教育ビジョン


 桐蔭学園中等教育学校には建学の精神、校訓、そして創立50周年2014年に策定した教育ビジョンがあります。

建学の精神

1.社会連帯を基調とした、義務を実行する自由人たれ。
2.学問に徹し、求学の精神の持ち主たれ。
3.道義の精神を高揚し、誇り高き人格者たれ。
4.国を愛し、民族を愛する国民たれ。
5.自然を愛し、平和を愛する国際人たれ。

校訓

1.すべてのことに「まこと」をつくそう。
2.最後までやり抜く「強い意志」を養おう。

vision1

教育ビジョン

自ら考え判断し行動できる子どもたち

 桐蔭学園は2014年に創立50周年を迎えました。桐蔭学園が「次の50年」を見据えて策定した教育ビジョンが「自ら考え判断し行動できる子どもたち」です。

 これは、一人ひとりが多様な変化の激しい社会にしっかりと適応し、地に足をつけ、自らの人生を切り拓いていけるための自立的学習能力を育てることです。

 これはそのまま、知識偏重から考える力を重視するあり方へと変わっていく今後の大学入試にも直結するものです。さらには、大学・大学院等の高等教育を終えた段階で社会に出るための力、さらにその10年後、社会の中心で活躍するための力を育てることにつながります。

 50年経った今も、生徒のほとんどは「磨かれざる原石」として桐蔭学園の門をくぐってきます。その潜在する能力を引き出す責務がわれわれにはあります。わが国の未来が、平和で経済的に安定した明るいものになるか否かは、次の時代を担う若者が、今、いかなる教育をうけるかにかかっているのです。


 桐蔭学園中等教育学校には建学の精神、校訓、そして創立50周年2014年に策定した教育ビジョンがあります。

建学の精神

1.社会連帯を基調とした、義務を実行する自由人たれ。
2.学問に徹し、求学の精神の持ち主たれ。
3.道義の精神を高揚し、誇り高き人格者たれ。
4.国を愛し、民族を愛する国民たれ。
5.自然を愛し、平和を愛する国際人たれ。

校訓

1.すべてのことに「まこと」をつくそう。
2.最後までやり抜く「強い意志」を養おう。

教育ビジョン

自ら考え判断し行動できる子どもたち

 桐蔭学園は2014年に創立50周年を迎えました。桐蔭学園が「次の50年」を見据えて策定した教育ビジョンが「自ら考え判断し行動できる子どもたち」です。

 これは、一人ひとりが多様な変化の激しい社会にしっかりと適応し、地に足をつけ、自らの人生を切り拓いていけるための自立的学習能力を育てることです。

 これはそのまま、知識偏重から考える力を重視するあり方へと変わっていく今後の大学入試にも直結するものです。さらには、大学・大学院等の高等教育を終えた段階で社会に出るための力、さらにその10年後、社会の中心で活躍するための力を育てることにつながります。

 50年経った今も、生徒のほとんどは「磨かれざる原石」として桐蔭学園の門をくぐってきます。その潜在する能力を引き出す責務がわれわれにはあります。わが国の未来が、平和で経済的に安定した明るいものになるか否かは、次の時代を担う若者が、今、いかなる教育をうけるかにかかっているのです。