DSC_5486
主権者教育
2016.10.13 (木)

苅部 直東大教授による主権者教育講演が行なわれました

・日時:平成28年10月12日(水) 16:00~17:20
・会場:桐蔭学園シンフォニーホール
・講師:苅部 直(かるべ ただし)氏(東京大学法学部教授 専門 政治思想史)
    本校使用の「現代社会」教科書の政治分野著者
・講演タイトル:「主権者教育 政治とは何か~選挙に行く前に考えるべきこと~」DSC_5486

本校では、昨年度より公民科を中心に「主権者教育」のあり方について議論を進めてきました。今年は、中学校および中等教育学校3年生公民で請願活動を行い、実際に麻生区役所と青葉区役所のご協力を頂き「要望書」を提出しました。また、高校3年生男女と中等6年生は、参議院議員選挙の前に主権者教育の講演会を聴講し、実際の選挙で投票した生徒もいます。そして、高校1年生男女と中等4年生は、参議院議員選挙に即し、実際の投票箱を使用して模擬投票を体験しました。その高校1年生・中等4年生の「現代社会」の授業は、後期より政治分野に入っていきます。この時期に「政治」「主権者」の意味を考えてもらいたいという趣旨でこの講演会を企画しました。

1.はじめに:高校と大学
2.「一票」で政治は変わるのか?
3.なぜ「選挙」はあるのか?
4.裸の王様を読む
5.大政治と小政治
6.政治は「選挙」だけではない
以上6項目からなる講演は、穏やかな語り口ながら理路整然とした知的なもので、はじめに語られた大学での「受講ノートの録り方」の話題から、生徒たちは惹き込まれていきました。苅部教授は第一線の政治学者でいらっしゃいますが、高校生にもわかるように専門用語の使用を避け、わかりやすい言葉で、政治の意味、選挙の考え方、一般の人々の政治への関わり方などについて、生徒たちに伝えてくださいました。本校で昨年から展開しているアクティブラーニングと政治とのつながりについても語っていただけたことで、生徒たちは日常の学校生活の一場面から政治の本質の一端をイメージ出来たようでした。
DSC_5494

 

生徒たちは、予め用意されたワークシートへ熱心に記録していました。
DSC_5497DSC_5499

 

質疑応答の後、感謝の気持ちを込めて生徒代表から花束を贈呈しました。
DSC_5510

###Posted at 2016-10-13 08:24:13. Edited at 2017-11-01 12:27:30.###


  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)