メッセージ

桐蔭学園 中等教育学校 校長 野坂 康夫

桐蔭学園 中等教育学校 校長 野坂 康夫

9514eeb31a8e90baf45fed882a9b901f_f2

 21世紀は国際化の時代と言われて久しいものがあります。今やいささか言い古された表現という気すらしますが、このような中、真の国際化とは何か、本当の国際貢献とは何かについて理解し、行動することのできる人材が求められています。人類の未来のために何ができるのかという視点で考え、行動することが強く求められているのです。

そのためには、自ら考え、問題を突き詰め、解決していく誠実な意志が必要です。本校の校訓である「すべてのことに『まこと』をつくそう」「最後までやり抜く『強い意志』を養おう」は、まさに21世紀の世界に貢献できる若者を育成することに直結するものであると信じております。

本校は、2014年に創立50周年を迎えました。この間、「育て、伸ばし、鍛える」ことで世界に貢献できる人材を育成してきました。学園を巣立っていった卒業生は5万人弱を数え、各界の第一線で活躍しています。50周年の節目を迎えるにあたり、われわれは「次の桐蔭50年」に向けて動き出しました。各界で活躍している卒業生とともに、次世代を担う若者の育成を期し、思いを新たにしております。

どうか「次の桐蔭50年」にご期待ください。

桐蔭学園中等教育学校 部長 松行 俊和

桐蔭学園中等教育学校 部長 松行 俊和

中等教育学校が目指す目標は、新時代に世界で活躍できるリーダーシップをとれる力と、強くたくましい精神力を持った人物を育成することです。6年間の学校生活で身につけるべきものは学力だけではありません。難関国公立大学の受験に照準を合わせた進度で行われる授業や講習、そしてさまざまな行事やクラブ・委員会活動では、問題発見・解決型の学習が行われています。たとえば、沖縄の自然環境保護問題について取り組み、実際に現地で支援活動を行うことで、具体的な問題解決のプロセスを辿ります。また、1年生と4年生が合同で宿泊行事を行うことで、リーダーシップとフォロワーシップを体得します。その他さまざまな活動を通じて、思考力・判断力・発想力・表現力を習得していきます。常に積極的に学ぶ姿勢を持ちながら、多くのことを吸収し、成長していってほしいと願っています。

皆さんが未来に向けての力強い第一歩を、この桐蔭学園で踏み出すことを楽しみにしています。