アクティブラーニング公開研究会

桐蔭学園 アクティブラーニング 公開研究会 2016

桐蔭学園 アクティブラーニング 公開研究会 2016

 桐蔭学園では、2015年度より京都大学の溝上慎一教授を教育顧問に迎え、アクティブラーニング型授業を本格的に推進しています。本校の授業研究の成果を発表し、その教育活動を広く知っていただくという意味もこめて、今年も公開研究会を開催いたします。今年は、「公開授業」「シンポジウム」を2日間に分けて開催いたします。お蔭さまで盛況裡に終了いたしました 

⇒当日配布された冊子はこちらからダウンロードしていただけます。(ファイルサイズ44MB)
              (Googleドライブ上に置かれているファイルが開きます)

開催要領

ss150911

日時 2016年11月12日(土)12:00~(受付開始 11:00)
2016年11月13日(日)  9:00~(受付開始   8:00)
会場 桐蔭学園中学校・高等学校/中等教育学校(横浜市青葉区)
[交通のご案内はこちらから]
参加費 無料 ※ランチセッション(完全予約制)に参加される方は1,000円
申込 2016年9月1日(木)9:00より桐蔭学園公式ウェブサイト(http://toin.ac.jp/)にて。(11月5日(土)12:00に受付終了)
フォームボタン
インターネットの受付は終了いたしました。

プログラム

プログラム

11月12日(土)《1日目》
於本校進学棟各教室(定員は各講座40名 予約制)
1.公開授業1時間目 12:00~12:50
 質疑応答 12:50~13:10
2.公開授業2時間目 13:20~14:10
 質疑応答 14:10~14:30

※授業教室では、電波干渉による授業機器のトラブル回避のために、スマートフォン・タブレット等携帯端末をWi-FiおよびBluetoothがオフ(「機内モード」「オフラインモード」等)の電波を発しない設定に切り替えてからご見学ください。他の公開行事等でも、教室内のプロジェクタに授業用映像が投影できなくなる現象が発生しています。ご不便をおかけいたしますが、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
※写真及び動画の撮影に関しても、研修を目的としたものに限らせて頂きます。なお、その場合でも生徒のプライバシーおよび授業の妨げにならぬよう配慮して頂き、その情報が外部に出ることのないようご留意ください。(三脚の使用はご遠慮ください)

〈桐蔭学園シンフォニーホールへ移動〉
3.生徒によるステージ発表 -鎌倉探索- 14:45~15:00
4.公開授業講評 15:00~16:30
司会:関谷吉史(桐蔭学園一貫教育推進部次長)
①森 朋子(関西大学教授)
②川添 充(大阪府立大学教授)
③吉野朋美(中央大学教授)
11月13日(日)《2日目》
於桐蔭学園シンフォニーホール(予約制・定員なし)
総合司会:川妻篤史(桐蔭学園教務部次長)
1.主催者挨拶 9:00~9:05
平岩敬一(桐蔭学園理事長)
2.基調講演 9:05~10:05
「アクティブラーニング型授業としての反転授業ー『わかったつもり』から『わかった』へ」
森 朋子(関西大学教授)
3.実践報告 10:15~11:35
・「総合学習『サイエンス』アクティブマインドの下支え~生徒と教師の共同作業~」
山田英雄(かえつ有明中学校高等学校教諭)
・「化学実験における器具の協同学習」
三好達夫(大阪府立四條畷高等学校教諭)
・「中学校社会科における反転授業の実際」
郡司直孝(北海道教育大学附属函館中学校教諭)
・「福岡から全国へ~アクティブ・ラーニングの歩み~」
瓜生純子(福岡県教育センター指導主事)
4.総括講演 11:35~12:35
溝上慎一(桐蔭学園教育顧問/京都大学高等教育研究開発推進センター教授)
5.閉会の挨拶 12:35~12:40
岡田直哉(桐蔭学園一貫教育推進部長)
≪ランチセッション≫ 13:00~14:30(任意参加・お弁当代 1,000円)
於本校進学棟各教室(定員は各教室20名 予約制)
・中学1年&中等1年 探究の発表
・「原点に戻って、アクティブラーニングって何?」

当日の授業時間割

当日の授業時間割

時間 部署 学年 教科
(科目)
タイトル
1時間目 12:00~13:10(質疑応答20分を含む)
中等 中2(中等2) 英語 協働作業を通じ、文構造への注意を高める
女子 高2 英語 大学入試問題を使った「仮定法」のまとめ ~グループワークで概念の理解と定着を図る~
中等 中1(中等1) 数学 連立方程式の応用 ~グループワークでの問題演習~
女子 高1 数学 指数・対数関数でモデル化された現象の問題解決学習
男子 中2 国語 14歳のセルフポートレート ―協働×ディベート
男子 高1 国語(古典) 伊勢物語 ~古典における恋の場~
男子 中1 理科(生物) ヒトの肺のつくりと呼吸運動
中等 高1(中等4) 物理 音の干渉実験
女子 中2 社会(地理) EUの学習を通じて、東アジア諸国の組織づくりを考える
中等 高2(中等5) 公民(政経) “株価の意味”を考える
2時間目 13:20~14:30(質疑応答20分を含む)
男子 中1 英語 あなたを紹介させてください。
中等 高1(中等4) 英語 ロボット社会が行きつく先は
男子 中2 数学 「円」を題材とした協働学習
男子 高2 数学 反転授業への試み 数Ⅲ微分法
中等 中1(中等1) 国語 メディアの表現を分析し、考察する
中等 高2(中等5) 国語(現代文) 主体的な読みとその共有 ~丸山真男「『である』ことと『する』こと」を通じて
中等 中1(中等1) 理科(化学) 教科書と日常
男子 高1 理科(物理) 滑車による物体の運動
中等 中1(中等1) 社会(地理) 中部地方の産業 ~自動車のまち・豊田~
女子 高2 地歴(世界史) 近世ヨーロッパ社会史~「ハーメルンの笛吹き男」を通して考える~

*記録などのため、映像や写真を撮影いたします。学園広報に活用させていただく場合がありますので、予めご理解の上、ご来校ください。

▼過去のイベント

桐蔭学園 アクティブラーニング 公開研究会 2015

桐蔭学園 アクティブラーニング 公開研究会 2015

開催要領(お蔭さまで盛況裡に終了いたしました)

ss150911

日時 2015年12月12日(土)9:30~(受付開始9:00)
会場 桐蔭学園中学校・高等学校/中等教育学校(横浜市青葉区)
[交通のご案内はこちらから]
参加費 無料
定員 200名(午前の部)
◆午後の部だけの参加はこの限りではありません
申込 2015年10月1日(木)9:00より桐蔭学園公式ウェブサイトにて。

プログラム

プログラム

≪午前の部≫於各教室(予約制)
1.公開授業(定員は各講座30名)

時間 部署 学年 教科
(科目)
担当 タイトル
1時間目
( 9:30~10:20)
男子 中1 国語 松永和也 わかりあえないことから
~クラス新聞の読み比べ~
中等 中1
(中等1)
理科
(化学)
宮原雄一 熱効率についての考察
~グループワークを通して~
男子 高1 英語 村上右一 教科書を用いたリーディング
~グループワークで内容理解と定着を図る~
男子 高1 国語
(古典)
関谷吉史 和歌の学習
~修辞技巧の理解と使用を通して~
女子 高1 数学 橋谷七重 データの分析
~4人グループで集団の特徴を議論し、発表準備、さらに発表を行います~
中等 高1
(中等4)
英語・国語・世界史 青木美有紀・橋本雄介・鷺坂オオ 世界に発信する中国古典文明
~英語科・国語科・地歴科の合科授業試案~
2時間目
(11:05~11:55)
中等 中1
(中等1)
数学 森 祥平 問題作成を通じて、方程式の有用性を考える
男子 中1 英語 山崎正幸 The Handicapped and Universal Design
~CAN’T can be CAN~
女子 中1 社会
(歴史)
瀧澤 史 グループワークで学ぶ「元寇」
女子 高1 国語
(現代文)
富田廣子 論説文「自然と人間の関係をとおして考える」を読む
~グループワークを用いて~
中等 高1
(中等4)
数学 賀永麻美 ベクトル
~まなボードを用いたグループワーク~
中等 高1
(中等4)
理科
(化学)
池田信之 机上で「体験」できる化学教室
~スモールスケール実験でリアルに学ぶ~
男子 高1 社会
(地理)
長谷川正利 アメリカ合衆国の社会を共同で探究する

※授業教室で使用する機器への影響が懸念されますので、スマホ等携帯端末のWi-FiおよびBluetoothの設定をオフにしてご参観ください。電波干渉によるトラブ ル回避にご協力をお願いします。

2.生徒・教員のフリーディスカッション 11:40~12:30
昼食(学園内食堂) 12:30~13:30
≪午後の部≫於桐蔭学園シンフォニーホール(予約制・定員なし)
総合司会:成田秀夫(河合塾開発研究職)
3.主催者挨拶 13:30~13:40
4.基調講演
・「高校と大学をつなぐディープ・アクティブラーニングとその評価」
松下佳代(京都大学高等教育研究開発推進センター教授)
13:40~14:40
5.全国の先進事例紹介
・「『ブックトーク』による学び」
米津 彩(共立女子中学校・高等学校教諭)
・「グローバル時代の学びの技」
登本洋子(玉川学園高等部情報科主任 SGH担当)
・「ドリカムプランから新たな展開へ」
下田浩一(福岡県立城南高等学校教諭)
・「数学における協同学習」
石山信幸(久留米市立南筑高等学校教諭)
14:40~16:15
6.参加者インタラクション 16:15~16:45
7.総括講演
・「力強い若者を大学・社会に送り出すために-桐蔭学園のアクティブラーニング推進から-」
溝上慎一(京都大学高等教育研究開発推進センター教授/桐蔭学園教育顧問)
 16:45~17:45
 8.閉会の挨拶  17:45~17:55
≪懇親会≫
(任意参加) 参加費 2,000円