月別アーカイブ: 2018年12月

【幼稚部】スペシャルプログラム『自分の街を電車が走る!Nゲージ②』

先週のプログラムに引き続き、今回は仕上げの2回目 Nゲージ。
保管していた箱の中から、壊れないようにそっと土台を取り出してみよう。
「うん!しっかり くっついたね。」
CIMG3628

テントは、ここに決めたんだよ。
CIMG3631

よく見て!
車の前で、たき火を見ている人がいるんだよ。
CIMG3636

みんなが作ったキャンプ場を集めて、モロさんの線路をつなげて…。
CIMG3638

みんなの線路がつながった!
CIMG3642

線路に砂や石が転がっていると、電車が脱線してしまうから、しっかりメンテナンス(掃除)が大事なんだよ。
本物の電車と一緒なんだね。
CIMG3644 CIMG3647

さぁ、試運転完了!
CIMG3650

一人ずつNゲージを操縦させてもらうと、みんなで大喜び☆
CIMG3651 CIMG3657 CIMG3658 CIMG3660

季節ごとに、さまざまな街作りができるNゲージ。
またモロさんと一緒に楽しい時間を過ごせるといいね!

【幼稚部】11月19日~11月22日 おやつメニュー

11月19日(月)
国産ぶどうゼリー、ぱりんこ

11月20日(火)
オールドファッションドーナツ、わいわいスティックゼリー

11月21日(水)
(スペシャル)ふわふわ お好み焼き
(通常預かり)たい焼き、炭酸せんべい

11月22日(木)
もっちりたまごソフトケーキ、ミニアスパラガス ベイビー

【幼稚部】スペシャルプログラム『ふわふわお好み焼き』

毎回 定員を超えるお申込みをいただく、ながた よしえ先生のスペシャルプログラム。
簡単・手軽でおいしいものに溢れている現在ですが、「自分で作って食べる」ことは、シンプルだけれど、とても大切な生きる力です。

一人ずつ渡された材料を切ることから始めます。
ナイフを持ち、空いた手で野菜を押さえるのも、とても上手☆
CIMG3435 CIMG3436 CIMG3439

子どもたちは、材料を切る係。
ながた先生は、生地を作る係。
各机を回り、どんな材料を使って作るか近くで見られるのも、このプログラムのポイントです。
CIMG3441 CIMG3443

「ふわふわ」にするために、長芋を入れるよ。
CIMG3447

この真剣な表情、何を見ているかというと…
CIMG3450

「イカ」です。
お好み焼きに入れるイカを捌くところを、子どもたちに見せたい。
ながた先生のアイディアです。
CIMG3453 CIMG3455

わた、墨袋、くちばし、目玉、吸盤を間近で見て、新しい発見がいっぱい!
CIMG3458 CIMG3460 CIMG3462

切った材料を、生地に混ぜ込もう!
CIMG3467 CIMG3469 CIMG3472

一人分ずつコップに材料を入れて、ホットプレートの上に「えいっ!」と ひっくり返します。
CIMG3491 CIMG3501 CIMG3506

みんなの材料が一つになって、大きなお好み焼きに☆
CIMG3513 CIMG3516

お好みで、マヨネーズをどうぞ!
CIMG3525

いただきま~す!
CIMG3531 CIMG3535

あまった材料で、ながた先生が豚肉の卵とじを作ってくださいました。
CIMG3539

美味しすぎて、おかわり続出!
CIMG3540 CIMG3548

なかなか食べ終わらない「ふわふわお好み焼き」ごちそうさまでした☆

【幼稚部】スペシャルプログラム『LaQ博士がやってくる!』

10月に引き続き、参加してくれた子どもたちが多かったLaQ。
今回も、魅力的な浅川先生の作品に惹きつけられ、子どもたちの気持ちは、既にやる気満々。
CIMG3344 CIMG3349 CIMG3350

平面モデルの見本を参考に、自由に作り始めます。
CIMG3351 CIMG3352 CIMG3354 CIMG3355 CIMG3356

「浅川先生~!曲げたいのは、どうやればいいの?」
子どもたちの願いを叶えるために、浅川先生のアイディアが光ります☆
CIMG3360

「トング」の完成!
小さなLaQパーツも、本当に掴めるんだよ!!
CIMG3363

ほら、あっという間に2つも作っちゃったよ。
CIMG3364

パーツの扱い方が分かると、自分の発想を形にするために黙々と取り組む姿。
この瞬間、考えてつなげては、また新たな工夫が思いついているのです。
CIMG3369 CIMG3376

途中、浅川先生の作品で遊ばせてもらいました。
どうやったら作れるの?
中身、どうなってるの?
CIMG3379 CIMG3380

こちらでは、自分の名前をLaQで作りたいと相談。
浅川先生によると、作るのが難しい文字とのこと。
それでも諦めずに、最後まで完成させることができました☆
CIMG3386

今回、子どもたちが自由な発想で作り上げた作品をご紹介します。
CIMG3393 CIMG3396 CIMG3397 CIMG3406 CIMG3407 CIMG3408

時には浅川先生の作品を装着してみたり…。
作るだけでなく、ワクワク楽しい時間も盛り沢山♪
CIMG3398

さぁ、最後にみんなで記念写真を!
(浅川先生のメガネ姿がおもしろすぎて、何度 呼びかけてもこっちを向いてくれず…)
CIMG3400

今回も楽しかったね☆
やっと見せてくれた笑顔で、ハイチーズ!
CIMG3401

【幼稚部】スペシャルプログラム『自分の街を電車が走る!Nゲージ①』

電車好きに大人気のNゲージ。
“モロさん” こと、諸星 昭弘 先生と一緒に、ミニチュアの街づくりに挑戦!
今回のテーマは、「秋のキャンプ場」です。
CIMG3273

まずは、キャンプ場の必須アイテム「たき火」。
LEDの小さなライトに直接 色塗りして、それぞれの色味をプラス。
CIMG3275 CIMG3277 CIMG3278 CIMG3282

ボードのどの場所にたき火を置くか、LEDライトの形を鉛筆で取ります。
CIMG3284 CIMG3286

モロさんの秘密アイテムで、ポコンと穴を空けてもらいました。
空いたら覗きたくなるよね~。
CIMG3288

穴にLEDライトを埋めたら、テントや木を自由に配置。
CIMG3292 CIMG3295

参加してくれた子どもたちの手先が器用なので、急遽 予定になかった「池」も作ることにしました。
どれくらいの大きさにしようかな…。
CIMG3298

おおよそパーツの配置が済んだら、ボンドで石を貼り付けていこう。
池の周りに置けば、本物みたい!
CIMG3302 CIMG3304

大きいサイズのボンドも扱いが上手。
CIMG3306 CIMG3307 CIMG3309 CIMG3310 CIMG3311 CIMG3316 CIMG3319 CIMG3320 CIMG3321

次に水で溶いたボンドを薄く塗って、砂や草を置いてみよう。
作業が進むたびに、本物の街に近づいてきました。
CIMG3322 CIMG3326 CIMG3331 CIMG3332 CIMG3333 CIMG3337

電車好きな子どもたちにとっては、あっという間の1時間。
自分の理想が形になる、小さなNゲージの世界は、魅力満載☆
今回作業したところが しっかり定着するまで、一度お預かり。
続きはまた来週!
CIMG3338

【幼稚部】11月12日~11月16日 おやつメニュー

11月12日(月)
ミレービスケット、アンパンマンのミニスナック、ファミリーチョコレート

11月13日(火)
杵つきみたらし団子、たまねぎ おかき

11月14日(水)
りんごジャムサンドクッキー、ミニ スイートクロワッサン、るんるんスティックゼリー

11月15日(木)
低糖チチヤスヨーグルト、なぞなぞふがし、ポップコーン

11月16日(金)
丸ぼうろ、ハイハイン

【幼稚部】スペシャルプログラム『大漁☆魚釣り大会!』

スタッフの手の中には、たくさんの魚がいます。
どんな種類がいるか子どもたちに紹介しようとすると、ビクビクッ!!と身を動かして、手の中から逃げそうな勢い。
子どもたちも、ちょっぴりドキドキ…。
CIMG3104

年長さんが、一緒の机で活動する年中さんと年少さんを誘ってくれています。
「一緒にやろう」
名前を呼ばれて目を合わせると、ちょっぴり照れくさいけれど、と~ってもうれしい☆
CIMG3115 CIMG3116 CIMG3128

たくさんの魚の中から、一人3匹選んで、デザイン スタート!
CIMG3135

お友だちの素敵なデザインに目を奪われちゃうね。
CIMG3137 CIMG3149 CIMG3152

カラフルな魚たちが増えてきたよ。
CIMG3154 CIMG3159

遊戯室に、広い海が出現!!
魚より先に海を泳ぐ子どもたちは、待ちきれない様子。CIMG3161

橋を渡して、みんなで作ったカラフルな魚を放流。
CIMG3169 CIMG3170

海に落ちないように気を付けて、釣竿をそっと垂らしてみよう。
見守る子どもたちの真剣な表情☆
CIMG3171

一人一本ずつ 釣竿をもらったら、漁のスタート!
CIMG3177

自分の魚は釣れるかな?
CIMG3181 CIMG3183

おぉ!大漁!!
CIMG3201 CIMG3202 CIMG3221 CIMG3223 CIMG3227

たくさんのお友だちが参加してくれたので、タイトル通り「大漁☆魚釣り大会!」となりました☆

【幼稚部】スペシャルプログラム『避難訓練』『とっておきの日!』

午前保育のこの日。
入室するなり、「スペシャルは、いつやるの?」「避難訓練やるの?」と、スタッフに質問攻めの子どもたち。
良い天気だから、ひとまずに外遊びへ行くよ~!と、32名全員で出発。
園庭のあちこちでさまざまな遊びが展開されている中、スタッフが持つトランシーバーに連絡が入りました。
CIMG2921

「園舎内で火災が発生した模様。状況確認中。子どもの安全を確保してください。」
その一報を受けたスタッフたちが、園庭で遊ぶ子どもたちを集め、避難訓練が始まりました。
CIMG2926

「本当に火事なの?」
「避難訓練だよね?」
突然の出来事に、子どもたちの心は緊張に満ちていました。
そんな中でも「火事」という言葉を耳にして、ハンカチで口元を押さえる子、次の指示を聞くためにスタッフをじっと見つめる子とさまざまです。
スタッフも、子どもの安全確保を第一に考え、その時 何をすべきか互いに声を掛けあい、真剣に取り組みました。
何も起こらないことが一番ですが、もしも起きてしまった時、経験があると少し気持ちに余裕ができますよね。
備えあれば憂いなし。
CIMG2927

この日は、スペシャルプログラム2本立て。
「とっておきの日!」と題して、みんなで遊ぼう企画です。
CIMG2933 CIMG2937

昔からうたいつがれている伝承童謡「わらべうた」は、歌詞の中に日本の行事や風習がちりばめられています。
日本語のリズミカルな響きで笑顔が広がると、みんなの心がつながり、大人もうれしい瞬間です。
CIMG2948 CIMG2954

指あそびから始まり、唱えごとあそびへと続きます。
もちろん初めて耳にした「うた」ばかり。
何をするかは分からなくても、うたに合わせて指を動かし、見よう見真似であそびがつながっていく不思議で楽しい時間。
CIMG2963 CIMG2966 CIMG2968CIMG2976 CIMG2978

二人あそびでは、手合わせじゃんけん。
「おちゃらか ほい」
お友だちと目を合わせ、息を合わせ、手を合わせる…これが なかなか難しい。
手のひらは、上向き?下向き?
じゃんけんに勝ったのに、固まっている姿も。
CIMG2979 CIMG2982 CIMG2983 CIMG2984 CIMG2989

次は学年ごとに分かれて、「おせんべ やけたかな」
大人数でやると、いつ自分の「おせんべ」が選ばれるのか分からなくて、ドキドキ!
手を触れられることがうれしくて、思わず笑っちゃうね☆
CIMG2994 CIMG2997 CIMG2998

今度は全員で大きな円になって、「からす かずのこ」
円の周りを、うたに合わせて歩く鬼たち。
うたの最後で、鬼の一番近くにいる子がおしりをタッチされたら、鬼の仲間入り。
CIMG3009 CIMG3012CIMG3010

どんどん長くなる 鬼の行列。
最後まで残ったのは、スタッフでした~。
CIMG3022 CIMG3026

遊戯室の中央に大きな丸いシート。
パラバルーンに挑戦です。
CIMG3029

正しい握り方を教えてもらい、さまざまな形を みんなで作り出します。
CIMG3031

短時間にもかかわらず、「布団」「テーブル」「メリーゴーランド」「波」「洗濯」「きのこ」「家」「お風呂」の技を覚え、みんなで協力して作る楽しさを体感しました。
CIMG3035 CIMG3043

最後はみんなで手をつなぎ、大きな円に。
こうすると、全員の顔がよく見えます。
一人ずつ、みんなに自分の名前を呼んでもらい、とってもうれしそう☆
年少も、年中も、年長も関係なく、みんなが友だち。
「あそび」を通して人とつながり、自分を大切に思える、あたたかな心が育ってくれることを願っています。

またいつか、「とっておきの日!」があると良いね☆
CIMG3085 CIMG3090 CIMG3094 CIMG3102

【幼稚部】スペシャルプログラム『SDGsで世界を変えよう! ~リサイクルを学ぼう!~』

「捨てるという概念を捨てよう」をコンセプトに掲げて活動されるグローバル企業 テラサイクルより、照屋 枝里子先生をお迎えして、『SDGsで世界を変えよう! ~リサイクルを学ぼう!~』を行いました。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは国連が提唱した、世界が持続的に発展していくための17個の国際目標の総称です。
定められた目標は「貧困をなくそう」や「質の高い教育をみんなに」など、どれも大切なことばかり。
2015年に日本含む193の国連加盟国によって採択をされ、2030年までの目標達成を目指して世界規模の行動が広がっています。
sdg_icon_18_ja

今回は、子どもたちが自分事として捉えられるよう、身近な目標に着目しました。
「つくる責任、つかう責任」
sdg_icon_12_ja

いつもと違うプログラムの雰囲気に、「何が始まるんだろう?」と子どもたちは、ちょっぴりドキドキした表情。
CIMG2886

スライドショーを見ながら、地球規模で起きている環境問題のお話に耳を傾けます。
海に捨てられたプラスチックが、魚やウミガメの生活環境に大きな影響を与えていることを知った子どもたち。
生き物が大好きな子どもたちにとって、心が痛む瞬間です。
CIMG2890

プラスチックの害を少なくするために、さまざまなリサイクル方法があります。
そのうちの一つ。
使用済みのプラスチック製品で作られたポーチを見て、「かわいい!」と驚きの瞬間。
CIMG2907

「これはハブラシをリサイクルして作ったものだけれど、何か分かるかな?」という先生の問いかけに、柔軟な発想が広がります。
『お皿!』
『たいこ?』

正解は…フリスビーでした。
CIMG2902

知りたいと感じた時の子どもたちは、大人も驚くような疑問を投げかけてきます。
『本当にハブラシでできてるの?どうやって作るの?』
本当は秘密なんだけど…と前置きをしながら、「プラスチックの赤ちゃん(プラスチックの粒)」を見せてくださいました。
CIMG2901

子どもたちの身近なものを通して、たくさんのことを教えてくださった照屋先生から「ハブラシリサイクル」協力の呼びかけがありました。
リサイクルに取り組むことで、自分たちに何ができるかを考えるきっかけになればと思います。
CIMG2903

参加してくれた子どもたちと一緒に「ハブラシ回収BOX」を作りました。
img_20181211_200551

集めたハブラシは、照屋先生へお送りして植木鉢などのリサイクル製品に生まれ変わる予定です。
■回収可能なハブラシは?
すべてのメーカーの家庭用ハブラシが対象です。

■受入れ不可能なハブラシは?
・電動ハブラシの本体・付け替えブラシ
・天然毛(豚毛、軟毛など)
・歯間ブラシ
・使い捨てハブラシ(業務用ハブラシ)

■掃除に使用した汚れたハブラシは?
軽く洗ってください。掃除に使用されたものも回収いたします。

ご家庭で不要になったハブラシがありましたら、回収にご協力お願いいたします。

【小学部】12月7日スペシャルプログラム「折り紙」

今回は12月7日(金)に行われましたスペシャルプログラム「折り紙」の様子をお伝えします。

講師の先生として折り紙プログラムではお馴染みの高階幹夫さんにお越しいただきました。

12月の大イベントといえばクリスマス!ということで今回はトナカイとサンタクロースを折ることになりました。

好きな色の折り紙を選んだら早速作っていきます。

CIMG8717

最初は簡単ですが、だんだん難しくなってくると「どうやるの?教えて!」や「僕の折り方で合ってる?」という言葉が多くなってくる子どもたち。

しかし、先生は手伝うことはせず「先生の折り方をよく見てごらん」と呼びかけ、自分の力で折るように促します。

先生の折る様子をじっくりと見つめる子どもたち…、その眼差しは真剣そのもの。

CIMG8718

マジックペンで目を描き、折り紙で作った赤い鼻を貼りつけたら、素敵なトナカイの完成です!

CIMG8722

続いてサンタクロースを折っていきます。

上手にできるかな?

CIMG8725

出来上がった作品と一緒に満面の笑顔!素敵な作品ができてよかったね☆

CIMG8731

講師の高階さん、今回も素敵なプログラムをありがとうございました。

次回のプログラムをどうぞお楽しみに☆

【小学部】12月4日スペシャルプログラム「けん玉」

今回は12月4日(火)に行われましたスペシャルプログラム「けん玉」の様子をお伝えいたします。

講師の先生として昔遊びプログラムではお馴染みの中村茂樹さんにお越しいただきました。

子どもたちはプログラムが始まる前から、「今日はどんな技を教えてもらえるのだろう…?」とわくわくしている様子でした。

先生にご挨拶したら早速プログラムのスタートです。

しっかり準備体操をしたら、「たこ焼き」と「ドジョウすくい」で幼稚部の子どもたちと対戦します。

CIMG8599 CIMG8598

さてどちらが勝つのでしょう?

僅差で小学部の子どもたちの負け、残念…!

しかし、悔しがりながらも楽しそうな様子の子どもたちでした。

勝負の後は先生から「ユニコーン」・「スクリュー」等たくさんの面白い技を教えてもらいました。

「上手くできたよ!」とカメラの前で披露してくれる子どもたちの表情はどこか得意げです☆

CIMG8609 2

1

「聖火リレー」では、みんなで輪になって玉を落とさないように次々隣の子へ渡していきます。

無事一周した時には歓声が上がりました!

CIMG8619

プログラムが終わった後も、教わった技をお友だちやスタッフに披露する子もおりました。

練習を積み重ねることでどんどん上達していくけん玉の楽しさに改めて気づいたのかなと思います。

講師の中村茂樹さん、今回も楽しいプログラムをありがとうございました。

次回のプログラムもどうぞお楽しみに☆

【小学部】12月3日~12月21日 おやつメニュー

12月3日(月)
石窯で焼いた玄米ロール、チーズおかき、すりおろしりんごゼリー

12月4日(火)
九州黒棒、セレクトせんべい、わいわいスティックゼリー

12月5日(水)
国産ももゼリー、じゃがビーうすしお味、ガーナミルク

12月6日(木)
ベビースターラーメン丸チキン味、ハリボーミニハッピーコーラ、セレクトゼリー

12月7日(金)
ごまだんご、クリームコロン、セレクト小魚

12月10日(月)
乳酸ドリンク、長崎カステラ、国産果汁のもっちりゼリー

12月11日(火)
和菓子バラエティーパック、ぽりぽり小魚、セレクトパックジュース

12月12日(水)
草大福、かぶきあげ、るんるんスティックゼリー

12月13日(木)
田舎のおかき、しんこ餅、マシュマロ

12月14日(金)
おまんじゅう、ピュレグミ、セレクトパックジュース

12月17日(月)
ポケグミ、瓦せんべい、パーティーポテコ

12月18日(火)
雪の宿、パックンチョ、カマンベールチーズおかき

12月19日(水)
生八つ橋イチゴ、国産果汁100%フルーツゼリー、えびせんべい

12月20日(木)
セレクトチョコ、セレクトおせんべい、セレクトパックジュース

12月21日(金)
閉室

 

【小学部】11月29日スペシャルプログラム「お花のプロに学ぶ はじめての生け花」

本日のスペシャルプログラムは、草月流生け花の森垣珠里先生をお迎えして、「お花のプロに学ぶ はじめての生け花」を開催しました。クリスマスが近づいてきたので、イメージできるお花を先生が選んできてくださいました。草月流では、いつでもどこでもどんな花でもできるという特色があるそうです。初めにはさみの扱い方を教えていただきました。ポイントは三角点にまずサンゴミズキを生けて、次に真ん中にもみの木の枝をおき、その先はそれぞれのお好みでヒベリカム、ガーベラ、カスミソウを生けていきました。CIMG8561 CIMG8564 CIMG8565みんなとってもセンスがあって、素敵に仕上がりました。生けながら何度も離れて全体を眺めては、手直しを真剣にする姿もみられ、先生からお褒めの言葉をいただきました。CIMG8568 CIMG8569 CIMG8571 CIMG8573 CIMG8574

これからもお花に親しむ生活を送ってほしいです。

【小学部】11月21日スペシャルプログラム「ふわふわお好み焼き作り」

今回は11月21日(水)に行われましたスペシャルプログラム「ふわふわお好み焼き作り」の様子をお伝えします。

講師の先生として、お料理プログラムではお馴染みのながたよしえさんにお越しいただきました。

まずは卵を割ったり、キャベツを細かく包丁で刻んだりします。

上手にできるかな?

CIMG8489 CIMG8487 CIMG8486

今回はイカを入れたお好み焼きを作るということで、先生が本物のイカを丸々1匹持ってきてくださいました。

「イカの足は何本?」と先生が尋ねると、元気よく「10本!」と答える子どもたち。

「カラストンビ」 と呼ばれるイカの口の部分を実際に触ってみると、子どもたちからは「固い!」と驚いた表情で教えてくれました。

CIMG8493 CIMG8495

刻んだキャベツ・卵・小麦粉、そしてふわふわにするための秘訣であるとろろをボウルの中に入れて混ぜます。

同じグループのお友だちと協力しながらしっかり混ぜました。

CIMG8497 CIMG8499

生地ができたらホットプレートにのせて焼く作業に入ります。

みんなちゃんと出来上がるのか、ドキドキわくわくの様子。

CIMG8503

そして待つこと数分…、お好み焼きが焼きあがりました。

さて、お味はいかが?

CIMG8511 CIMG8513

「美味しい!」「ふわふわだ~!」と言いながら楽しく食べる子どもたち。

美味しすぎて何回もおかわりをお願いしに行く子どももおりました。

みんなの表情からも美味しかったことが伝わってきますね。

講師のながた先生、今回もすてきなプログラムをありがとうございました。

次回のプログラムもどうぞお楽しみに☆

【小学部】11月20日スペシャルプログラム「LaQ博士とメガネ作り」

今回は、11月20日(火)に行われましたスペシャルプログラム「LaQ博士とメガネ作り」の様子をお伝えします。

講師の先生として浅川直樹さんにお越しいただきました。

アフタースクールの自由遊びでも大人気のLaQということで、子どもたちはプログラムが始まる前からドキドキわくわくの様子でした。

先生にご挨拶したら、早速プログラムのスタートです!

まずはLaQを使って作った先生の作品を見せてもらいました。

「すごーい!」「こうやって動くんだ!」と子どもたちは大はしゃぎ☆

1 2

これから取り組むメガネ作りに胸が高まります。

そしていよいよメガネ作りに取り組みます。

「お父さんがいつもかけている黒いメガネを真似して作る!」「難しそうだけど鼻メガネ作ってみる!」と、それぞれ楽しそうに取り組んでいました。

CIMG8460 CIMG8461

完成したLaQメガネを実際にかけて、はいチーズ!

CIMG8472 CIMG8473 CIMG8474 CIMG8471

こんなに素敵な作品ができました。

CIMG8480

講師の相川さん、今回も楽しいプログラムをありがとうございました。

次回のプログラムもどうぞお楽しみに☆

【小学部】11月15日スペシャルプログラム「三線に触れてみよう!」

本日のスペシャルプログラムは、「三線に触れてみよう」を開催しました。一人ずつ三線を弾いてて、「海の声」を練習しました。CIMG8434

みんな丁寧に一音一音を弾いて集中して練習し、歌いながら「海の声」の前半を弾けるようになりました。

通りかかった学校の先生も微笑ましく子供たちの奏でる三線に耳を傾けてくださいました。

CIMG8440

【小学部】11月14日スペシャルプログラム「SDGsで未来を変えよう!ハブラシ回収プログラム」

本日のスペシャルプログラムは、テラサイクルから先生をお招きして、「捨てるという概念を捨てる」という理念のもと、ハブラシの回収という身近な題材を通じて、地球規模の問題に目を向ける視点を養うプログラムを開催しました。CIMG8425

スクリーンに映し出された海のあたりの色が濃くなっている世界地図を見て、これは何を表しているかな?との質問に「魚!」と答えると。これは「海に浮いているプラスチックゴミです。」と先生が教えてくれました。あと20年後には魚の数より、海に浮いているプラスチックゴミの方が多くなると聞いてみんなびっくりです。

CIMG8427

みんなが使った歯ブラシが回収されたあと、どようにリサイクルされるか、プラスチックの元となるペレットを見て触れながら学びました。

CIMG8428

自分たちができる環境に良い生活を考えてみようという先生の質問に「物を大切に使う。」「捨てずに人にあげる」「壊れたら直して使う」などみんな、自分で考えた環境によい生活をたくさん答えていました。

環境問題、リサイクルについて学んだあとは、たくさんの人に環境について考えてもらえるように、リサイクルを訴えるシンボルマークをデザインしました。

CIMG8429 CIMG8430

最後に、ひとりひとりシンボルに込めた意味や思いを発表し、環境についてしっかりと考える1時間となりました。

SDG

【幼稚部】スペシャルプログラム『けん玉・めんこ』

昔ながらのあそびを体験できる 幼小合同のスペシャルプログラム「けん玉・めんこ」は、いつも賑やか。
シゲさんお手製の「ビー玉コロコロレース」が大人気です。
CIMG2840

楽しんだあとは、けん玉に集中!
簡単そうに見えて難しい「おとしだま」。
高い位置から玉を落として、剣先に入れる技です。
CIMG2844

技が一つできたら、次の級に挑戦。
出来た瞬間、シバさんに「見て!見て!!」と披露して、満足気。
一緒に「出来た!」を喜んでもらえることが、何よりうれしい瞬間だね☆
CIMG2856

剣どこかに玉を乗せる技に挑戦中。
丸い玉がピタリと乗るポイントがあるのだけれど、そこを見つけるのが難しい…。
見つけられた時の笑顔は、達成感に満ちています。
CIMG2860

毎回 参加している子は、どんどん上の級に挑戦。
手だけでなく、全身を使って玉を引き上げて皿に乗せることは、大人でもコツを掴むまで難しいのです。
子どもたちの集中力はすばらしい!
CIMG2861

けん玉の楽しみ方は、一つだけではありません。
手に取ることで、何通りもの遊び方が広がり、子どもたちが興味を示すものも、人それぞれ。
技術習得だけでなく、人とつながり、遊びを体感することが、一番の楽しみなのだと感じます。
CIMG2869

来月も、いろんな技に挑戦しようね!
CIMG2878

【幼稚部】スペシャルプログラム『おりがみ』

リピーターが多い、高階先生のおりがみプログラム。
まずは「きつね」に挑戦です。
CIMG2782

高階先生のお話に耳を傾け、手元をよく見ること。
おりがみの角をぴったり合わせて丁寧に。
子どもたちが難しいと感じるポイントを見極め、「左手で押さえる場所」を的確に教えてくださいます。
手の使い方一つで、一気にスキルアップ☆
CIMG2784 CIMG2785

指先を使って折り紙を開いたら、きつねの顔部分があらわれました。
ピンと立った尻尾を折って完成!
最後に、マジックで目と鼻を描き、表情豊かなきつねさんが出来ました。
CIMG2787

「もう一つ折ってみる?」
『折ってみたい!!』
やりたい!と感じた時が、伸びる瞬間です。
1枚目とは違う色を選び、教えていただいた折り方を思い出しながら折り進めます。
途中 分からなくなったときは、折り方を覚えているお友だちに聞いてみよう。
人に教えてあげることで、自分の理解も深まり、もっと上手になるよ!
CIMG2796

きつねの顔を反対に折ることで、向き合ったきつねができることも教えていただきました。
CIMG2793

きつねが完成したので、もう1種類!
秋が深まる季節にぴったりの「栗」に挑戦です。
CIMG2798 CIMG2804 CIMG2807

完成した きつねと栗を手に、記念撮影☆
来月もお楽しみに!
CIMG2812 CIMG2815

【幼稚部】スペシャルプログラム『プログラミングに挑戦☆第二弾②』

入室と同時に、セッティング中の愉可里先生を見つけて、
「こんにちは! 今日、私(僕)プログラミングだよ!」と、1週間ぶりの再会を喜ぶ子どもたち。
楽しいことを教えてくださる先生が大好きです☆

まずは、前回のおさらいから。
タブレットの中に、お星さまを入れて動かしてみよう!CIMG2705

「不思議なめがね」の使い方もバッチリです!
CIMG2708 CIMG2709 CIMG2712 CIMG2713 CIMG2714 CIMG2719 CIMG2720

次は「黄色の星」と、「ピンクの星」が交互に点滅する方法に挑戦です。
CIMG2725 CIMG2726

キラキラ点滅しているのが楽しくて、お星さまで画面い~っぱい☆
CIMG2729 CIMG2731 CIMG2732 CIMG2734 CIMG2736

更にレベルアップ!
原っぱがあります。この草の下に何かが隠れているみたい。
CIMG2738

そこに隠れているのは何かな…。
自分で描いてみよう。
CIMG2739

愉可里先生は、何を描くのかな?
CIMG2740

草むらをタッチしたら、テントウムシが出てきた!!
CIMG2741

みんなの原っぱには、何が隠れているんだろう?
それぞれの閃きで、自由に描いてみよう!
CIMG2745 CIMG2750

描いたものを「不思議なめがね」に入れて、草むらをタッチすると…
CIMG2753 CIMG2754 CIMG2757 CIMG2758 CIMG2760 CIMG2765

カブトムシが出現!
CIMG2769

更にたくさんの「不思議なめがね」を使って、レベルアップ。
草むらをタッチすると、描いたものが出現して、逃げだした!
子どもたちは、いとも簡単に「不思議なめがね」を操り、楽しい世界を作り出してくれました。
CIMG2775 CIMG2779

最後に、他のお友だちが作った作品で遊び、プログラミング終了となりました。
まだまだ時間が足りないくらい没頭していた子どもたち。
また、愉可里先生に来ていただけたらいいね!!
CIMG2780