最新の投稿
1 2020年8月4日  NEW!! 夏休み名作紹介2
2 2020年8月3日 夏休み名作紹介1
3 2020年7月31日 明日から夏休み!
4 2020年7月24日 読めるかな?解答編
5 2020年7月22日 読めるかな?
 
 

夏休み名作紹介2

 名作紹介第2回の今日は「赤毛のアン」のご紹介です!
 アンが住むのはカナダのプリンスエドワード島にあるアボンリーという町です。このお話はアンの魅力的な性格もありますし、話自体の面白さ、そしてアンのその後もたくさん書かれていて読みごたえがある、などのいろいろな理由で人気なのですが、人気の理由の一つにプリンスエドワード島の素晴らしい様子がよくわかることもあります。
 作者のルーシー・M・モンゴメリが実際にこの島に住んでいたので、島の様子などが本当に目に浮かぶように書かれています。カナダ旅行に行くとこのプリンスエドワード島に行くツアーなどもあって、アンの住んでいた家を再現したところなどを見学できます。
 おいしそうな食べ物もたくさん出てきますよ。1巻に出てくる「いちご水」なんて、自分でもすぐに作れますが、なかなか日本では飲むことがないものです。
 ぜひこの本を読んで、プリンスエドワード島に行った気持ちになってくださいね!
 シリーズでたくさん出ていて、最初は子どもだったアンがどんどん成長していきますよ!

 

夏休み名作紹介1

 今日からの夏休み期間の平日は、名作を1作品ずつご紹介します。できるだけ読むとその国や場所に行った気持ちになれるような本を紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね!
 第1回の今日紹介するのは、「シャーロックホームズ」シリーズです!
 読んだことがない人でも、名前は知っているのではないでしょうか。いわずと知れた名探偵ですね!作者はアーサー・コナン・ドイルさんです。あの有名な「真実はいつも一つ!」の探偵の名前の元ネタにもなっているので、知っている人も多いのではないでしょうか。
 ちなみにホームズが住んでいるのはロンドンのベーカー街というところ。こちらもなんだか聞き覚えが……。ベーカー・・・ベイカー・・・ベイカ・・・べいか。そう、さきほどの「真実はいつも一つ!」の探偵さんの住んでいる町ですね。
 「シャーロックホームズ」シリーズは、推理小説の中でも格段の人気を誇り、世界中でとても多くの人に読み続けられています。シャーロックホームズファンのことを「シャーロキアン」と言って、世界中にホームズのファンクラブがあります。
 推理小説が好きな人もそうでない人も、ぜひ一度は読んでみてくださいね。シリーズでたくさんの話があるので、好きそうな話から読んでみるのもよいですし順番に読むのもよいでしょう!

 面白いと思った人は日本の推理小説の代表作、「少年探偵団」シリーズも読んでみてね!こちらを書いたのは江戸川乱歩(えどがわらんぽ)です。江戸川・・・・・・これも聞き覚えが・・・

 

明日から夏休み!

 たった1か月の1学期、今日で最終日です。いつもの年とは何もかも違ったこの数か月間でしたね。学校に来られたのも20日程度のわずかな時間でしたが、友達と過ごすことの楽しさ、学校に来られることのありがたさを感じられたのではないでしょうか。
 さて、明日からの夏休みですが、今年は夏休みもなかなか例年通りにはいきませんね。家で過ごす時間も多くなると思います。そんな時こそ今朝の森先生のお話に合ったように本を読んでみましょう!本の中ではいろんな場所に行けます!特に長い時間があるので、「名作」と呼ばれる作品に挑戦してみるのもよいでしょう。そうした作品には外国のことが目に浮かぶように書かれているもの、その国のおいしい食べ物がたくさん出てくるものもあって、じっくり本の世界に入るとそこへ行ったように思えるものもたくさんありますよ。
とはいえ、名作はいろいろあってどれを読んだらよいのか……。という人も多いと思います。そこで、夏休み期間の平日には毎日名作をひと作品ずつご紹介します。気になるものがあったら、ぜひ読んでみてくださいね。
 作品によってはかなりの長編もありますので、低学年の人は無理せずに、興味があれば短くまとめたものもあるので、あらすじを読んでみるだけでも面白いと思いますよ!

 それでは、良い夏休みを!夏休みもキリリン図書館ニュースをよろしくね!

 

読めるかな?解答編

 前回の記事の解答編です。まだ問題を見ていない人は、前回の記事から見てくださいね!
 さて、今日は正解発表です!

1、海星   「ヒトデ」たしかに海の星ですね!
2、海月   「クラゲ」まん丸でお月様みたいですね。
3、海豚   「イルカ」鼻がちょっと似てる??
4、河馬   「カバ」河は「か」、馬は「ば」と読むのでわかりやすかったかも?
5、土筆   「つくし」確かに筆みたい!
6、土竜   「モグラ」カッコいい漢字ですね!
7、秋桜   「コスモス」たくさん固まって咲くので、桜みたいかも?
8、仙人掌  「サボテン」仙人の手はトゲトゲなんでしょうか……?
9、十六夜  「いざよい」十五夜の満月の次の日のお月さまのことですね。
10、亜米利加 「アメリカ」アメリカのことを米国というのはこの漢字からです。

 どうでしたか?いくつ読めたかな?難しくて一つも読めない!という人もいたかもしれませんね。漢字は組み合わせることで意味を伝えたり、音を合わせたりできるので、他にも面白い読み方のものがたくさんあります。「今日」と書いて「きょう」と読むのも、いつも見ているから読めるけど、そうした特別な読み方の一つですね。
 そうしたものをまとめた本もたくさんあるので、ぜひ読んでみてくださいね!図書館なら、「8」から始まる数字の棚に行けばありますよ。

 

読めるかな?

 前回の記事で「秋刀魚」のことを紹介しました。「秋刀魚」と書いて「サンマ」と読むことにおどろいた人もたくさんいたようです。
 そこで、今日はみなさんに読むのがむずかしい漢字クイズです。なんて読むのか、わかるかな?

1、海星   海にいる星みたいなもの・・・アレですね!
2、海月   海にいる月みたいな・・・そう、アレです。
3、海豚   今度は海にいるブタです。確かにちょっと似てるかも……。
4、河馬   河(かわ)にいる馬です。これはそのまま読もうとすれば読めるかも!
5、土筆   土(地面)にある筆みたいなもの……。春によく見かけます。
6、土竜   土(地面)にいる竜……。実際には竜とはあまり似ていません。
7、秋桜   お花の名前です。もう咲き始めています。秋に咲く桜のようなお花です。
8、仙人掌  こちらも植物です。仙人の掌(てのひら)。痛そうな植物ですよ。
9、十六夜  お月様の名前です。三日月(みかづき)や十五夜(じゅうごや)は有名ですね。
10、亜米利加 これは国の名前です。カタカナを漢字に直しています。二文字目がヒントですね。

 さあ、読めましたか?気になる正解は24日金曜日に発表です。お楽しみに!

 

1匹5980円の超高級魚、その正体は……。

 先日、ニュースで今年初の水揚げ(海でとって市場で売ること)があった魚がありました。その魚は、みんなもよく目にするし、きっとよく食べている魚ですが、なんと1匹5980円という値段が付きました。なんの魚か、わかりますか?

 正解は、「秋刀魚」です!

 え?漢字だとわからない?想像してみるとわかるかもしれませんよ。秋にたくさんとれる、刀のような形の魚といえば・・・そう、サンマです。
 サンマが1匹5980円だなんて驚きですね。家族4人で1匹ずつ食べたらなんと2万円以上です。
魚に限らずその年初めてとれたものは縁起が良いと言われていて、高くなってもいいから食べたい!という人も多く、おめでたいものなので基本的に毎年値段が高くなる傾向があります。ですが、今年はなんと197匹しか取れなかったということで、より高い値段になったそうです。
 サンマはここ数年とれる量が減ってきているといわれています。日本の秋を代表する魚ですが、いつか本当にスーパーで1匹5000円!なんて日が来てしまうのでは、と心配されています。
 とれる量が減っている理由はハッキリはわかっていないのですが、環境の変化が理由の一つにあるのでは、と言われています。7月からビニール袋が有料化され、みなさんも環境について考える機会が増えているのではないでしょうか。よい機会なので、地球の環境を豊かに保つには自分に何ができるか、考えてみてくださいね。
 今日は、そんな環境について調べられるサイトをご紹介します。お休みの間に、ぜひ調べてみてね。

環境省 「こども環境省」
Yahoo!きっず 「学習→総合→環境」
パナソニック 「SDGsキッズ版」

 

天気のことを知ろう

 今週はニュースで連日、九州や中部の大雨の情報が流れていました。台風などではなく、梅雨の雨でこんなに町が水に埋まってしまう写真や映像に衝撃を受けた人も多いと思います。
 ニュースでも「今までに経験のないことが起きるかもしれない」という言葉が使われました。今までの自分の経験で判断できないとしたら、何を基準にすればよいのでしょう。先生はそうしたときに役に立つものの一つは「知っていること」ではないかと思います。自分が経験できていなくても、世界のどこかで誰かが経験したことを、人間は共有できます。その役にたつのが本です。
 もしもの時、本で読んだ知識が助けてくれるということはたくさんあります。ぜひ、ゆっくり本を読む時間があるときにたくさん読んでおいてくださいね。
 とはいえ、今は図書室で天気の本を読んだりできないので、今日は天気のことを調べられるサイトをご紹介します。どちらも天気のことだけでなく、いろいろなコンテンツがあるので、お休みの間に見てみてくださいね!

気象庁キッズサイト「はれるんランド」
日立キッズサイト「きのぽんタウン」

 

再開最初の週が終わりました!

 久しぶりの学校、やることもたくさんあって、あっという間でしたね!ずっと静かだった学校が毎日元気な声で満たされていて、図書室まで楽しそうな様子が伝わってきています。今はまだ図書室を使うことができないのでなかなかみんなと話す時間もとれていませんが、もう少し落ち着いたら本のお話をたくさんしましょうね!
 明日からは再開後初の週末です。この三日間、学校にいる時間は普段よりも短いですが、きっと体も気持ちも疲れている人も多いと思うので、ゆっくり休み時間も作ってくださいね。ただ何もせずにのんびりするのもいいのですが、「積極的休養」というものがあります。実は、ただ何もせずにいるよりも、少し体を動かしたり、リラックスできることや好きなことなどを積極的に行う方が、よりよい効果がある、というものです。とはいえ、積極的にやりすぎてしまえばもちろん疲れてしまうので、加減が大切ですが……。
 そこで、読書はとってもおススメです。読書は自分のペースで外から大きな刺激を受けることなく気持ちを落ち着かせたりわくわくさせてくれたりします。ぜひ、積極的に読書をして心を休めてくださいね!
 読書といっても、読みたい本がないんだよな、という人は、ぜひ桐蔭電子図書館をのぞいてみてくださいね!一時期は人気で借りられなかった本も、だいぶ借りやすくなっているようです。家から一歩も出ず、自分の本で本が借りられるなんて、先生の子どもの頃には考えられませんでした。せっかくの素晴らしい図書館、たくさん活用してみてください!

電子図書館はこちら

 

キリリン図書館ニュースの今後について

 いよいよ明日から学校再開です!4月9日から始まったこのキリリン図書館ニュース、約3か月間の自宅学習期間の間、読書や学習の情報をお届けしてきました。
 たくさんの人が見てくれました。ありがとうございました。
 インタビュー記事などでもたくさんの先生の名前が出ていましたが、実はふだんの記事にもいろいろな先生の書いてくれた記事がまざっていました。毎日読んでくれていた人は、あれ?今日、なんかいつもと雰囲気が違うな、という日も気づいていたかもしれませんね。
 過去の記事は全てカレンダーからさかのぼって読めますので、石故先生が書いたのではない記事を、ぜひ探してみてくださいね!

 さて、自宅学習期間は基本的に平日毎日記事を更新してきました。自宅の時間を有意義にするお手伝いとして始まったこのキリリン図書館ニュース、当初の予定では学校再開まで、今日で最終回の予定でした。ですが、たくさんの人が読んでくれているので、今後も継続することとなりました!
 学校が始まるので、先生たちもなかなか記事を書く時間が取れず、皆さんも毎日読むのは難しくなると思うので、今後は週に1日程度の不定期更新の予定です。今後の更新も楽しみにしていてくださいね!

 

図書室からのお知らせ 昨年度借りた本について

 新しい週がはじまり、学校再開が楽しみで仕方がない、という人も多いのではないでしょうか。今日は、再開後の図書室についてのお知らせです。

 このキリリン図書館ニュースをいつも読んでいて、再開したら紹介されたあの本を借りよう!と思っている人もいるかと思うのですが、ごめんなさい、図書室は学校再開後もしばらくはお休みです。自由に使えるようになるのはもう少し先になります。
 昨年度借りた本があるから再開したら返そう!と思っている人も多いと思いますが本を返す時には2~4年生は担任の先生に渡すようにしてください。5,6年生は、昨年度出張図書館があった場所に返却ボックスがあるので、そちらに入れてください。昨年度は先生がダンボールで作った簡単なボックスでしたが、今年度は神山先生が木で立派なボックスを作り、手彫りでプレートまでつけてくれました!返さない人も、ぜひ見てみてくださいね!
 なるべく早く、みんなが安心して図書室を使えるようにいろいろ考えていますので、もう少し待っていてくださいね!