メッセージ

桐蔭学園中等教育学校 校長 岡田 直哉

桐蔭学園中等教育学校 校長 岡田 直哉

9514eeb31a8e90baf45fed882a9b901f_f2
bunner

「知は感動なり」~夢を語れる情熱を

なぜ学ぶのか──こう問われたら、どのように答えますか。

皆さんと同じ時分、私もずいぶん悩みました。当時は答えが見つかりませんでしたが。
しかし、教師として多くの卒業生を送り出してきた今、私なりに見えてきたことがあります。

「知は力なり」──16世紀のイギリスの哲学者であるフランシス・ベーコンの有名な言葉です。私はこれを「多くのことを知り、それをもとに考え、世界や自然と関わることによって人間は豊かになれる」と解釈しています。
今まで知らなかったことを知ったり、今まで理解できなかったことが理解できるようになったりすると、「ああ、そうだったのか!」という感動が湧いてきます。これが学びの意義なのではないでしょうか。私たちは、感動を得るために日々学んでいるといえるのかもしれません。先ほどのベーコンの表現を借りれば、「知は感動なり」ということになるでしょうか。

夢は、決してはじめからあるわけではありません。感動を積み重ねていくことで、やがてそれが夢へと成長するものなのです。
そして夢は、語ることで一歩ずつ近づいていけるものだと信じています。──夢を語れる情熱を。

皆さんがこの桐蔭学園で「なぜ学ぶのか」について考え、皆さんなりの答えが見つけ出せる日を楽しみにしています。

メッセージ(公式YouTube)

メッセージ(公式YouTube)

YouTube Preview Image

桐蔭学園中等教育学校 部長 松行 俊和

桐蔭学園中等教育学校 部長 松行 俊和

中等教育学校が目指す目標は、新時代に世界で活躍できるリーダーシップをとれる力と、強くたくましい精神力を持った人物を育成することです。6年間の学校生活で身につけるべきものは学力だけではありません。難関国公立大学の受験に照準を合わせた進度で行われる授業や講習、そしてさまざまな行事やクラブ・委員会活動では、問題発見・解決型の学習が行われています。たとえば、沖縄の自然環境保護問題について取り組み、実際に現地で支援活動を行うことで、具体的な問題解決のプロセスを辿ります。また、1年生と4年生が合同で宿泊行事を行うことで、リーダーシップとフォロワーシップを体得します。その他さまざまな活動を通じて、思考力・判断力・発想力・表現力を習得していきます。常に積極的に学ぶ姿勢を持ちながら、多くのことを吸収し、成長していってほしいと願っています。

皆さんが未来に向けての力強い第一歩を、この桐蔭学園で踏み出すことを楽しみにしています。