~)
  • 日本体育学会体育社会学専門部会評議員(2016.9~2019.3)
  • 日本体育学会アダプテッドスポーツ科学専門部会評議員(2017.3~)
  • 特定非営利法人日本オリンピック・アカデミー理事(2019.6~)
  • NPO法人日本ソーシャルフットボール協会理事/国際委員会委員長(2013.6~2016.6)
  • NPO法人日本ソーシャルフットボール協会参与(2016.6~)
  • 公益財団法人日本サッカー協会障がい者サッカー統括競技団体設立部会委員(2015.3~2016.3)
  • 一般社団法人日本障がい者サッカー連盟理事(2016.4~)
  • 一般社団法人日本車椅子バスケットボール連盟理事(2016.3~)
  • 特定非営利法人日本障害者スキー連盟理事(2014.10~2016.9)
  • 神奈川県スポーツ推進審議会委員(2014.4~2018.10)
  • 神奈川県エアロビック連盟諮問委員会委員長(2011.5~)
表彰・受賞
  • 警察庁長官賞 (神奈川県エアロビック連盟・神奈川県警共同開発高齢者交通安全予防プログラム「トラビック」 監修)(2010年10月)
  • ラフバラ大学大学院国際奨学生受賞(2003.9)
その他
  • 英国ウースター大学スポーツ・エクササイズ研究科(University of Worcester, Institute of Sport and Exercise)名誉教授(2019.7~)
  • 英国ウースター大学スポーツ・エクササイズ研究科(University of Worcester, Institute of Sport and Exercise)名誉准教授(2016.9~2019.6)
  • 中央大学保健体育研究所客員研究員
  • 中央大学文学部兼任講師
  • 筑波大学大学院(Master’s Program:International Academy for Sport Studies.TIAS)非常勤講師

pagetop

インターネット出願 受験生応援サイト