月別アーカイブ: 2017年2月

【幼稚部】2月21日~2月24日おやつメニュー

2月21日(火)
全粒粉ミルクチョコビス、国産フルーツヨーグルト

2月22日(水)
プリッツサラダ、よもぎ餅 or 豆大福 or 草大福

2月23日(木)
厚切りバウムクーヘン、うまい堅焼きせんべい

2月24日(金)
キャラいもキューブ、たべっ子サラダ

【幼稚部】スペシャルプログラム「土粘土で遊ぼう!」

遊戯室にブルーシートを敷くところから始まった、スペシャルプログラム「土粘土で遊ぼう!」
土粘土で遊ぶ楽しさを教えてくださるのは、こども造形ワークショップ umegumiの、川崎和美先生と山田佐映子先生です。

四角い土粘土に、佐映子先生が指で穴をあけたり、ぎゅっぎゅっと粘土をつまむだけで、魔法をかけたかのように、あっという間にお顔のできあがり☆
CIMG5411
粘土があっという間にいろいろなものに変身していく様子にくぎ付けになっちゃうね!
CIMG5413
「コンクリートみたい!」
「おもそうだなぁ…」
「どんなにおいだろう?」
と、さまざまなことを感じながら、どの土粘土にしようか選びます。
CIMG5418
土粘土を高いところから床に一気に落としたり、土粘土の上でジャンプしたり、手でニギニギして餃子を作ったり、和美先生が次から次へと土粘土の遊び方を教えてくださり、子どもたちもぐっと魅力に惹きこまれていました。
CIMG5426
ひやっとして気持ちいい~♪
CIMG5422
平らにした土粘土を島に見立てて、その上に必要なものを自由にのせていきます。
CIMG5429
お友だちの島にも遊びに行けるように、島と島の間に道を作ってみよう!
CIMG5439
みるみるうちに島同士がつながっていきます。
CIMG5441
「○○ちゃんのところまで、道をつくるんだ~♪」と、じわじわ道が伸びて、あともう少しでつながりそう!
CIMG5452
くもの巣のように、たくさんの島の間に道が張り巡らされました。
CIMG5465
こちらの男の子は、遠くの海に浮かぶ無人島をつくっているのだそう。
「ここまで来るのに、46時間もかかるんだよ!」と、かなり遠くの島のようです。
CIMG5459
他にも、ブルーラインや…
CIMG5447
クリスマスツリー☆
CIMG5477
自分の足型まで!
CIMG5475
自由な発想でおもいっきり遊びました☆
CIMG5466
最後はみんなでハイチーズ!
CIMG5481
お片付けまで手伝ってくれてありがとう!
3月は「土粘土で作ろう!」をお楽しみに!!
CIMG5483

【幼稚部】スペシャルプログラム「~連続3回プログラム~茶道に挑戦!③」

今日は「連続3回プログラム茶道に挑戦」の最終回です。
入室早々、宮下先生との会話も弾み笑顔の子どもたち。

先ず手を清めますが…最初に柄杓を持った男の子が「水が漏れてる!何で?」
水を含むと木が膨張して漏れなくなると教えていただき、昔の人の知恵にビックリ!
CIMG5343

扇子選びも真剣。お気に入りは見つかったかな?
CIMG5354

お辞儀も様になって来ました。
CIMG5355

掛け軸や生け花を眺めて季節を感じ、イメージを膨らませます。
お雛様に女の子は自然と笑顔になるね。
CIMG5358
季節に合わせた、お菓子をご準備くださる宮下先生。
ひなまつりが近いこともあり、この日は、あんこが ピンクのういろうに包まれた、おひなさま のようにかわいい和菓子です。
CIMG5360
甘いあんこがお口いっぱいに広がって、思わず笑顔になっちゃうね♪
CIMG5366
先生のお手本を見て、これまで教わったことの振り返り。
指の運び方、お茶をたてるまでの順序をよーく観察。
CIMG5368
回数を重ねるごとに、できる作法が増えていく子どもたちの吸収力の高さが光ります。
CIMG5373CIMG5381
おいしい~☆
CIMG5395
お茶碗も、先生が用意してくださったものの中から、自分が気にいったものを選んで使います。
大きなお花がたくさん描かれたお茶碗。素敵だね☆
CIMG5377CIMG5386
最終回では、初回から学んだ作法を思い出しながらできるよう、子どもたちの様子を見守りながら進めてくださいました。
またどこかでお茶を楽しんでみてね♪
CIMG5397

【幼稚部】2月13日~2月17日おやつメニュー

2月13日(月)
切黒棒、チップスター、わいわいスティックゼリー

2月14日(火)
おさかなソーセージ、ジャガビー、コラーゲン10000グミ

2月15日(水)
雪の宿、イチゴスペシャルミニ

2月16日(木)
アスパラガスビスケットミニ、甘納豆

2月17日(金)
牛乳焼きドーナツ、カントリーマアム

【幼稚部】スペシャルプログラム「プリズムライト」

今回のスペシャルプログラムは、おはじきを使った「プリズムライト」作りです。
さまざまな色合いの綺麗な光に
「すごーい!」
「きれい!!」と、興味津々な子どもたち☆
CIMG5270
まずは、好きなおはじきを60個集めよう。
青いおはじきだけを選ぶ子、色の順番を決める子、カラフルな色を楽しむ子…思い思いに一生懸命数えながら選びました♪
CIMG5284
「ほら!こんなにたくさんだよ!!」
それぞれのこだわりで集めたおはじき。次はいよいよカップに貼り付け作業です。
CIMG5278
ガラスカップを渡すと…
「メガネみたい♪」
ついつい覗きたくなっちゃうね!!
CIMG5286
材料が揃ったところで作業開始。
ボンドをつけたおはじきを、ガラスカップに貼りつけていきます。
CIMG5291
何色から貼ろうか…次は何色にしようかな?
順番や色合いを考えながら、それぞれ集中していました。
CIMG5306 CIMG5308
ちょうどよく埋まらない隙間には、小さめのおはじきを選んで貼ったり、同じ色を続けて貼るなど、工夫が光ります☆
CIMG5305 CIMG5304 CIMG5309
「おはじき多くてつかれた~!」
「これ、貼るだけで簡単かと思ったら、意外と大変だね…。」
なんて話しながらも、最後まで頑張りました!
CIMG5314
完成するととってもうれしそうな子どもたち♪
「早く電気付けたいね!」と、手元に届く日を心待ちしていました。
CIMG5331
完全に乾燥させてから、順にお子様にお渡しします。
是非、ご家庭でライトを点灯し、飾ってみてくださいね☆

【幼稚部】スペシャルプログラム「けん玉・めんこ」

毎月一回開催される「けん玉・めんこ」のスペシャルプログラム。
カズさん・シバさんも、子どもたちとの再会を楽しみにしてくださっていて、ハイタッチでの挨拶もお馴染みです☆
どうしたら 子どもたちがもっと「けん玉・めんこ」を楽しんでくれるだろうか?…と考え、いつも新しい道具を準備してくださいます。
CIMG5235
準備体操を終えたら、個々の興味やステップに合わせた練習を開始。
CIMG5246
「もしかめ(けん玉の技の名前)、連続で何回もできたよ~!」と、披露している男の子。
見守るシバさんも、真剣な表情。
CIMG5242 CIMG5237
ひざをつかって、玉をよくみて…えいっ!
CIMG5244
カズさんにお手本をみせていただいて…
CIMG5250
自分でも挑戦だ!
このあと、何度も練習を重ねて…見事に技を成功させることができました!
CIMG5261
次回のけん玉・めんこもお楽しみに☆

【幼稚部】スペシャルプログラム「~連続3回プログラム~茶道に挑戦!②」「おはなし」

回を重ねる毎に教わる作法もレベルアップしていく「茶道に挑戦!」今回は2回目です。

まずは、お気に入りの扇子を選びます。
「金色の扇子がいいな♪」「お花柄の扇子もいいな~!」と、さまざまなデザインの扇子を開いて悩み中。
CIMG5150扇子が決まったらお座敷にあがって、改めて宮下先生にご挨拶。
お着物姿の先生や部屋のセッティングで 気持ちが切り替わるようで、子どもたちの話し方や動作が自然とゆったりとして、丁寧に行うことができました。CIMG5157 掛け軸とお花を、じっくり眺めて楽しみます。CIMG5154
この日は、柄杓の持ち方を教えていただきました。
柄杓を上から掴むように持つのではなく、下から手を添えるようにして握るのだそう。
先生のお手本をじっくりと観察…。CIMG5177
細かい部分を先生にご指導いただきながら、子どもたちも挑戦!
CIMG5184CIMG5186

自分の口に合う抹茶の濃さやお湯の温度は、初回のプログラムで覚えたので、お茶をたてる流れはお手の物☆
CIMG5190
お菓子を取る時に お隣の人への配慮として、前回教わった「お先に。」の言葉の他に、もう一つ新しいことを学びました。
それは、次の人が気持ちよく取れるように、自分のお菓子を取るということ。
菓子器に残るお菓子の形を、出された時と同じように綺麗なままで次の人に渡せるよう、崩さぬよう 慎重に丁寧に…。
と、気をつけてはいたものの!!
お箸がすべって菓子器の中で、ころっとお菓子が横になってしまうと、「あ…。でも、次の人が取りやすくなったね!」と、自分でナイスフォロー☆
その場を和ませていました。
CIMG5168CIMG5172
後半は、先生がご準備くださった【つくばい】を使い、茶室に入る際の作法を教わりました。
茶室に入る際、つくばいで手や身を水で清めるのだそう。
先生のお手本を見て学びます☆CIMG5201CIMG5206
柄を水で洗い流すのも上手にできました。
次回は早くも最終回。楽しみながら学べる日本文化。いいですね☆
CIMG5203

16時からは、小阪先生による月に一度の「おはなし」です。
「かごめかごめ」の唄に合わせて指人形を楽しんだり、「はいたかのふゆ」という絵本の読み聞かせと、素話を準備してくださいました。
CIMG5211CIMG5216CIMG5220CIMG5226
思いきり遊んだ後、おはなしの世界にぐっとひきこまれた25分間となりました♪

【幼稚部】2月6日~2月10日おやつメニュー

2月6日(月)
北海道チーズ蒸しケーキミニ、鬼ひびせんべい

2月7日(火)
ゴボチ、きのこの山 or たけのこの里

2月8日(水)
長崎カステラ、揚げかきもち

2月9日(木)
QBBチーズで鉄分、すりおろしりんごゼリー、トーマスチョコポッキー

2月10日(金)
丸ぼうろ、かおり千枚せんべい

【幼稚部】スペシャルプログラム「イヤーマフを作ろう☆」

knit-c(ニットシイ)のトヨヒデ カンナ先生にお越しいただき、「イヤーマフを作ろう☆」を行いました。
CIMG5032
まずは、ベースとなるパーツと、好みのデザインの生地を選ぼう!
CIMG5034
生地を選んだら、パーツ同士を組み合わせて布をかぶせていきます。
細かい作業に子どもたちは真剣な表情。
CIMG5043CIMG5070CIMG5051
一つの工程終わるごとに、うれしさのあまり「できたよ~!」と、笑顔でみんなにご報告♪
CIMG5038
「こんな感じかな?」と、早くもお試し装着!
完成が待ち遠しいね♪
CIMG5039
耳あて部分のクッションは、自分の好みのやわらかさになるように、綿で調整できるよ。
CIMG5062
手で感触を確認しながら、お気に入りのふかふか加減に仕上げました。
CIMG5064
CIMG5065
最後に、綿が飛び出さぬよう、耳あて部分の口をしめたら…
CIMG5088
完成です!!
この日の天気は、みぞれが降るほど冷えた日だったため、子どもたちも「外が寒いからちょうどいいね~!」と、イヤーマフをつける楽しみで寒ささえも吹き飛ばしていました。CIMG5060
耳のすこし上でつけると、クマさんの耳にも見えるね!
CIMG5087
みんなで仲良く集まって、おはなし中かな?
CIMG5084
おしゃれなイヤーマフで、残りの冬を元気に乗り切ろうね☆

【幼稚部】スペシャルプログラム「空手に挑戦!」

サクラ空手クラブの笹井 陽子先生たちにお越しいただき「空手に挑戦!」のスペシャルプログラムを行いました。
みんなで「おす!」と、声を合わせてご挨拶。身が引き締まるね!
CIMG4978
まずは、怪我防止のために大事な準備体操から。
CIMG4962
立ち方は、足は内向き。
基本姿勢をしっかり覚えておこう!
CIMG4971
先生が示すお手本をよく見て、真剣な表情で取り組んでいました。
CIMG4973
いつも過ごしている遊戯室とは違ったピリッとした雰囲気に包まれ、普段とまた違った表情に。
CIMG4982
次は、2人組になって練習です。
ミットも登場し、お友だちの突きをしっかり受けることができるかドキドキ…。
CIMG5003
「せいっ!」と、突きをしながら大きな声を出すことで、気合いと共により力が入ります。
CIMG5013CIMG5007
しっかりとねらいを定めて…「せいっ!」
CIMG5005
次は蹴り技に挑戦。
ただ、ミットに蹴り込むだけでなく、足の角度も大切なんだね!
CIMG5018
意識しながら回数を重ねることで、身体に正しい型をしみこませよう!
CIMG5025CIMG5017CIMG5022CIMG5028
プログラム終了後、制服に着替えながら「空手って楽しいね~!」と、会話する子どもたち。
あっという間に、空手の魅力に惹きこまれたようです!

【幼稚部】 スペシャルプログラム「~連続3回プログラム~ 茶道に挑戦!①」

11月のスペシャルプログラムで、たくさんの子どもたちが参加してくれた「茶道」
今回も、表千家の宮下和子先生にお越しいただきました。連続3回プログラムで、少しずつレベルアップしていきます。
CIMG4887
1回目の今日は、お茶をたてる前、茶室に入った時の作法に挑戦です。
茶室に飾ってある、掛け軸とお花を眺めて楽しむのもマナーの一つだそう。
先生が冬の間は「椿」を飾ることが多いという話をしてくださると、その話を聞いた子が「冬は葉っぱが茶色くなるものが多いけど、椿の葉っぱは緑のままだから(飾るの)でしょ?」と、一言。
大人顔負けの知識で、先生との会話を楽しみました。
CIMG4890
次は、お菓子を味わいます。
前回教わった【懐紙】を見つけると「これで口をかくして食べるんだよね!」と、復習はバッチリです。
着物を着ていれば、懐から懐紙を出して使うのですが…今回はスモックのポケットで代用。
CIMG4899
お菓子が目の前に置かれたら、「お先に。」と、隣の人に伝え、懐紙をお皿のようにして自分の分を取ります。
周りの視線が集まるので、ちょっぴり緊張してしまうね。
CIMG4900
こちらは、卵白を焼き上げて作った甘いお菓子。
京都のお菓子だそうで、日本の食文化を知ってもらいたいと、他にもさまざまなお菓子を用意してくださいました。
CIMG4903
お菓子をいただいて一息ついたら、お茶をたてます。
抹茶の濃さや熱さを自分好みに調整します。
CIMG4912CIMG4916CIMG4920
「おいしい~!」と、緑のおひげをつけてこの笑顔☆
CIMG4944
道具も気になる男の子☆
「これ、竹で出来てるんですか?」と、道具についてもたくさんの知識を教えてくださいました。
CIMG4924CIMG4927
節分も近かったので【紅白ふくまめ】もいただきました。
CIMG4948
いろいろことに興味のアンテナが伸びる子どもたちは、自分が選んだ扇子を開いて、絵柄を見せ合って扇子自慢の真っ最中☆
CIMG4951
いつもと違う空気を感じながら学ぶ「茶道」。
次回はどんな新しいことを学べるか楽しみですね。

【幼稚部】スペシャルプログラム「おりがみ」

プログラム開始前、アフタースクールに足を運んでくださる高階先生の姿が見えると、子どもたちの表情がパッと笑顔に変わります。
さぁ!スペシャルプログラム「おりがみ」のスタートです。
CIMG4839
「今日は何を教えてもらえるんだろう?」と、楽しみにしていた子どもたちの前にあらわれたのは、…細いおりがみ?!

ではなくて、カラフルな風船でした☆
この日は、いつも楽しみに参加してくれる子どもたちのために、バルーンアートのプレゼントを持ってきてくださいました。
CIMG4840
子どもたちが作ってほしいものをリクエストすると、あっという間に作品が完成☆
思わぬプレゼントに、自然と笑顔になっちゃうね♪
CIMG4846
さてさて、今回の おりがみ は【雛人形】に挑戦。
CIMG4847
一度先生に折り方を教わったら、練習あるのみ!
「あれ?どうやって折るんだっけ?」と困ったら、先生に聞くこともできるけれど、まずは手順を思い出す。
周りのお友だちや、スタッフが折る様子を見て「あ~、そうだった!」と、ヒントをもらうという方法もいいね!
CIMG4853CIMG4850
おひなさま と おだいりさま を折るのも、色の組み合わせで選ぶなど、子どもたちのこだわりがたくさん詰まっています。
CIMG4861
定期プログラムを終えたお友だちも途中から合流して、笑顔でお出迎えです。
CIMG4865
一足お先にスタートしていた子どもたちはすっかり折り方をマスターしていたので、先生の代わりに途中参加のお友だちへ教えてあげることにしました。
先生は様子を見守ります。
何度も練習したからこそ、大事なポイントで立ち止まり、伝えてあげることが出来ました☆
CIMG4866
「そうそう!あってるよ!」と、見守る子どもたちの表情はとっても真剣。
教えてもらった男の子も、先生に習ったのと同じように 折りあげることができました。
CIMG4871
「たくさん折ったね!いくつ折ったの?」と、お友だちの作品を数えてみると…なんと13個も!
「○○ちゃん、13個も折ったんだよ~!!」と、自分のことのように自慢気にスタッフに教えてくれました。
CIMG4874
CIMG4873
たくさん作って、オリジナル雛壇にしても良いね!

【幼稚部】1月30日~2月3日おやつメニュー

1月30日(月)
切れてるミルクパウンドケーキ、おにぎりせんべい

1月31日(火)
(スペシャル)ホワイトシチュー

2月1日(水)
バタースティックパン、エリーゼ

2月3日(金)
(通常預かり)パックンチョ、ヨーグルト or ゼリー
(スペシャル)恵方巻き

【幼稚部】スペシャルプログラム「恵方巻きを作ろう!」

節分のこの日、アフタースクールでは幼稚部と小学部合同で恵方巻作りを行いました。
小学部のお兄さんお姉さんが授業を受けている間に、幼稚部の子どもたちだけで「酢飯」準備で一足お先にプログラムスタートです。
子どもたちには「(おおさじ)いーち、にー、さーん…。」と数えてもらいながら、スタッフが酢・塩・砂糖を量り、味の決め手となる調味料の準備OK!
CIMG4765
CIMG4761
ごはんをボウルに入れて…
CIMG4766
そこに調味料を加え、ご飯をきるように混ぜ混ぜ♪
CIMG4775
小学部のお兄さんお姉さんが合流したら、節分の由来、今年の方角、恵方巻の作り方をみんなで確認しました。
CIMG4784
さあ、お待ちかね!教わった手順にしたがって、具材を巻いていこう!
難しいところは、頼もしい小学生の力を借りて一緒に作ります。
CIMG4806
普段あまり手にすることのない【まきす】で恵方巻の形に近付けます。
CIMG4796
ぎゅっぎゅっぎゅ~♪
CIMG4795
「みてみて~!できたよ♪」
CIMG4810
うまくできあがった記念にハイチーズ☆
CIMG4808
自分で巻いた恵方巻き、早く食べたくて待ちきれないね♪
CIMG4815
できあがったら、みんなでいただきまーす♪
CIMG4826
今年の方角「北北西やや右」を向いて、食べきるまで一言も喋らずに、心の中で願いごとを繰り返しながら黙々と…。
どんなお願いをしたのかな?
CIMG4834
静まり返る室内。
あまりの静かさがおかしすぎて、お友だちと顔を見合わせたら笑ってしまう!必死で笑い声が出るのを我慢する子も。
みんなで作った恵方巻、おいしさと楽しさでいっぱいでした。
CIMG4820CIMG4825
みんなの願い事が叶いますように☆

【幼稚部】スペシャルプログラム「マジシャンになろう!」

横浜マジカルグループの星野 好汪先生にお越しいただき、スペシャルプログラム「マジシャンになろう!」を行いました。
さぁ、早速マジックのレッスン開始!
…の前に、まずは先生にマジックを披露していただきました。
先生がハンカチでつくった 真っ白なうさぎさん。
CIMG4730
可愛いうさぎさんの口に、ニンジンとお水をいれてあげて…
CIMG4731
ぱっ!と、ハンカチに戻してあげると…
あるはずのニンジンとお水がなくなっちゃった!
CIMG4732
目の前で起こった不思議な現象に「おぉ~!!」と、驚きの子どもたち。
他にもいくつかのマジックを見せていただき「早くマジックやってみたい~!」という逸る気持ちでいっぱいです!
お待ちかねのマジックレッスンスタート☆
CIMG4729
こちらは、ハンカチを使った ちょっぴり難易度の高いマジックを練習中。
ハンカチのうえにフォークをのせて…
CIMG4739
くるくると丸めて、ぐぐぐっと念じます。
CIMG4749
ぱっ!と、ハンカチをひらくと、あら不思議☆
フォークがスプーンに大変身!!
喜びのあまり、隠しておかなければいけないはずのフォークを手にもってバンザーイ!
CIMG4744
マジシャンに近づくため、黙々と練習に励んでいます。
CIMG4742
CIMG4736
見事成功し、達成感とうれしさで、にっこり笑顔☆
CIMG4743
教わったマジックを自分のものにできたら、スタッフをお客さんにしてプチマジックショーのはじまりはじまり~☆
本物のマジシャンのように、台詞をつけて披露する姿がかわいらしかったです♪
CIMG4756
是非、ご家庭でも子どもたちのマジックを見てあげてくださいね。

【幼稚部】スペシャルプログラム「ほかほかホワイトシチュー」

申込開始から、あっという間に定員に達してしまう、食のスペシャルプログラム。
ながた よしえ先生と一緒に、今回は寒い冬にぴったりの「ほかほかホワイトシチュー」を作りました☆
まずは、シチューの具材準備からスタートです。


今回はマカロニ入り!
固いマカロニを、沸騰したお湯に入れて茹でます。
モクモクあたたかい湯気が立つ様を見て、
「あったかい煙!」「雲みたいだよね~」と発見がありました☆
CIMG4675
次はにんじんを好きな大きさに切ります。
細く切ったり、みじん切りにしたり…さまざまな形が出来上がりました。
CIMG4681
こだわって切った、お花の形も!!
CIMG4689
切ったにんじんは、まな板からこぼれないように、そーっとお鍋の中へ。
先に炒めていた鶏肉・玉ねぎと一緒にジュージュー炒めます。
CIMG4686
今度はルウ作り。
小麦粉と牛乳を順番に、ボウルで混ぜ混ぜ♪
真っ白なルウはゆるくて、勢いよく混ぜるとボウルからこぼれそうになります。
「やさしくね!」
10回ずつね!」
お友だち同士でボウルを押さえて、お互い声を掛け合いながら、みんなで協力してルウも完成!
CIMG4691 CIMG4695
ルウと具材をコトコト煮込んでいる間は、ながた先生のご提案で「なぞなぞタイム」です!
「パンはパンでも食べられないパンは?」
「フライパン!」「しんぱん!」
食欲がそそられる匂いに包まれて、なぞなぞも白熱しました!
CIMG4698
さぁ、なぞなぞを楽しんでいる間にホワイトシチューの完成です☆
みんなで元気に「いただきまーす!」
出来立てシチューは、ほっかほかです。
フーフーしながらおいしくいただきました♪
CIMG4705 CIMG4717
「わたしが切ったにんじん見つけた!!」
「この小さいのあたしが切ったの!あったよー!!」
「○○くんのにんじん食べちゃった、ごめんね(笑)」
自分たちで作ったおいしいシチューに、会話も弾みますね☆
CIMG4708
子どもたち一人ひとりの思いを大切にしつつ、いつもおいしいお料理を教えてくださる ながた先生、ありがとうございました!
あたたかいシチューに大満足な子どもたちでした☆
ぜひご家庭でも作ってみてくださいね♪

【幼稚部】 スペシャルプログラム「おりがみ」

毎月1回開催される、高階 幹夫先生による「おりがみ」のスペシャルプログラム。
CIMG4650
高階先生が準備してくださった数ある作品の中から、この日は一番左にある【みずどり】に挑戦することにしました。
CIMG4640
先生がすること全てが楽しくて、笑いが止まらない子どもたち。
何度も参加している子は、高階先生のことが大好きすぎて、この時間が待ち遠しいようです。
CIMG4641
でも折り始めると、きりっと表情が変わり真剣に取り組みます。
やる時はやる、遊ぶときは遊ぶ。メリハリは、とても大切なことだね☆
CIMG4659CIMG4656
今回は、みずどりの顔の部分で「かぶせおり」という、ちょっぴり難しい技法に挑戦!
見本と見比べながら、手先を器用に使って、何度も練習していました。
CIMG4661CIMG4664
折り方で困ったときは、「あれ?どうだったっけ?」と、お友だちに聞けば すぐに解決♪
CIMG4657
お友だちと助け合って、たくさんの「みずどり」が完成しました☆
みずどりになりきってるのかな?
みんな笑顔でハイチーズ!
CIMG4668
プログラムが終わったあとも、高階先生の周りに集まって、笑いが止まらない子どもたち。
CIMG4666
折り紙だけでなく、人との関わり方や礼儀を教えてくださる高階先生は、子どもたちの人気者です☆

【幼稚部】1月23日~1月27日おやつメニュー

1月23日(月)
うまい堅焼きせんべい、ミニアメリカンドッグ

1月24日(火)
杵つきみたらし団子、白えびもち焼きせんべい or たまねぎおかき

1月25日(水)
黒糖ドーナツ棒、おっとっと

1月26日(木)
ぷち歌舞伎揚げ、もっちりたまご ソフトケーキ

1月27日(金)
たべっ子どうぶつ、国産ぶどうゼリー

【幼稚部】スペシャルプログラム「ふろしきの包み方を学ぼう!」

自由遊びの中で、首元にまいてマントにしたり、腰にまいてスカートにしたり、幼稚部の子どもたちに大人気のふろしき♪
今回は、原野 満実子先生にお越しいただき、ふろしきの楽しみ方を教えていただきました。CIMG4586
まずは、先生が準備してくださった ふろしきの中から、自分のお気に入りの柄を選ぼう!
素敵な柄ばかりで、悩んじゃうね…。
CIMG4577 ぼくは、この ふろしきに決~めた♪CIMG4579お好みの ふろしきの 四隅 を結んだら…CIMG4588
おしゃれぼうし の完成☆
…のはずが、頭がすっぽり ふろしき の中にはいっちゃった!
CIMG4591
こちらは、ペットボトルを ふろしき の中央において…
CIMG4596
くるくるくる~と、まるめて…
CIMG4599
力をあわせて、ぎゅーっとしっかり結ぶと…
CIMG4600
ペットボトルのサイズにぴったりのバッグが完成♪
完成したバッグを背負って「いってきま~す!」と、颯爽と室内を走り抜ける子どもたち。
CIMG4601
こちらは、先生と一緒に何を作っているのかな?
2枚の ふろしき を使って、2人がかりで出来上がったものは…
CIMG4607
じゃじゃーん♪
CIMG4610
リュックサックでした☆
CIMG4609
あまりにも背負った姿が可愛いらしかったので、カメラの前でお披露目会♪
CIMG4611 CIMG4612 CIMG4613 CIMG4615
子どもたちはリュックサックが気に入ったようで、
「ピクニックにいってくる~♪」
「ぼくはこれからスキーをするんだ!」
と 想像を膨らませて、室内でのおでかけを思いっきり楽しみました☆
CIMG4618
ふろしきの使い方をたくさん知ることができて、遊びの幅が広がったね♪
活用方法だけでなく、ふろしきの名前の由来も教えてもらい、ちょぴり ふろしき博士に近づいたかな?
原野先生、楽しい時間をありがとうございました!

【幼稚部】避難訓練

今年度3回目の避難訓練の日です。
避難する際の合言葉【おかしも】の確認や(おさない・かけない・しゃべらない・もどらない)、火事と地震での対応の違いを確認したのち、「今日のどこかで避難訓練をするかも…」とだけ告知して、実際に近いかたちで実施しました。

普段通り 園庭で楽しく遊んでいると、スタッフが持つトランシーバーから「地震が発生しました。子どもたちの安全を確保し、揺れがおさまるまでその場で待機してください」とアナウンスが入りました。
スタッフの指示で 子どもたちは一番近くにいる大人のもとへ駆け寄り、頭を守り身を屈め、その場で揺れがおさまるのを待ちます。
CIMG4568約2分の静けさ…。
喋らず、ただひたすら自分の身を守るために待機する時間は、とても長く感じます。
CIMG4571
トランシーバーより次に入った指示は「大きな揺れがおさまりました。園庭の中央に集まり点呼」
この日、アフタースクールに来ていた全員が園庭に集まり、ホッと一安心の瞬間です。
CIMG4574
誰一人もれることなく、真剣に取り組めたことは、とても良い経験となりました。

遊びに戻ったあと、ある女の子が「地震がおきたのが、外にいる時でよかった~。」と話していました。
いざという時の緊張感を、訓練の中で感じることができたようです。
今後も定期的に、さまざまな災害を想定して避難訓練を行っていきたいと思います。

【幼稚部】スペシャルプログラム「逃走中 2017」

昨年度 実施した「逃走中」
その時に参加してくれた子からのリクエストにより、バージョンアップして開催されました☆

園庭に出ると【ひみつきち】とかかれた小屋を発見。
その ひみつきち の中は「アフタースクールのみんなへ」と書かれたハンターからの手紙が置かれていました。CIMG4517おそるおそる封筒の中身を確認してみると…
【アフタースクールの看板】がハンターによって隠されたことが判明!
いくつかのミッションをクリアしないと、看板を取り戻せないとのこと。
そうと分かったら 取り戻すしかない!
さっそく第1ミッション、園庭に隠された10枚の手裏剣を探しにハンターのいる園庭へ出発です。
CIMG4520
全身黒づくめのハンターが追いかけてくる中、勇猛果敢に手裏剣を探しまわる年長さん。
10分以内に全ての手裏剣を見つけ出すことができなければ、ハンターがもう1体追加されるというから大変…。
ミッションを達成し、ハンター追加を阻止しようと、必死で園庭を駆け回っていました。
手分けして、なんとか全ての手裏剣を探しだすことができ、第1ミッションクリア!
CIMG4545安心したのも束の間、集めた手裏剣をよく見ると、第2ミッションを発見☆
園庭の中央に並べられた封筒を回収する…というミッションです。
ただし、封筒には参加者の名前が書いてあり、自分の名前が書かれた封筒を取らないと、ハンターの走る速度が速くなるというから、さあ大変!
CIMG4530

CIMG4532
自分の封筒を取って秘密基地に戻るだけではなく、「○○くん(ちゃん)の封筒、ここにあるよ!」と、お友だちがすぐに取れるように教えてあげたり、ハンターが怖くて秘密基地から出られない年少さんにも「大丈夫だよ。一緒に取りに行こう!」と年長さんがやさしく声を掛けてくれたり、おとり作戦をしてハンターの気を惹きつけたり…
チーム力抜群です!!
CIMG4533

CIMG4535全員が勇気を出さなければクリアできないミッションだからこそ、子どもたちの素敵な姿がたくさん見られ、無事に第2ミッションもクリア☆

その後も、第3ミッションをクリアすることができ…CIMG4539

CIMG4528みんなの頑張りを見ていたハンターから、なんと【とうめい かんむり】(かぶっていると、ハンターからは見えなくなるスペシャルアイテム)のプレゼントが届きました!
CIMG4551このスペシャルアイテムとともに、いざ最後のミッションへ!

最後のミッションはなんだろう…?
ハンターからの手紙を見てみると、穴あきになっている謎の文章…。
「あっ!(第2ミッションの)封筒の中に入っていた、カードを使えばいいんじゃない?」と、子どもたちのひらめき☆
穴あきの数とカードの数を数えてみると、どちらも8枚だ!CIMG4556カードの向きや位置を変えてみんなで考え…CIMG4558【ハンターのせなか】という言葉ができたよ!CIMG4559ハンターに近づくための勇気をくれる スぺシャルアイテム を味方に、最後のミッションへ出発だ!

恐怖で秘密基地からなかなか出ることができない子たちも、お友だちの頑張りを見守っていました。
CIMG4553
みんなで協力して手に入れた、アフタースクールの看板 のありかが描かれた【たからのちず】
どこかで見たことがある地図に「もしかして…わくわくランドじゃない?」と気付いた子どもたち。
CIMG4562
逸る気持ちを抑えながら、みんなでわくわくランドへ!
ハンターからのメッセージとともに、アフタースクールの看板を発見☆
CIMG4565
みんなのおかげで無事に見つけることができました!ありがとう!!

【幼稚部】スペシャルプログラム「いちご大福」

子どもたちに大人気のお料理プログラム。
今回は、こびとの台所 上田 典子先生と一緒に「いちご大福」を作りました。

まずは、典子先生がさまざまな粉類について説明をしてくれました。
先生の手には「もち米の稲・小麦・じゃがいも」
普段口にする食べ物を作る粉は、何が変身したものなのか、実際に目で見て、味見をします。CIMG4483 触った感触、匂い、それぞれの違いをたくさん発見する子どもたち。
「この粉、キュッキュってするね!」
「こっちは粒が大きいみたい!」
CIMG4473 触ったあとは特別に味見です♪
「これ塩だ!しょっぱい!!」
「この粉、お米の味ー!!」
見た目は同じ白い粉ですが、違いをたくさん見つけました☆
CIMG4476
粉について学んだ後は、いよいよ いちご大福作り開始!!
もち米から作られた「白玉粉」にお水を入れてかき混ぜます。
CIMG4486
最初はさらさらだった粉が、お水を混ぜて温めることでどんどん固まっていく様子に大興奮!!
レンジから出た粉の様子を見るたびに、
「うわあ~固まった!!お餅になってる!!」と歓声が聞こえてきます☆
CIMG4487CIMG4498
弾力が出てくると、かき混ぜるのにも力が必要なことに気付いた子から、
「もちつきみたいにやってみよう!」という提案が!
立ち上がり、みんなで協力してお餅を完成させました。
CIMG4500
完成したお餅はアツアツなので、先生が切り分けてくださいました。
「すごい柔らかいね、プニプニしてる~」
柔らかく温かいお餅に興味深々な様子でした。
CIMG4503
完成間近…
あんこといちごを、お餅の座布団に置いて包みます。
「トロトロ~これぐらいの大きさかな?」
「あー早く食べたい!!」
CIMG4505
みんなのいちご大福が完成したところで、おやつTIME♪
完成した いちご大福は、とっても甘くておいしくて「もっと食べた~い!」という声が続出でした☆
CIMG4513
CIMG4510
甘い匂いに包まれて、手作りいちご大福を完食した子どもたちは満足そうな笑顔。
実物を使って、楽しく教えてくださった典子先生、ありがとうございました!
とっても簡単ですので、ぜひお家でも作ってみて下さいね♪

【幼稚部】1月16日~1月20日おやつメニュー

1月16日(月)
ミニスイートポテト蒸し、ぱりんこ

1月17日(火)
京風いなり寿司、田舎のおかき ざらめ味

1月18日(水)
ちっちゃいスイートデニッシュ、かき餅久助

1月19日(木)
国産みちのくフルーツヨーグルト、芋けんぴ

1月20日(金)
鶏卵われせんべい、すりおろしピーチゼリー、アニマルカルパス

【幼稚部】 スペシャルプログラム「獅子舞づくり」

NPO法人 coyomi の高松太一郎先生をお招きし、小学部のお兄さん お姉さんと一緒に獅子舞づくりに挑戦しました。
CIMG4412 3グループに分かれて、まずは組み立てられたダンボールに色付けしていきます。
CIMG4417 塗り残しのないように、すみずみまで…。CIMG4423 夢中で色付けしてたら、「みてみて~!ゆび が まっかになっちゃった!」CIMG4418 子どもたちの力で、あっという間に真っ赤に塗られた獅子舞の顔。ベースが完成しました!CIMG4426 ここに、折り紙やダンボールで獅子舞の表情をつけていきます。CIMG4438 幼稚部の男の子が折り紙を切ったものを、小学部のお兄さんが獅子舞に張り付け、役割分担をしながら協力して作り上げていました☆CIMG4446 こちらは、表情の雰囲気を決める【目】をはる役割を任された男の子☆
「ここだ!」と思うところぺたっと貼って…
CIMG4441 「どれどれ、うまく貼れたかな?」と、正面から顔を確認。CIMG4442
小学部のお兄さんのアドバイスをもらって、何度か調整しながら獅子舞の顔が完成☆
CIMG4443 
用意してくださった材料は一緒でも、使い方によってそれぞれのグループごとに、ユニークな獅子舞が完成しましたよ。CIMG4440CIMG4447獅子舞に頭をかじってもらうと邪気が逃げると聞いて、あちらこちらでパクっ!と、食べてもらっている光景がなんとも可愛かったです♪CIMG4451CIMG4464記念に、自分たちがつくった獅子舞と一緒にハイチーズ♪ CIMG4467 作業を共にした小学部のお兄さんお姉さんとの距離も縮まった様子。
獅子舞をかぶって走りまわる小学生のあとを追いかけたり、楽しくお話しをして笑顔いっぱいの子どもたちでした☆CIMG4456
CIMG4469

【幼稚部】スペシャルプログラム「香りのおまもりぶくろを作ろう!」

dorintogorotan 竹中 翠先生による、「香りのおまもりぶくろ」作り。
クローゼットの中や、くつばこ、もちろんお部屋にも飾っておくことができる香りぶくろを作りました。
CIMG4309
青森で育った「ヒバ」の木のチップ。
紙袋をひらくと、深呼吸したくなるような木のいいかおりが鼻にとどきます。
CIMG4349
まずは、ヒバの木とはいったいどんな香りなのか実際にかいでみます。
鼻に心地良いリラックスする木の香りに、おもわず にっこり♪
CIMG4311
今回は、ヒバのチップに2種類のアロマオイルを垂らして、好きな香りを作ります。
先生が準備してくださったアロマオイルは、【ラベンダー・ゆず・レモン・みかん】の4種類。
「みかんの香りは、心配ごとがあるときや夜 眠れない時に嗅ぐと、リラックスできるんだよ」と、それぞれどのような効果があるのか分かりやすく教えてくださいました。
CIMG4315
「シャンプーの香りに似てる♪」と、身近な香りに例えて楽しんでいました☆
CIMG4319
香りの違いや効果についてお勉強したら、お気に入りの香りをいれておく【おまもりぶくろ】を作ろう!

「おねがいごとを袋に描いてみよう」という先生の声掛けに、「おねがいごとが3つあるから決められない~!」と頭を悩ませながらも、想いを込めて絵を描いていきました。
CIMG4325 CIMG4327
こちらは、イメージする色を作ろうと、色を混ぜて試行錯誤しているところ。

CIMG4323
おねがいごとが少しずつ絵になってきたね♪
CIMG4333 CIMG4336
おまもりぶくろが完成したら、中にいれる香りを選ぼう!
最初に先生に紹介してもらった4種類の香りの中から、どの2種類にしようか、くんくんくん…。

CIMG4337
私は、この香りがすきだな~♪
CIMG4340
CIMG4343 CIMG4345
お気に入りの香りを、ヒバのチップにつけてもらったら、全体に香りが広がるようにぐるぐるとかきまぜて…

CIMG4350
自分でデザインしたおまもりぶくろにチップをつめて、ひもでぎゅっ!と結んだら…
CIMG4352
できあがり☆
アロマオイルの香りは【1ヶ月程】、アロマオイルの香りがうすくなっても、ヒバのチップの香りで【半年間】は香りを楽しめるそうです。
CIMG4358
翠先生、素敵なおまもりぶくろ ありがとうございました☆