桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

法学研究科紹介

研究科長からのメッセージ

大学院法学研究科は、法律学専攻のみを設置し、すべての法分野について、広く国際的な視野に立った教育と研究を行うことを目的としています。したがって、学生は細分化された専攻の枠にとらわれることなく、自主的に任意の授業科目を選択することができます。さらに、法律学専攻の中に、相互の関連性の高い授業科目を考慮し、公法学研究分野、刑事法学研究分野、民事法学研究分野、基礎法・比較法学研究分野の4つの研究分野を設置。それぞれの研究分野ごとに、内外の研究機関との連携を強化して、教育と研究の進展をはかっています。

博士後期課程は、既設の大学院法学研究科修士課程における法学研究教育を基礎とし、かつ、それに接続して、日本の将来の法律学および法実務のより高度な発展を支えることができる研究者および高度の専門的職業人を養成します。特に、比較法的方法を体得し、外国法や国際関係法に精通し、高度の専門的法実務に従事する資質を備えた人材を養成します。

研究科長  勝亦 啓文


教育研究上の目的

法学研究科 修士課程

法学研究科修士課程は、法に通暁した高度専門職業人を養成するとともに、高度に国際化した法の現状に対応しうる能力を養成し、加えて一層高度な研究に耐えうる能力及び知見を養成するものとする。

法学研究科 博士後期課程

法学研究科博士後期課程は、法律学に関する専門的な研究職及び高度な法律専門職等を志望する者を養成するものとする。


3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

・法や政治について関心を持ち、その関心にかかわる高度な専門知識の修得を望む人。

・法や政治について自らが持つ関心について、学術的または社会的意義のある学位論文を完成させたい意欲のある人。

・法や政治について修得した高度な専門知識を社会に還元する意欲のある人。


カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

次のいずれかのコース目標に即した深い知見と新しい視点を獲得したうえで、学位論文として体系的かつ説得的に検討し叙述することができるためのカリキュラムを設定し、その研究を指導します。

・学術コース

法学や政治学の研究者として要求される基礎能力と新たな学術研究をおこなって公表できる能力を身につける。

・比較法コース

法や政治の分野において、国際的な相互理解と国際交流を推進するための活動を自ら担うことができる能力を身につける。

・専修コース

法や政治の分野における職業上の活動において、高度な職業的専門知識を活用してその職業上の活動を実行できる能力を身につける。


ディプロマポリシー(学位授与の方針)

修士課程

法学研究科では、深い法学的専門知識を身に付け、専門性を生かした社会貢献を行うことのできる人材の育成を目指します。具体的には、所定の単位を取得した上で学位論文を作成し、以下の知識・能力等を身につけた学生に「修士(法学)」の学位を授与します。

1.[知識・技能]

・法学を中心とする社会科学に関する文献・史資料の意義を理解し、国内外の先人の業績の意義を理解している。

・法や政治について、幅広い知見、問題意識を備えている。

2.[思考力・判断力・表現力等の能力]

・他者に対する傾聴能力を有し、自身の考えを論理的に表現することができる。

・体系的かつ説得的な学位論文の叙述ができる。

3.[学びに向かう力・人間性等]

・修士課程での学びを背景として、自己と社会との能動的係わりを意識している。


博士後期課程

法学研究科では、深い法学的専門知識を身に付け、専門性を生かした社会貢献を行うことのできる人材の育成を目指します。具体的には、所定の単位を取得した上で学位論文を作成し、以下の知識・能力等を身につけた学生に「博士(法学)」の学位を授与します。

1.[知識・技能]

・法学を中心とする社会科学に関する文献・史資料の意義を理解し、国内外の先人の業績の意義を理解している。

・法や政治について、幅広い知見、問題意識を備えている。

2.[思考力・判断力・表現力等の能力]

・他者に対する傾聴能力を有し、自身の考えを論理的に表現することができる。

・体系的かつ説得的な学位論文の叙述ができる。

3.[学びに向かう力・人間性等]

・博士課程での学びを背景として、自己と社会との能動的係わりを意識している。


桐蔭横浜大学 3つのポリシー


pagetop

新型コロナウイルスに関する本学の対応について オンライン授業実践 奨学生制度・奨学金制度