メッセージ

桐蔭学園中学校 校長 岡田 直哉

桐蔭学園中学校 校長 岡田 直哉

9514eeb31a8e90baf45fed882a9b901f_f2
bunner

「知は感動なり」~夢を語れる情熱を

なぜ学ぶのか──こう問われたら、どのように答えますか。

皆さんと同じ時分、私もずいぶん悩みました。当時は答えが見つかりませんでしたが。
しかし、教師として多くの卒業生を送り出してきた今、私なりに見えてきたことがあります。

「知は力なり」──16世紀のイギリスの哲学者であるフランシス・ベーコンの有名な言葉です。私はこれを「多くのことを知り、それをもとに考え、世界や自然と関わることによって人間は豊かになれる」と解釈しています。
今まで知らなかったことを知ったり、今まで理解できなかったことが理解できるようになったりすると、「ああ、そうだったのか!」という感動が湧いてきます。これが学びの意義なのではないでしょうか。私たちは、感動を得るために日々学んでいるといえるのかもしれません。先ほどのベーコンの表現を借りれば、「知は感動なり」ということになるでしょうか。

夢は、決してはじめからあるわけではありません。感動を積み重ねていくことで、やがてそれが夢へと成長するものなのです。
そして夢は、語ることで一歩ずつ近づいていけるものだと信じています。──夢を語れる情熱を。

皆さんがこの桐蔭学園で「なぜ学ぶのか」について考え、皆さんなりの答えが見つけ出せる日を楽しみにしています。

メッセージ映像(公式YouTube)

メッセージ映像(公式YouTube)

YouTube Preview Image

桐蔭学園中学校女子部 部長 岩橋 誠

桐蔭学園中学校女子部 部長 岩橋 誠

今、社会が大きく変わろうとしています。この新しい社会で活躍できる人材を育てることが学校の責務です。では、この新しい社会で活躍できる人材とはどのような人間なのでしょう。①人生に目標をもち、②いろいろな分野の知識とこれを使いこなすためのスキルを身に付け、③社会性に富み、④感性豊かな人間だと考えます。これらの能力・態度を育てるために、女子部は大改革に取り組みました。授業はアクティブラーニング型授業(ICTを導入し、知識の習得を犠牲にしないアクティブラーニングの新しい形)に変わろうとしています。また、種々のスキルを習得するための研修や探究の授業を新たに設けました。もちろん、女子部は女子校ですから、女子の特性を生かした女子に特化した教育を行うことは言うまでもありません。

皆さんが未来に向けての力強い第一歩を、この桐蔭学園で踏み出すことを楽しみにしています。