カテゴリー別アーカイブ: アフタースクールの様子

【幼稚部】今日は何してあそぶ?

お天気に恵まれた日々。
時間が許す限り、おもいきり外遊びができるのは、何より楽しい時間です。
CIMG7224

小さな実を集めたよ。
CIMG7225

年少さんになったばかりの頃は掴めなかったアスレチックのロープも、ほら この通り☆
まだ1年も経っていないのに、子どもたちの成長は早い!
CIMG7228

ひなたぼっこ中ですか?
CIMG7231

かき氷をどうぞ!おいしいですか?
「冷たくて、頭がキーンとします…」CIMG7234

よしっ!お宝を見つけたぞ!
「これも持っていって~!」
CIMG7235

やさしく揺らしてね。
CIMG7242

午前保育の日には、みんなでお弁当も食べました。
P3190152 P3190153 P3190154 P3190155 P3190156

夕方のお迎えが来る時間まで、室内遊びも楽しいね♪
P3220282 P3220283 P3220287

子どもたちとスタッフの笑顔がいっぱい…年度末のアフタースクールは、毎日 賑やかです☆

【幼稚部】スペシャルプログラム『おわかれ会 ~ありがとう!だいすき!さようなら!編~』

満員御礼だった「さくら かふぇ」も、無事に閉店。
子どもたち 全員集まって、みんなでアフタースクールでの思い出を振り返りました。
「どんなことがあった? 何が一番楽しかった?」
P3150152

まずは年長さんから。
この3年間、毎日来た子もいれば、特定の曜日だけ来た子、スペシャルプログラムに参加するために来た子と、利用方法はさまざまです。
子どもたちの心に何が残っているのか、耳を傾けるスタッフも、さまざまなシーンを思い出しながら聞き入っていました。
P3150158 P3150162 P3150165

いつも、どんな時も、やさしく教えてくれた年長さん。
年齢関係なく、仲間に入れてくれて、魅力的な遊びを引っ張っていってくれた年長さんに、年少さん・年中さんから、「ありがとうカード」のプレゼント☆
P3150168 P3150169

思いがけないプレゼントに、喜びを隠しながら『ありがとう…』と受け取っていました。
お互いに照れくさそうな表情が、とっても微笑ましい。
P3150170

次は、みんなでゲームタイム!
【アフタースクールの思い出!ハイチーズ☆】です。
年長さんが、楽しかった思い出をジェスチャーで演じます。
年少さん・年中さん、当てられるかな?
P3150171 P3150175 P3150179

勢いよく手を挙げて、答えますが…
P3150191

『ブー!違いま~す!』
なかなか、当たりません…。
P3150196 P3150199 P3150200 P3150201

答えが出るまで、何度も精一杯 演じてくれた年長さん、ありがとう!
P3150205

次のゲームは、【ルーレット マイク】です。
各グループで丸くなり、スタートの合図と共に、マイクの頭と持ち手がそれぞれ逆方向に回されます。
誰かのところで、マイクの頭と持ち手が合体したら、そこでストップ!
当たった人は、アフタースクールでの思い出を語ろう♪
P3150213 P3150217 P3150225

それぞれのグループで大盛り上がり。
自分が話したいけれど、なんだかドキドキする!
急いでお隣さんへマイクを回しちゃおう!
子どもたちの笑顔がいっぱいの時間でした☆
P3150226

おわかれ会も終盤を迎えました。
アフタースクールでは、入室管理のために、ICカードを活用しています。
入退室のタイミングでICカードを通すことで、保護者の方へメールが配信されます。
このカードに使用しているのが、利用開始の頃に撮影した個人写真。
年少で利用し始めたころの、まだまだ幼い顔が継続して使われており、成長の証。
この写真を用いて、スタッフ手作りの想いを込めたペンダントをプレゼントしました。
P3150251

一人ずつ呼ばれて贈呈式。
「いっぱい遊びに来てくれてありがとう。1年生になっても、がんばってね。」
全スタッフの気持ちがこもっています。
P3150260

ペンダントを胸にすると、もう少ししたら卒園なんだな…そんな空気が流れていました。
P3150276

年長さんは幼稚部アフタースクールから卒園するけれど、残る年少さん・年中さんに何を伝えたい?
最後のメッセ―ジを、みんなで考えて決めました。
『新しく入る小さなお友だちに、やさしくしてあげてね。1年生になっても、がんばります!』
P3150288

年少さん・年中さんも、年長さんへ向けて伝えたいメッセージが決まった様子。
『今までいっぱいやさしくしてくれてありがとう。1年生になっても頑張ってください。』
P3150297 P3150301

そして、年長さんから この3月で異動が決まったスタッフへのサプライズ!
P3150318

スタッフ全員、笑顔で送り出そうと決めて迎えた「おわかれ会」でしたが、このサプライズに負けました。
P3150323

それでもやっぱり最後は、最高の笑顔で☆
そつえん おめでとう!!
P3150378

卒園までの3年間、アフタースクールで撮り溜めた写真を編集して、動画を作成しました。
スクリーンで見る予定が、PC故障により うまく起動せず、なくなく断念。
みんなで見ることはできませんでしたが、ご参加いただいた子どもたちへ、後日 限定公開とさせていただきました。
P3150386

「おわかれ会」というと少し寂しいけれど、予定を調整して参加してくれた59名の子どもたちと、とても楽しい時間を過ごすことができました。
子どもたちよりも、スタッフの方が楽しんでいたかもしれませんね。

幼稚部の卒園式まで もう少し期間がありますが、この3年間の感謝と共に、1年生になってもスタッフ一同、フルパワーで応援しています☆
たくさんの笑顔をありがとう!

【幼稚部】スペシャルプログラム『おわかれ会 ~さくらかふぇ オープン編~』

桐蔭学園 幼稚部は、2016年度から3学年体制が始まりました。
その時に初めての年少として入園した子どもたちが、3月に卒園を迎えます。
入園当初から、たくさんの子どもたちが利用してくれた学年でもあり、送り出す私たちスタッフにとっても、感慨深い年度末となりました。

普段は、内容によって定員を設けることが多いスペシャルプログラムですが、「おわかれ会」は定員なし!
いろいろなことをやさしく教えてくれた年長さんと、楽しい時間を過ごしてほしいと、年少さん・年中さんも、できるだけたくさん遊びに来てほしい!
そんな想いで「おわかれ会」当日を迎えました。
P3150007

入室の時から、どこか浮き足立っているソワソワ感。
それも そのはず。
この日は、2015年の開校には想像もできなかった利用者数。
【59名】の子どもたちが遊びに来てくれたのです☆
P3150055 P3150001 P3150002 P3150003 P3150004

予定があり 途中で退室する子もいたので、まずは全員で記念撮影☆
P3150039

「おわかれ会」だからといって、スタッフが子どもたちを楽しませる会ではありません。
アフタースクールは、子どもたちが主役☆
だからこそ、自分たちで楽しもう!

今回は、年長さんのクラス名に ちなんで「さくら かふぇ」をオープンすることに決定☆
お客さまは、年少さん・年中さんです。
そうと決まれば、年長さんは 仕事が盛り沢山。
「さくら かふぇ」をオープンするには、迷っている時間などありません!
P3150075

まずは、大きなおりがみに描かれた線をハサミで切って、破れないように そっと広げます。
中央にシールを貼れば、「さくら」の完成です。
遊戯室内をデコレーション。

『どのへんが いいかなぁ…』
『隣りの桜と、少し離した方がいいよね!』
P3150080

こちらのチームは「さ」「く」「ら」「か」「ふ」「ぇ」の看板作り。
一文字ずつ、それぞれのアイディアが光る、素敵な看板ができました☆
CIMG7180 CIMG7181 CIMG7182

看板を作り終えると、キッチン(配膳)の下見。
ジュースの味や、ロールサンド種類の置き場を、しっかり確認しておかなくちゃね!
P3150063

ウェイター・ウェイトレス チームは、案内の仕方や、オーダーの取り方を みんなで確認。
年少さん・年中さんが来た時にもできるよう、スタッフがお客さま役になり、練習中です。

『いらっしゃいませ。こちらにお座りください。…えーっと、次は…。』
P3150089

そして重要な、レジチーム。
ジュース、ロールサンドは、それぞれ【100円】です。
お客さま(年少さん・年中さん)から、200円を支払ってもらったら、次も来てもらえるように【ポイントカード】にスタンプを押す仕事があります。
CIMG7186

どの順番でお話ししたらお会計がしやすいか、こちらもお客さま役のスタッフと練習中。
P3150082

そのお客さまたち(年少さん・年中さん)は、別室で【財布・ポイントカード・お金(200円)】を作成中。
全員完成したことをスタッフが確認して、いざ出発しようとしたところで、
『先生~!さっきまであったのに、100円がないよ~!』と、数名から声があがり、バタバタの出発。
CIMG7177 CIMG7175

その頃、準備が整った「さくら かふぇ」では、今か今かと お客さまのご利用を待ちわびている年長さんが待機中。
『上手にできるかな…。あ~!!ドキドキする~!!』
『もう一回、練習しようよ!』
一緒に待つスタッフからは【落ち着いて~!!】と、笑いがおきていました。
P3150098 P3150099 P3150101 CIMG7189 CIMG7168

お客さまが到着すると、一気に真剣な表情に変わるウェイター・ウェイトレスさん。
一人のウェイター・ウェイトレスさんに対して、お客さまは2人連れていってもらいます。
よく見ると、お客さま(年少さん・年中さん)も、ドキドキしている様子?
CIMG7193 P3150107

席に案内できたら、お客さまそれぞれのオーダーを取ります。
伝票にお客さまの名前を書いて、【りんごジュース、オレンジジュース】【いちごロール、ブルーベリーロール】のどちらかを選んでもらいます。
オーダーを間違えないように、よく確認しようね。
P3150109 P3150111 P3150117 CIMG7200 CIMG7201 CIMG7207

ウェイター・ウェイトレスは、お客さまから入ったオーダー表を、キッチンに渡して準備してもらいます。
『これと、これね…。OK!』
P3150093 P3150120 P3150121

「さくら かふぇ」は大賑わい♪
ウェイター・ウェイトレス、キッチンの店員さんたちは、大忙し!
P3150125

スタッフがお客さまにインタビュー。
「お味はいかがですか?」
『とっても美味しいです!おかわりしたいくらい!!!』
CIMG7211 CIMG7212 CIMG7215

食べ終えたお客さまが、お財布を手に、順番にレジに向かいます。
P3150129

練習の成果がしっかり発揮されていて、一人ひとりに 丁寧に声を掛けていました。
『200円です。(お金をもらって)ありがとうございます。ポイントカードはありますか?(スタンプを押して)ありがとうございました!』

長蛇の列が出来ていたレジですが、お客さまも「さくら かふぇ」の人気ぶりをご理解くださり、誰一人 列を乱すことなく、最後までお待ちくださいました。
何より、全員のお会計をミスなく、済ませてくれたレジ係2人の働きが素晴らしかったです☆
P3150130

「さくら かふぇ」で仕事を終えた店員さん(年長さん)全員集合!
それぞれのお仕事を労いながら、みんなで賄い(おやつ)の時間です。
大きな声で『お疲れさまでした!いただきます!!』
P3150134 P3150136 P3150142 P3150144 P3150145 P3150149

皆さんにもご利用いただきたい「さくら かふぇ」ですが、一日限りのオープンで、無事 閉店となりました☆

~おわかれ会は、まだまだ 続きます~

【幼稚部】大掃除でピカピカ大作戦!

園行事や、長期休み中は閉室でも、ほぼ毎日 開室しているアフタースクール。
子どもたちが楽しい放課後を過ごせるようにと、学園から園舎施設や、おもちゃをお借りして運営しています。
アフタースクールの備品も、毎日 不足・不便なく使えるよう、整備も重要です。

おやつを食べたり、工作をする長机は、よく見るとマジックの跡が残っていたり…。
工作備品が入っている棚の中は、もう使えない紙が入っていることも。
そろそろ2018年度も終わりに近づいたこの日。
子どもたちの力を借りて、大掃除を行いました。
P3130014

力持ちの子どもたちは、協力して広い場所へ机を運びます。
P3130015

棚の中は、それぞれ子どもたちに任せて、綺麗に整理整頓・拭き上げを任せました。
P3130016 P3130017 P3130019

「先生~!短すぎる鉛筆が、中に入っちゃった~!」
いっぱい使ったってことだね☆
P3130020

机 担当の子どもたちは、机上だけでなく、裏の埃も見逃しません。
P3130026

倒れないように支えながら、よく見て綺麗に拭きあげてくれました☆
P3130027 P3130029

いっぱい使って破けた箱は、修理しよう。
P3130031

お名前カードが置いてある机に気付いて、拭き上げにきてくれて ありがとう!
P3130040

遊戯室 お掃除隊
「僕は、〇〇を掃除しました!」
「私は、〇〇を綺麗にしました!」
それぞれのがんばりを受け止めて、みんなで「ありがとう☆」の瞬間です。
子どもたちの表情が凛々しく見えるのは、気のせいでしょうか?
P3130047

こちらは、ホール お掃除隊。
おもちゃがいっぱいあって、どこから手を付けたら良いか、悩み中です。
P3130011

「私、これやるね!」
「僕も手伝うよ!」
さすが、年長さん。頼りになります!!
P3130032 P3130035 P3130044 P3130051

遊戯室 お掃除隊が先に終わって、外遊びへ向かう姿を見ても、途中で投げ出すことなく、遊びに脱線することもなく、最後までたくさんのおもちゃや、備品を綺麗にお掃除してくれました。
物を大切にする気持ちが 伝わってきた、うれしい時間となりました。
P3130054

【幼稚部】スペシャルプログラム『どうぶつマスコット』

自分の力で 何かを作るのが大すきな子どもたち。
今回は、針と刺しゅう糸を手に「どうぶつマスコット」を作ります。
教えてくださるのは、小学部アフタースクールの定期プログラムでお世話になっている、トヨヒデ カンナ先生です。
P3140002

トヨヒデ先生が事前に準備してくださったカラフルなモチーフの中から 好みの色を選び、どの色の刺しゅう糸で目と鼻を作るか考えます。
P3140009

内側から針を出すのが難しく、よく見ないと 裏側まで針が刺さってしまう…。
「先生…どういうこと?」
諦めずに何度も挑戦し、一針ずつ縫い進めていく子どもたちは、みんな真剣です。
P3140011 P3140012 P3140014

早く終えた子は、お友だちにアドバイス。
お友だちに「出来てるね!」と言われると、何倍もうれしくて、ぐーんと自信につながります。
P3140016 P3140018 P3140020 P3140021 P3140023 P3140026

手を動かしながら、お友だちとのお喋りにも花が咲き、その空間にいるスタッフも、あたたかな時間にほっこり。
P3140027

素敵に完成した 自慢の動物マスコットを手に、はいチーズ☆
P3140031 P3140032 P3140035 P3140036 P3140038

【幼稚部】みんな大好き!アフタースクール☆

幼稚部では、卒園式の予行練習を終えた年長さん。
お別れの日が 一日、また一日と近づいてくるのが とても寂しく感じているのはスタッフだけなのかもしれません。
この笑顔を見れば、一目瞭然!
「放課後行きたい場所 No.1」を目標に掲げて運営している私たちにとって、何よりもうれしい最高の笑顔でいっぱいです。
P3070008

おやつも賑やか!
あまりの大人数に喜びを隠せないスタッフから「こっち 向いて~!」とリクエストされた子どもたち。おやつの邪魔をして、ごめんね。
P3140040CIMG6959 CIMG6979

外でも、室内でも、子どもたちの笑顔でいっぱい☆
CIMG7111 CIMG7117

やぐらの下や…
CIMG7119

アスレチックの下でも…
CIMG7121

子どもたちにとっては、遊び慣れた幼稚園の大すきな遊び場♪
CIMG7123 P3130073 P3130078 P3130082

泣いたり、笑ったり、怒ったり…。
自分の気持ちを素直に出せる、場所が続きますように☆
P3140089 P3140091

【幼稚部】スペシャルプログラム『スポーツチャンバラ』

体操服に着替え、この日 挑戦するのは「スポーツチャンバラ」です。
日本スポーツチャンバラ協会より、伊藤 紀也 先生にお越しいただきました。

出逢った瞬間、伊藤先生の機敏な身のこなしに惹きつけられ、あっという間に虜に…。
「今日のスポーツチャンバラをがんばると、みんなピカピカ光って力が湧いてくるよ~!」と、伊藤先生からの声掛けで、スタート!
P3130085 P3130087 P3130088

まずは、2列でランニング。
先生の声に合わせて、「GO!GO!」と大きな声が 遊戯室に響きます。
P3130096 P3130101

途中で、小さく身を隠す技や…
P3130106

背筋を伸ばして 集中する瞬間。
まるで忍者の修行のよう。
P3130111

お尻をあげて、腕と足の力で歩けるかな。
P3130126 P3130127 P3130129

途中でコテンと転がり、思わず笑っちゃう瞬間も☆
P3130130 P3130131

体があたたまったところで、次々とポーズを変えて体幹を鍛えます。
ツルのポーズ。一本足でフラフラせずに立てるか。
姿勢の良くなる おすもうさんポーズ。しっかり足を開いてしゃがめるか。
横ヒコーキのポーズ。バランスを取りながら、キープできるか。
普段 なかなかしないポーズは難しいようで、一番子どもたちが難しかったのは「おすもうさんポーズ」でした。
しゃがんで体勢をキープするのは、体幹が大事なようです。
P3130135 P3130139 P3130141 P3130155

体の使い方を学ぶために、一人ずつマットの上で投げてもらおう。
P3130169

両手を掴まれ、投げられる動きに身を任せると、みんなコロリン…。
P3130176

「きゃ~!」と言いつつ、みんな大笑い。
P3130180

体を柔らかくしたり、小さくして転がることが体得できると、怪我をしにくくなるよ。
P3130183

いよいよ、「こだち」を手に持ちます。
お箸を持つ方の手に こだち を持って、反対側の腰のあたりに構えます。
P3130184 P3130188 P3130191 P3130197

先生のミットに向けて、おもいきり「やぁ!!」と、こだちを振り下ろすと「パーン!!」と、良い音が遊戯室に響きます。
P3130207 P3130229

後半は、面をかぶってスポーツチャンバラ開始。
P3130249

相手の攻撃を避ける方法を教えてもらい、互いに打ち合います。
しかし…。
みんな お友だちにはとてもやさしく、「ぽん」と小さな音。
初回の今回は、なかなか「パーン!!」と良い音が響くことはありませんでしたが、とても満足気な表情があちこちで見られました。
P3130252 P3130255

おもいきり体を動かした後は、しっかりご挨拶。
正座をして、膝の前で両手を三角に。「ありがとうございました!!!」
P3130273 P3130275 P3130278

あっという間の1時間。
とっても楽しかったようで「先生、明日もやろうね!」と子どもたちからお誘いを受けた伊藤先生。
『明日か…』と、思わず苦笑いの瞬間でした。

【幼稚部】スペシャルプログラム『おはなし』

3月は天気に恵まれ、おもいきり外遊びを楽しめる日が多くありました。
卒園を前に、通常よりたくさんの年長さんが遊びにきてくれることもあり、毎日 にぎやかです。
CIMG7003 CIMG7031 CIMG7029 CIMG7028 CIMG7027 CIMG7024 CIMG7017 CIMG7013 CIMG7007 CIMG7005

小阪 先生の「おはなし」は、月に1回の夕方のお楽しみ。
「ぽとん ぽとんはなんのおと?」の絵本では、冬の終わりから、春の訪れの情景を見て、想像しながら話を聴きます。
P3120203 P3120199

「おにぎり」は、いくつになっても魅力的な食べ物。
作り方を覚えて、自分の手を動かしておにぎりを作るのも楽しいね。
子どもたちは、梅干しを入れて、海苔を巻くところがお気に入りだった様子☆
P3120198 P3120193 P3120190

子どもたちの様子と、季節に応じて、絵本・手あそび・指あそび・歌あそび・紙芝居・パネルシアター・素話と、さまざまなお楽しみを準備してくださる、小阪先生。
継続して実施してくださることで、子どもたちの集中力と想像力が広がっているのが、よく分かります。
幼児の時期の体験が、一つずつ いつか花開くことを、願っています。

【幼稚部】スペシャルプログラム『けん玉・めんこ』

2018年度 最後の「けん玉・めんこ」
1年を通して、遊びの楽しさを教えてくださったシゲさん・シバさんと、まずはご挨拶。
CIMG7033

継続して参加してくれていたお友だちは、シゲさんのお手本を見て、「たこやきいっちょう」
「どじょうすくい」軽々と技を決めていきます。
「けんのせ」では、小学生に「乗る場所を見つけるんだよ」とアドバイス☆CIMG7045 CIMG7050 CIMG7054 CIMG7055 CIMG7060 CIMG7064

バランスよく紐に1本指をかけて、上にぐいっと引き上げ両手キャッチ!
片手キャッチに挑戦では、2人とも真剣な表情。
CIMG7073

年長のお姉さんが、年少の女の子に、基本の「皿もち」をやさしく教えてあげる姿。
見守るスタッフは、心があたたかくなり、成長した姿に感激してしまいました。

膝を使ってリズム良く、皿の上の玉をトントントン…。
真剣な表情で練習しすぎて、思わずシゲさんに近づいていく子どもたち。
広いスペースがあるのに、夢中で遊びこめる時間がいいね!

練習を重ねる子どもたちにシゲさんから声が掛かります。
「あきらめない。あせらない。
できなくてもいい。がんばることが大事だよ!
やればできる!」

最後に、みんなで気持ちを一つに。
「聖火リレー」に挑戦です。
お隣さんへ、玉のお引越し。
渡す側と、受ける側の気持ちが合わないと、簡単に玉が落ちてしまう難しい技。
CIMG7080 CIMG7084 CIMG7086 CIMG7088 CIMG7091 CIMG7093

何度も挑戦して、大成功☆
CIMG7094

残りの時間で、めんこ遊びを楽しみました。
床の札に狙いを定めて、上から振り下ろすのは、なかなか大人でも難しいもの。
繰り返し遊ぶうちに、床の札が少しだけ ふわりと持ち上がる瞬間が、子どもたちの気持ちを夢中にさせるのかもしれません。
また2019年度も、シゲさん・シバさんに会えるのを楽しみにしています!
CIMG7101 CIMG7102

【幼稚部】スペシャルプログラム『全身ダイナミック☆アート』

「オリジナル布バッグを作ろう!」でも、素敵な作品を作ってくださった、出口 藍(いでぐち あい)先生が、子どもたちのワクワク感を刺激する「全身ダイナミック☆アート」を企画してくださいました。
着替えも済ませて、準備OK!
P3120003

藍先生が大きな白い紙に、墨汁をつけた毛糸玉を投げつけます。
腕を大きく動かして、何も考えずに、自由に。
P3120011

それを見ていた子どもたち。
最初は、「どうやるの?」「汚れていいの?」と、ちょっぴりドキドキ…。
P3120012

滴り落ちる墨汁の流れに夢中になったり…
P3120018

毛糸玉の形と、墨汁のつき具合で、紙に描かれる変化を楽しんでいました。
P3120023 P3120028

スタッフの「今日はいっぱい汚れた人が、チャンピオンだ!」の一言に、笑顔いっぱいで自慢げな表情をパチリ☆
P3120032

汚れが気にならなくなった子どもたちには、次のお楽しみ。
一人一枚ずつ紙が配られ、床で描くか、壁で描くかを決めるのも子どもたちの自由です♪
P3120040 P3120043 P3120045 P3120046 P3120050 P3120051 P3120055 P3120058 P3120063 P3120065

墨汁を堪能した後は、鮮やかな色のアクリル絵の具で楽しもう♪
P3120071 P3120072

偶然見つけた茶色のロール芯も、子どもたちの手にかかれば、あっという間に素敵な作品に大変身☆
P3120076 P3120078 P3120080 P3120084

自分の紙に夢中になって、ふと周りを見ると「あの色使いたいな…」という思いに駆られます。
混ぜると違った色に変化し、新たな発見に表情が華やぐ瞬間☆
P3120089 P3120092

「わぁ~!!!」
おもわず漏れる感嘆の声♪
P3120093 P3120096 P3120100

先に描いた墨汁の作品に、色を重ねて仕上げます。
子どもたちの頭の中には、どんなイメージが広がっているのでしょうか…。
P3120101 P3120103 P3120109 P3120113 P3120115

子どもたちの夢中な姿に、もっともっと時間を取ってあげたかったのですが、この日は残念ながらタイムオーバー。
それでも、素敵な作品がたくさん完成しました☆
汚れてOK!
自由でOK!
それが、子どもたちの創造力&想像力を広げるのだと、改めて実感したスタッフでした。
P3120207 P3120208 P3120209 P3120211 P3120212

【幼稚部】スペシャルプログラム『とっておきの日』

どんな楽しいことが始まるのかワクワクが止まらない子どもたちが、スタッフの周りに集まってきました。
P3080021

始まりは、一人でもできる手遊び。
初めて聞くうたでも、見よう見まねで夢中な笑顔☆
P3080024 P3080026 P3080030

あっという間にマスターしてしまう子どもたちが、お手本になってくれました。
P3080034

2人組になって行うジャンケン遊び。
「げんこつ山のたぬきさん」
お家の方も知ってるはずだよ!一緒に楽しんでごらん♪
P3080038 P3080042 P3080043

「一本橋こちょこちょ」
手がむずむず…。
お友だちにやる方がすき?やってもらう方がすき?
P3080049 P3080053

さぁ、遊びは止まることなく続きます。
今度は何人組?
「こっちにおいでよ!」
「一緒にやろう!!」
一人ぼっちで困っている子がいると、誰かが気にかけて声を掛けてくれるのも、3月のこの時期ならでは☆
P3080059

スタッフの指示に耳を傾けて 話を理解することも、3学年いるからこそ、その空気が自然と伝わっていくのです。
P3080066 P3080076 P3080077 P3080082 P3080083
P3080107 P3080111 P3080115 P3080120 P3080123

「くまさん くまさん」「ずいずいずっころばし」「ひらいた ひらいた」「かごめ かごめ」「花いちもんめ」などなど…。
地方によってうたは違えど、誰もが 子どもの頃に一度は遊んだことがある 伝承遊びがいっぱい!
今も昔も、楽しいあそびは変わりません。
是非、子どもたちと昔を思い出しながら、一緒に遊んでくださいね。
P3080128

伝承遊びの後は、子どもたちからリクエストが多い「パラバルーン」の登場です。
スタッフが知り合いの方から特別にお借りしてきたものなので、次もあるかはお約束できず…。
何度か「とっておきの日」に参加している子どもたちは、パラバルーンの扱い方をしっかり覚えていました☆
P3080131

お布団に入ったり…
P3080136

みんなでグルグル回って行進したり…
P3080143

洗濯ジャブジャブして、バルーンの空気を抜いたら…
P3080148 P3080149

上にあげて前進!!
P3080156

何度か挑戦して、膨らんだバルーンの中に入ってみよう!
P3080162

次こそは…
P3080167

大成功☆
P3080170

大すきなお友だちと少人数で遊ぶのも楽しいけれど、大勢で遊ぶ楽しさを知っているって、何よりの宝物です☆

【幼稚部】スペシャルプログラム『LaQ博士がやってくる!』

2018年度 最後のLaQは、お馴染みの顔ぶれが並んだ 賑やかな回となりました。
もちろん、浅川先生との息もぴったり☆
さぁ、今回はちょっぴり難しい図案に挑戦です!
CIMG6813

LaQの扱いに慣れるまでは、浅川先生が丁寧に教えてくださいます。
小さなパーツをつなげる・外すが出来るようになると、あれこれ作りたくなっちゃうね!
CIMG6816

常連さんは、どうすればやりやすいかを自分で分かっています。
CIMG6817

スタッフもパーツ探しのお手伝い。
CIMG6818 CIMG6821

ちょっぴり難しい図案の中には「ゾウ」があり、背中に乗せられるというので、挑戦中。
CIMG6825

浅川先生の作品も借りて、「先生!撮って~!」
CIMG6826

こちらは、LaQの扱いに少しずつ慣れてきた様子。
CIMG6829

こちらの常連さんは、夢中で自分が作りたいものを作成中です。
CIMG6832 CIMG6835

作品を立たせたい時は、お兄さんが教えてくれます。
「足のところに、このパーツを付けるといいよ。」
CIMG6840 CIMG6841

「恐竜が立つようになったよ~!見てみて!」
CIMG6842 CIMG6846 CIMG6850

作った作品で遊んだり…
CIMG6853

悩んでいるお友だちを助けてあげたり…
CIMG6856

作品の前で、ポーズ☆
CIMG6859

時には、浅川先生の作品で襲ってみたり…。
CIMG6861

浅川先生も、子どもたちと一緒に積み上げチャレンジ!
CIMG6865

僕もゾウさん出来たよ~!
CIMG6868

僕は「机」と「椅子」を作ったよ☆
CIMG6871

きりん・ゾウ・ゾウ・ゾウ・ゾウ・ゾウ・ゾウ…
CIMG6873

この足元がね…
CIMG6876

グラグラッと揺れて、倒れそうになり、「わぁ~!!!!」
CIMG6877

僕も完成!
CIMG6882

もう一回、積み上げに挑戦しようよ!
みんな集まってきました。
CIMG6884

浅川先生が慎重に積み上げるも、記録更新ならず…。
CIMG6889

その正面で集中して作品作りをしていた女の子も、完成したようです☆
CIMG6891

平面作品から取り組み始めて、毎月継続してきたLaQも、2018年度は これで最後。
回を重ねる毎に、スキルアップしていく子どもたちに、スタッフも浅川先生も驚かされっぱなしの1年でした☆
作って遊ぶ楽しさを教えてくださった 浅川先生、ありがとうございました!
CIMG6901 CIMG6904 CIMG6906 CIMG6907 CIMG6910 CIMG6911

【幼稚部】スペシャルプログラム『オリジナル布バッグを作ろう!』

洗濯しても落ちない画材を使って、オリジナル布バッグ作りに挑戦です。
今回、さまざまな画材を用意してくださったのは、出口 藍(いでぐち あい)先生。
CIMG6750

まずは、それぞれの画材の使い方を教えてもらいます。
CIMG6753

アクリルえのぐをお皿にちょぴり出して、スポンジでのばします。
CIMG6759

スポンジについたえのぐを そのまま布の上にのばしても良し。
画用紙をさまざまな形に切り抜き、それを布の上に置いて、スポンジでポンポン色付けしても良し。
CIMG6764

扱い方が分かったら、紙で練習です。
CIMG6767

良い調子!
スポンジの大きさや、えのぐの付き具合で、みんな違ったデザインが広がり始めました☆
CIMG6770

画用紙に、好みの型を描いて切り抜こう。
切るのが難しいところは、藍先生が手伝ってくださいました。
CIMG6774 CIMG6776 CIMG6777

一人ひとりに布バッグが配られ、いよいよ本番!
大人のドキドキをよそに、子どもたちは躊躇することなく、描きはじめます。
CIMG6782 CIMG6785 CIMG6787 CIMG6788 CIMG6789

片面が完成したら、少し休憩。
その間に、スタッフがドライヤーで乾燥中です。
CIMG6791

夢中で描き続ける子どもたちの表情は、真剣そのもの☆
CIMG6797

えのぐの扱いもとても上手で、みんなで作ったさまざまな色が、机いっぱいに広がりました。
CIMG6799

布バッグは えのぐが完全に乾くまでお預かりとなりましたが、ステキなバッグをそれぞれのお手元にお届けし、無事に完成となりました。
是非、普段使いのバッグとして活用してくださいね☆

【幼稚部】スペシャルプログラム『おりがみ』

2018年度 最後のおりがみは、「ペンギン」に挑戦です。
ペンギンには、5つの基本の折り方が入っています。
①山折り
②谷折り
③中わり折り
④かぶせ折り
⑤段折り
難しい折り方もありますが、まずは高階先生のお手本をよく見て、しっかり折り方を覚えよう!
CIMG6719

「あれ?次はどう折るんだっけ?」
分からなくなった時は、もう一度 先生に折っていただき、しっかり観察!
CIMG6720 CIMG6721

難しくなると手が止まってしまいがちですが、高階先生は「やればできるよ!」と、何度でも丁寧に教えてくださいます。
CIMG6726 CIMG6738

普通サイズの折り紙で折れるようになった子は、1/4サイズで子どもペンギンを折り、家族を作っていました☆
CIMG6740

高階先生が大好きで、ほぼ毎回 参加してくれた年長さんの女の子。
1年生になっても、また「おりがみ」に参加してくださいね☆
CIMG6741 CIMG6745
「おりがみ」プログラムを終えて、遊戯室に戻ってくる子どもたちは、高階先生に教えていただいた作品を、毎回 自慢げにスタッフに見せてくれました。
おりがみだけでなく、「話を聞くこと」「やればできること」「あきらめないこと」など、大切なことをたくさん教えてくださった高階先生。
2018年度も、子どもたちと楽しい時間を一緒に過ごしてくださり、ありがとうございました☆

【幼稚部】スペシャルプログラム『どら焼き』

月1回 お料理のスペシャルプログラムは、お馴染みの ながた よしえ先生です。
手洗いを済ませて、準備万端☆
CIMG6558

まずは、生地づくりからスタートです。
粉が入ったボウルに卵や牛乳などの材料を入れて、順番に混ぜていこう。
それぞれのグループから「1、2、3…」と数を数える声が聞こえてきます。
年長さんがリードしてくれているようで、全員ができるように、回数や順番を決めたり、頼もしい姿☆
CIMG6565 CIMG6569 CIMG6575 CIMG6578 CIMG6580 CIMG6588

次はいよいよ、どら焼きの皮を焼こう!
ながた先生と一緒に 一人ずつホットプレートへ生地を流し入れます。
「上手に出来るかな…」と、ドキドキしながらも、ワクワクでいっぱい☆
CIMG6594 CIMG6596 CIMG6600 CIMG6603 CIMG6605 CIMG6609

良い色に焼けてきたね!
CIMG6613 CIMG6618

焼きあがった皮に、あんこをたっぷりのせよう!
CIMG6639

もう一枚の皮で挟んだら、どら焼きの完成☆
CIMG6647

出来立てを、いただきま~す!
CIMG6651 CIMG6654 CIMG6656 CIMG6660

「おいし~い!」
「もっと 食べた~い!!」と、手作りどら焼きに大満足の子どもたちでした。

【幼稚部】スペシャルプログラム『LEGOのプロと作って遊ぼう!』

久しぶりに開催の「LEGOのプロと作って遊ぼう!」ですが、相原先生と一緒にLEGOができると知った参加してくれた子どもたちは、常連さんがいっぱいでした☆
3月も間近のこの日。
LEGOで、「おひなさま」を作ります。
CIMG6475

まずはパーツが揃っているか、お皿に全て出してみよう。
CIMG6478 CIMG6479

今までは、自分のイメージを自由に形にすることが多かったプログラムですが、今回は手順通りに作ります。
相原先生の見本をみると簡単にできそうな気もするけれど、はめる順番が違うと、うまく組み合わせられないようです…。
あわてんぼうしないように、よく見て挑戦!
CIMG6481 CIMG6487 CIMG6489

着物の色柄は、自分で好きな物を選べるように、さまざまな色板を準備してくださいました。
CIMG6490

表情が出るように、どんな目にしようかな~。
CIMG6501 CIMG6506 CIMG6510

一人目が完成したので、二人並べられるように、再挑戦!
CIMG6514 CIMG6517 CIMG6519

想定していたよりもコツをつかむのが早く、表情豊かな おひなさまが完成しました☆
CIMG6531

この日は特別に、相原先生の作品で遊ばせていただきました。
こちらは、3つの四角いLEGOブロックの重さ比べ。
どれが一番重いか分かるかな?
CIMG6540

こちらはLEGOの迷路。
通り道(裏面)を見ないで、スタートからゴールまでたどり着けるか!?
CIMG6542

こちらも難しいボールあそび。
中には4色のボール。それぞれLEGOで作られた “くぼみ” にボールをはめられるかな?
CIMG6546 CIMG6547

目・口・眉毛が動く仕掛けのLEGO顔。
なんでも作れるLEGOの魅力に、ますますハマっていく子どもたちでした☆
CIMG6554

【幼稚部】スペシャルプログラム『おりがみ』

「誰が音頭をとってくれるのかな?」の高階先生の声掛けに、年長の女の子がみんなをリードしてくれました。
『お願いします!』
声をそろえてご挨拶でスタートです。

「おひなさま」と「はらぺこあおむし」の2つを提案してくださいました。
折り紙で出来ているのに、くねくね動く様子を見て満場一致で「はらぺこあおむし」に決定☆
CIMG6288 CIMG6289

くねくね動くからだは、12のパーツで出来ています。
普段使っている折り紙より小さい1/4サイズ。
線にそってきっちり折らないと、うまく組み合わせられないと聞き、真剣な表情で挑戦!
CIMG6293 CIMG6294 CIMG6297 CIMG6300 CIMG6301 CIMG6302 CIMG6305 CIMG6308 CIMG6310

左右に分けられたパーツを組み合わせます。
まずは、高階先生のやり方を、しっかり見てみよう。
CIMG6316

「右手はどっち? それを左の方に入れるんだよ。」
諦めずに頑張る子どもたちに、高階先生は いつでもしっかり向き合ってくださいます。
CIMG6318 CIMG6320 CIMG6321

だんだん組みあがってきて、完成に近づいてきたね!
CIMG6322

それぞれ好みの顔を描いて 体に貼り付ければ、完成!
CIMG6324 CIMG6331 CIMG6332 CIMG6338

折り紙を終えてから、高階先生 お手製のカタカタおもちゃで遊ばせてもらいました。
上部からカタカタと音を鳴らしながら、下へ降りていく人形に夢中の子どもたち。
CIMG6339 CIMG6342 CIMG6344 CIMG6345
もっと遊びたかったけれど、また次回のお楽しみ!

【幼稚部】スペシャルプログラム『紙コップUFO』

子どもたちに渡された 紙コップ2つ。
さて、問題です。
「紙コップUFOは、どうやって作るでしょう?」
突然の問題にも、頭でイメージを膨らませながら、たくさんのアイディアを出してくれました。
CIMG6201 CIMG6203

ここで、スタッフからヒント☆
「紙コップに描かれている「線」をハサミで切ります。」
よし!さっそく切ってみよう!
CIMG6209

ハサミで切ったら、どんな形になった?
さて、どうやって「紙コップUFO」を作るのでしょう?
CIMG6210

あんなアイディアや…
CIMG6212

こんなアイディア…
CIMG6213

こうだよ!ほら、ぼよ~ん!
CIMG6220

みんなで楽しくなりすぎました。
CIMG6222

ハサミで切った紙コップを広げると、お花のような形に変身。
それを2つ合わせて、好みのデザインのマスキングテープで貼りあわせます。
CIMG6224 CIMG6227

白い部分には、自由にデコレーション。
CIMG6232 CIMG6235 CIMG6237 CIMG6242

「先生見て~!コマみたいに回ったよ!」
突然、みんなでUFO回し対決が始まりました。
遊びを発見できる子どもたちは、やっぱり、遊びの天才☆
CIMG6245

投げ方の練習です。
ボールを投げるのとは違って、手首を巻き込んで、正面でUFOを手から離す 一連の動きは、なかなか難しいぞ。
たくさん練習しよう!
CIMG6251 CIMG6252

準備が整ったら、紙コップUFOで何点とれるか、的あて対決!
CIMG6257

スタート地点から出ないように、狙いを定めて…
CIMG6258

あぁ~!!
100点を狙ったのに、上のロッカーに入ってしまった~!!
CIMG6262

遠くに投げるのが上手になるたびに、今度は的を通り越して、ロッカー上の紙袋に入ってしまうことも…。
CIMG6264 CIMG6266

気付いたら いつの間にかスタート地点を越えていますが…。
時間を忘れ、とにかく夢中で紙コップUFOを投げ続けた子どもたちでした☆
CIMG6268

【幼稚部】スペシャルプログラム『空まで飛ばそう!ペーパー芯ロケット』

子どもたちが大好きな、「作って遊ぼうシリーズ」のスペシャルプログラム。
今回は、ペーパー芯を使って、ロケットを作ります。
CIMG6082

ロケットを、発射台となる棒に設置して手を離すと、ポ~ン!!!
遊戯室の天井に向かって、高く飛んでいく様子に「わぁ~!!!」と驚きの表情。
CIMG6090

ここで唐突に、スタッフによる輪ゴムを使ったマジックショーのはじまり はじまり~♪
両手に持ったそれぞれの輪ゴムが…つながった!!
CIMG6094

タネあかしをせずに、子どもたちに輪ゴムを2本ずつ渡して、みんなでマジックショーのスタートです。
CIMG6106

先生!できた~!!
CIMG6110

完成した年中さんが、年少さんにやさしく教えてくれていました☆
CIMG6115

赤色のビニールテープに、2本つなげた輪ゴムと割り箸を巻きつけます。
CIMG6125 CIMG6128 CIMG6132

作業はどんどん進みます。
発射台となる棒に、好みのマスキングテープを巻こう。
CIMG6140 CIMG6143

そして 先に作っておいた、輪ゴム×割り箸×赤色ビニールテープを、発射台の棒にペタリ。
CIMG6135

ロケットには、誰を乗せようか?
自分が乗る?
それとも、動物にする?
CIMG6144

ペーパー芯に折り紙を貼り付けるのは、難しいね。
困ったときは、一緒の机で作っているお兄さんが教えてくれるよ。
CIMG6149

ロケットの羽は、折り方を間違えないように、よく見てね。
両面テープを剥がすのも、上手になりました!
CIMG6152 CIMG6153

完成したら、広いところで飛ばしてみよう!
発射台に設置して…
「3、2、1・・・発射~!!!」
CIMG6154

飛んだ~!!!
CIMG6156

せっかくなので、みんな揃って。
「3、2、1・・・発射~!」
CIMG6160

「先生見てみて!こんなところまで飛んだよ~!」
自分のロケットを、誰一人間違えることなく、回収完了。
CIMG6161

「もう1回、みんなで飛ばしたい!」
リクエストにお応えして。
並んでくださ~い!
CIMG6162

「3、2、1・・・発射~!!」
CIMG6163 CIMG6164

「あとは、お家で楽しんでね。」
と、終了したペーパー芯ロケットですが、プログラムが終わったあとも、こっそり布バッグから出しては、ぴょこんとロケットが飛んでいる様子を発見。
スタッフと目が合い、にやりと笑う子どもたちでした。

【幼稚部】スペシャルプログラム『避難訓練』

学期に1回実施している、アフタースクールでの避難訓練。
入室して、すぐに外遊びへ出掛けた子どもたちに、予告はしていません。
咄嗟の時に、子どもたちの安全を守るため、スタッフはどのように行動し連携を取るか、また、子どもたちは慌てず落ち着いてスタッフの指示に対応できるかが、3学期の訓練の目標です。
CIMG6068 CIMG6069

園庭のあちこちで遊んでいる時、スタッフのトランシーバーが鳴りました。
「地震が発生しました。子どもたちの安全を確保してください。」

その指示を受けた複数のスタッフは、それぞれが周辺で遊んでいる子どもたちに声を掛け、近くのスタッフのところへ集まるよう促します。
「本当の地震なの?訓練なの?」
少し戸惑う子どももいましたが、真剣に取り組むことに違いはありません。

スタッフ同士 声を掛けあい子どもを守る人、園舎内(トイレ等)に子どもが残っていないか確認に走るスタッフ、それぞれが考えて行動します。
CIMG6071

「地震だから、頭を守るんだよね」
今までの経験をもとに、子どもたちも何をすべきか、自分で考えていました。
CIMG6073

3分程経過した頃、再度スタッフのトランシーバーに次の指示が入りました。
「大きな揺れがおさまりました。全員集め、点呼・状況報告をしてください」
CIMG6076

各所で身を屈めていた子どもたちを全員集め、点呼。
訓練だと分かり、子どもたちの気が緩む姿に、スタッフの声があがります。
「【お・か・し・も】だよ!!」
①おさない
②かけない
③しゃべらない
④もどらない
大事な約束が守られていなかったこと、残念な瞬間でした。
CIMG6078

最後に、全ての様子を見ていたスタッフから、一言。
「今回の避難訓練は、残念でした。
話し声が聞こえてきたこと、ふざけている人がいて、真剣にできなかったこと。
先生たちは、みんなのことを絶対に守りたいけれど、本当に大きな地震や、火事が起こった時、今日と同じように真剣にできなければ、残念だけど、みんなのことを守れません。
どうしたらよかったか、考えてみよう。」

今回の経験をもとに、訓練だから大丈夫ではなく、もしもの時に落ち着いて行動できるよう、今後も取り組んでいきたいと思います。
いざという時のために、災害が起こった時の対応方法を、ご家庭でもお話をしてみてくださいね。

【幼稚部】スペシャルプログラム『ポーセラーツ』

「ポーセラーツ」という言葉を聞いたことは、ありますか?
アフタースタッフは初めて聞きました! (その後、すぐに調べました。)

今回は、ポーセリンアート教室**HANA**より、お二人の先生をお招きし、ポーセラーツに挑戦しました。
CIMG6031

最初に、お皿のアクセントとなる、大きいモチーフを選びます。
動物、ケーキ、お人形、ボールなど、たくさんあって迷っちゃうね…。
2枚作るお皿、それぞれ違うモチーフも素敵かも!
CIMG6033

イニシャルを入れたい子は、アルファベットを選びます。
「お名前は何ですか?」
CIMG6034

大きいモチーフが決まった子は、周りに飾る星マークの色を選びます。
ピンク、青、水色、緑…こちらも たくさんの色から選ぶので、迷っちゃうね…。
CIMG6040 CIMG6042 CIMG6043

モチーフが選び終わったら、少しの余白を残してハサミで切り取り。
ちょっと難しいところも、集中力で乗り越えました☆
CIMG6044 CIMG6048

特別なシールなので、お皿に貼りつけるために、お水に浸します。
少し時間を置くと、あら不思議!
台紙とモチーフがするりと離れました☆
CIMG6050

バランスを考えながら、大きなモチーフと星を貼りつけます。
いい感じ!
CIMG6060

子どもたちが作った、素敵な作品、お手元に届くのを楽しみにしていてくださいね。
CIMG6066 CIMG6067

【幼稚部】スペシャルプログラム『けん玉・めんこ』

けん玉の魅力に はまった子どもたちが参加してくれている、けん玉・めんこ。
お馴染みのシゲさん、シバさんとご挨拶でスタートです!
CIMG5972

幼稚園の子どもたち向けに特別に作ってくださった、けん玉 認定証。
何度もチャレンジして、1級を目指そう!
クリアする毎に、好きなシールを貼れるのも、やる気につながります。
CIMG5978

10級の「おとしけん」に挑戦中。
穴に入るよう、目標を定めて…。
やり方を見せてくれる年長さんをしっかり観察して、真似っこしてみよう!
CIMG5976

8級「てのせ ろうそく」
一緒に10秒数えて、クリア!!
CIMG5980

7級「たま てのせ」6カ所
剣の上に たまをピタリと止めてのせる技です。
どこに置けばバランスが取れるか、いろいろ試して探してみよう。
1か所は簡単に成功したものの、残り5カ所…。
がんばって!
CIMG5982

6級「けん てのせ」
こちらも集中!
CIMG5985 CIMG5989

5級「たこやき 一丁」
床でたまを転がして、剣ですくう技です。
年長さんは、毎回 参加しているので、得意技☆
年少さんは、諦めずに何度も練習して、完璧の笑顔です。
CIMG5994

2級「てのせ おおざら」
ここから急に難易度が上がります。
玉が大皿(小皿)から落ちないように、小さくジャンプ。
玉を皿で受ける時に力が入ると、コロリと下に落ちてしまいます。
真剣な表情で、膝を使って、リズム良く えいっ!
CIMG6002

そして得意顔で「ユニコーン」
なんで真面目な顔なの?と聞くと、「笑うとおでこにシワがよって、落ちちゃうんだよ!」と教えてくれました。
安定するまでは、笑えないそうです。
CIMG6012

そして、最後のお楽しみの「めんこ」です。
めんこを持って、頭の上から大きく腕を振り下ろすと、「パーン!!!」と、いい音が響きます。
手を離すタイミングを間違えて、足の間をすり抜けていく めんこを見て、大笑い。
裏返したい めんこを目がけて投げるのは、たくさん練習が必要だね。
スタッフも本気で挑戦し、ちょっぴり筋肉痛に…。
CIMG6023

シゲさんから、けん玉・めんこが上手になるための極意を教えていただきました。
1.焦らない
2.慌てない
3.あきらめない

継続は力なり!
CIMG6025

【幼稚部】スペシャルプログラム『スポーツ鬼ごっこ』

「鬼ごっこを やったことがある人!」
『は~い!!』
普段の遊びでも慣れ親しんでいる 鬼ごっこですが、今回は、一般社団法人 鬼ごっこ協会から、平峯 佑志先生をお招きし、新スポーツに挑戦です!
CIMG5755

いっぱい体を動かすので、準備運動もしっかりと。
CIMG5759

まずは鬼ごっこのウォーミングアップ。
2人組で対角に手をつなぎ、スタートの合図で、相手の背中をタッチするゲーム。
CIMG5762

相手の背中をタッチしたいけれど、タッチされないように逃げなければならないので、みんなでクルクル回って大笑い。
CIMG5764

次のゲームは、ジャンケンをして負けた人が逃げ、勝った人が追いかけて背中をやさしくタッチ。
タッチされたら、再度ジャンケン。
延々と続くミニ鬼ごっこ。
CIMG5769

ジャンケンに勝ったり負けたり、その場での判断力と瞬発力が鍛えられます。
次第に、体もあたたまってきました!
CIMG5770

まずは、スポーツ鬼ごっこのルールを確認しよう。
2チームに分かれてのゲーム。角にあるそれぞれの陣地(赤、青)がスタート地点です。
【守備】
自分の陣地にある△マークが「宝」です。
相手チームに取られないよう、守りが必要。
しかし、守る際に、自分の陣地の円の中には入れません。
宝を取りにくる相手チームの攻撃は、相手をタッチすることで阻止できます。
タッチされたら、自分の陣地のスタート地点に戻れば、復活して再挑戦!

【攻撃】
自分の陣地のスタート地点から、相手チームの宝を取りに向かいます。
相手の守備(タッチ)を避けながら、早く宝を取ったチームの勝利です。
スポーツ鬼ごっこマップ

ルールが分かったところで、ビブスを着用。
CIMG5778

ゲームを始める前に、チームで作戦会議。
どうやって攻める?
どうやって守る?
CIMG5790 CIMG5793

まずは整列して挨拶をしっかりね。
「お願いします!!」
CIMG5798

笛の合図でスタート!
CIMG5801

宝を取りに行く人、守る人、それぞれが自分の役割に集中!
CIMG5802

赤チーム、宝をゲット☆
CIMG5803

宝を取られたら、全員スタート地点に戻って再スタートです。
青チーム頑張って!
CIMG5804 CIMG5805

何度もゲームを重ねて、今度は青チームが先に宝をゲット!!
CIMG5811

水分休憩を挟みながら、みんなで作戦会議。
「次は僕が守るよ。」
「私が宝を取りに行くね!」
CIMG5796

「簡単に取られないように、宝をぎゅーっと奥に入れておこう!」
CIMG5797

さぁ、ゲーム再開!
CIMG5812 CIMG5817 CIMG5818

何度もゲームを重ねる毎に、攻撃・守備 共に、身のこなし方が上手になってきました。
CIMG5821 CIMG5826 CIMG5827 CIMG5829 CIMG5830 CIMG5832

たくさんのゲームを重ね、この日は引き分け!
怪我一つなく、いい戦いを見せてくれた子どもたち。赤チームも青チームも頑張りました☆
礼に始まり礼に終わる 挨拶もしっかりね。
「ありがとうございました!」
CIMG5833

単純な鬼ごっことは違って、戦略・戦術の要素が入った「スポーツ鬼ごっこ」。
初めての挑戦ながら、ルールを守り、ゲームを楽しむことができた笑顔いっぱいの時間となりました☆
CIMG5834

【幼稚部】スペシャルプログラム『LaQ博士がやってくる!』

LaQファンが増えつつある、幼稚部アフタースクール。
早いタイミングで、浅川先生のスケジュールを押さえ、2月も実施が叶いました。
毎回参加してくれている子どもたちも多い中、ちょっぴりドキドキしながら3名の子が初参加してくれました。
浅川先生が「LaQの本をたくさん作っています。」と自己紹介されると、まるで合いの手のように『30冊もあるんだよね』と、常連さん。
息ぴったり☆
CIMG5697

1ケースずつ LaQを貸していただき、それぞれ平面モデル作りに取り掛かります。
CIMG5699 CIMG5700 CIMG5709

何度も参加している子は、頭の中のイメージを形にしていきます。
CIMG5702 CIMG5705

黙々と作業をしているように見えますが、作りながら穏やかな会話を楽しんでいるんですよ。
CIMG5707CIMG5708

見て!「えんぴつ」と「消しゴム」が出来たよ~。
CIMG5710CIMG5711CIMG5715

「〇色の細いパーツありませんか~?」
『あるよ~。はいどうぞ。』
どこにもない時は、浅川先生が瞬時にパーツを見つけ出してくださいますが、子どもたち同士でも、パーツの助け合いがうまれています。
CIMG5723

1月の浅川先生が作られたLaQ作品をヒントに、自分で遊べるLaQを作った女の子。
「遊び方を説明するよ。見ててね。」
トントントン…。
CIMG5725

「コアラを作ったの。このパーツが足りないんだよね。」
『あぁ、それね。OK!探すの手伝うよ』
CIMG5732

「ここが難しいんだよね…」
『ふむふむ。そこはね、こうすれば良いんだよ。』
CIMG5737

自分で作って楽しむが叶うLaQ。
今回もたくさんの子どもたちの作品が完成しました!
浅川先生、いつもたくさんのアイディアをありがとうございます。
次回もお楽しみに☆
CIMG5745

【幼稚部】スペシャルプログラム『記録に挑戦!よく飛ぶ紙飛行機』

普段 折り紙で作っている飛行機とは一味違う「よく飛ぶ紙飛行機」作りに挑戦しました。
まずは、自分が知っている飛行機を折り紙で作って飛ばし、どれくらい飛ぶかを確かめます。
保育室の端から端まで飛ばすのは、なかなか難しいなぁ。
CIMG5648

そこで「よく飛ぶ紙飛行機」を飛ばしてみると、勢いよく部屋の端から端まで勢いよく飛び、大きな歓声!
子どもたちの期待値が一気にアップした瞬間です☆
CIMG5649

手順を一つずつ見て聞いて、丁寧に折り進めます。
よく飛ぶ飛行機を作るには、2つのポイントがあります。
1つ目は、角をきちんと揃えること。
CIMG5651

2つ目は、折り目をしっかりつけることです。
手の力だけでなく、ペンを使って上からギュギュっと “アイロンがけ” をします。
CIMG5652 CIMG5662

投げ方にもコツがあります。
上に投げたり、下に投げたり、勢いよく投げたり、そっと投げたり、持つ場所を変えたり、たくさん投げて自分の飛行機の性格を知ろう。
CIMG5670
CIMG5667 CIMG5671

練習を終えたら、飛行機に絵を描いて完成!
CIMG5679 CIMG5681

今回は、2つの飛行機を作りました。
さあ、誰が一番遠くまで飛ばせるか…競争です!
CIMG5692 CIMG5693

それぞれ飛ばし方を工夫しながら、時間いっぱい楽しむことができました!
いろいろ研究して、みんなも新しい「よく飛ぶ飛行機」作りに挑戦してみてね。