メッセージ


桐蔭学園 中学校 校長 野坂 康夫

桐蔭学園 中学校 校長 野坂 康夫

9514eeb31a8e90baf45fed882a9b901f_f2

 21世紀は国際化の時代と言われて久しいものがあります。今やいささか言い古された表現という気すらしますが、このような中、真の国際化とは何か、本当の国際貢献とは何かについて理解し、行動することのできる人材が求められています。人類の未来のために何ができるのかという視点で考え、行動することが強く求められているのです。

そのためには、自ら考え、問題を突き詰め、解決していく誠実な意志が必要です。本校の校訓である「すべてのことに『まこと』をつくそう」「最後までやり抜く『強い意志』を養おう」は、まさに21世紀の世界に貢献できる若者を育成することに直結するものであると信じております。

本校は、2014年に創立50周年を迎えました。この間、「育て、伸ばし、鍛える」ことで世界に貢献できる人材を育成してきました。学園を巣立っていった卒業生は5万人弱を数え、各界の第一線で活躍しています。50周年の節目を迎えるにあたり、われわれは「次の桐蔭50年」に向けて動き出しました。各界で活躍している卒業生とともに、次世代を担う若者の育成を期し、思いを新たにしております。

どうか「次の桐蔭50年」にご期待ください。

 

桐蔭学園中学校女子部 部長 岩橋 誠

桐蔭学園中学校女子部 部長 岩橋 誠

今、社会が大きく変わろうとしています。この新しい社会で活躍できる人材を育てることが学校の責務です。では、この新しい社会で活躍できる人材とはどのような人間なのでしょう。①人生に目標をもち、②いろいろな分野の知識とこれを使いこなすためのスキルを身に付け、③社会性に富み、④感性豊かな人間だと考えます。これらの能力・態度を育てるために、女子部は大改革に取り組みました。授業はアクティブラーニング型授業(ICTを導入し、知識の習得を犠牲にしないアクティブラーニングの新しい形)に変わろうとしています。また、種々のスキルを習得するための研修や探究の授業を新たに設けました。もちろん、女子部は女子校ですから、女子の特性を生かした女子に特化した教育を行うことは言うまでもありません。

皆さんが未来に向けての力強い第一歩を、この桐蔭学園で踏み出すことを楽しみにしています。

 

卒業生・在校生の声

DSC_0258

東京都で造園職として自然公園の管理・運営を担当しています。学生時代は研究者か桐蔭学園の地理の教員になりたいと思っていました。学園でお気に入りの場所は女子部の校舎すべてでした。私が中学1年の時、女子部の校舎が竣工し、真新しい校舎とともに、私たち8期生が桐蔭学園女子部の輝かしい実績をつくり上げたと自負しています。もちろんこの校舎を生徒の力で維持するため、壁のペンキ塗りなどみんなで頑張った記憶が残っております。
高校生になるとメモリアルホール(現シンフォニーホール)が竣工し、たくさんの文化行事に触れることができました。
こけら落としで鑑賞した「娘道成寺」をはじめ、マルセル・マルソーのパントマイム、ジョルジュ・ドンの「ボレロ」、滝沢修の「炎の人ゴッホ」など、今でも当時の舞台を思い出すことができます。終演後、花束を贈呈し、楽屋で一流の芸術家との意見交換会などがあり、みんな、代表生徒に選ばれたいと思っていました。大人になり、さまざまな芸術の鑑賞基礎知識が備わっていることは基礎教養として役立っています。
丘陵の緑に囲まれた校舎で、のびのびと勉学、部活動に励むことができるすばらしい環境です。
あなたも、桐蔭生として、大空に羽ばたきませんか。(8期卒 公務員 山口 隆子)

 

永村 (1)

「人の役に立つ仕事がしたい」と考えていて、医者になるために医学部に合格することを目標としていました。現役で医学部に落ちたことから医者をあきらめ、選択肢が広がるという理由で一浪して東京大学理科一類に入学しました。現在は茨城県つくば市にある国立系研究機関の物質・材料研究機構で働いています。
桐蔭は施設面で非常に恵まれていることは間違いなく、多彩な行事・制度も用意されており、自分から求めていけばいくらでも活用できるものがあります。進んだ勉強をしたい人は留学制度もありますし、研究の第一線で活躍されている桐蔭横浜大学の教授陣に教えを請うことも可能です。大学生や社会人になって必要な能力である、積極的に環境を活かして自分の道を切り開いていくタフさが身につく場所だと思います。また、生徒の数が多いだけにおのずと卒業生も多く、仕事関連のコミュニティーにも桐蔭の卒業生がいて人脈づくりに役立っています。机上の勉強だけでは飽き足らない人にお勧めの環境ですよ ! (17期卒 研究員 永村 直佳)

 

阿部茉里亜 (1)

入学前、桐蔭学園は生徒の数が多いので、先生からも放っておかれることが多いと思っていたのですが、入ってみたら先生と生徒の距離が近かったです。売店の方にも顔と名前を覚えていただいて、卒業してからも声をかけてもらえるのでとてもうれしいです。シンフォニーホールなど施設が充実していて、映画の上映や演奏会があったり、授業がレッスン制になっていることなど、ほかの学校に行った友だちに驚かれます。
学園祭の実行委員をやったことが在学中の思い出です。昼休みや放課後が、面接や書類作成などで潰れたり大変なことが多かったような気もしますが、自分たちで企画したことが自分たちの手で形になり、全校生徒と先生方の力で完成に至るまでのプロセス、達成感は忘れられません。
桐蔭学園では、自ら動けば何でもできるチャンスがあります。自分が本気になれることをぜひ桐蔭学園で見
つけてください。(29期卒 教員 阿部 茉里亜)

 

DSC_3094

桐蔭学園を受けようと思ったのは、小学校6年生の時に初めて鸞鳳祭を見に行ったのがきっかけで、今まで見てきた学校の中で一番制服がかわいいと思ったのが決め手でした。
入学してみると人数が多いこともあり、個性豊かな生徒・先生が多いと思いました。
行事の中では鸞鳳祭が一番好きでした。中学3年の時、資材部門のキャップを担当し、みんなと協力して鸞鳳祭を盛り上げることができたのは良い思い出です。また私は茶道部に所属していたので、鸞鳳祭ではお茶会を開催しました。とても忙しく大変な行事ではありましたが、楽しかったです。
中高茶道部部長として活動し、卒業後もコーチという立場となって茶道部の現役部員に茶道の指導を行っています。このように卒業してからも桐蔭とつながりがある部活は数少ないと思いますので、茶道部に入部して良かったです。
桐蔭で過ごした6年間はあっという間でしたが、たくさんの友だちと思い出ができました。受験勉強は大変ですが、頑張って私たちの後輩となってくれたらうれしいです。(29期卒 会社員 小竹 怜佳)

桐蔭を受験しようと決めたのは、部活動の種類が豊富なことや、施設や設備が充実している点に惹かれたからです。私は陸上競技部で活動しています。豊かな緑に囲まれた広大なグラウンドを思い切り走るのは、とても気持ちがいいですよ。また、桐蔭学園シンフォニーホールで行われる、プロの芸術家の音楽会や演劇などを鑑賞できるのもうれしいですね。勉強面だけでなく、スポーツや芸術に親しむ機会がたくさん用意されているのは、桐蔭ならではの魅力だと思います。
受験勉強は大変かもしれませんが、自分が積み重ねた努力は決して自分を裏切らないと思います。自信をもって頑張ってください。(中学3年 普通コース Y.A)
兄が楽しそうに桐蔭に通っていたので、この学校には昔から親しみを感じていましたが、入学してみると本当に居心地がいいですね。高2までは女子だけのクラスだから、誰とでも気兼ねなく話せます。同性同士だからお互いに共感できる部分が多く、クラスの意見なども自然とまとまります。

桐蔭の自慢の一つは学校行事が充実していること。スポーツ競技会の時はクラス一丸となって応援し、順位なんて関係なく盛り上がりました。また、ウインターキャンプではスキーを楽しむのはもちろん、別のクラスの人とも友達になれて、交流の輪がさらに広がりました。みなさんにも桐蔭で素敵な思い出をたくさん作ってほしいと思います。(中学3年 理数コース M.O)