single.php » 朝井リョウ氏×中2生徒たち(道徳と国語のコラボ授業) | 桐蔭タイムライン
DSC_5566_R
男女合同授業
2016.10.25 (火)

朝井リョウ氏×中2生徒たち(道徳と国語のコラボ授業)

10月24日(月)、中学男女2年生と中等2年生全員が桐蔭学園シンフォニーホールに集まり、直木賞作家の朝井リョウ氏を招いての合同講演会を実施しました。
DSC_5568_R

シンフォニーホールにあの朝井リョウさんが来てくださいました!

中学校男女と中等教育学校では、毎週月曜日6校時に道徳の授業が行なわれています。10月24日は、中学男女2年生と中等2年生全員が桐蔭学園シンフォニーホールに集まり、直木賞作家の朝井リョウ氏を招いての合同講演会を実施しました。

朝井氏は、「桐島、部活やめるってよ」で作家デビュー、「何者」で直木賞を最年少受賞された人気作家です。ステージ上には、朝井氏のほか大学時代からの友人である学年国語科の松永教諭、そして各校代表の男女2名ずつが着席し、パネルディスカッション方式で「14歳の君たち、14歳だった私たち」というテーマで語っていただきました。

「いまの自分、大人の自分、どうつながっていくのだろう?」「自分らしさとはなんだろう?」といったことに関して語られる朝井氏の話は自然で、しかも言葉を慎重に選んでいる感じは無いのに極めて適切なわかり易い言葉で話されるところに、「作家」というものの力を感じさせられました。生徒たちに対する事前アンケートの結果なども紹介され、14歳を分析する興味深いプログラムともなっておりました。

DSC_5540_R  DSC_5551_R

DSC_5552_R  DSC_5556_R

DSC_5558_R  DSC_5559_R

DSC_5566_R  DSC_5569_R

ちょうど中2生徒たちの14歳前後は、さまざまな壁にぶつかる時期であり、大人になってその頃が最も大切な時期と感じる一方で、生徒たちにとっては学習や部活動などに追われ、あっという間に過ぎ去る時期でもあります。

大人になってから思えば、中学時代はいろいろなことに反発し、夢が幻になって大きな壁が出来始めたり、勝手にクラス集団の中に序列を作り出し周りを気にするようになったりするなど、小学校時代とは大きく変わる多感な時期です。

今日の生徒たちが14歳の今を考えるきっかけになってくれればと願っております。「言葉は武器だ」という朝井氏のメッセージはしっかり伝わったのではないかと思います。また、学年教員たちからも、こういう多感な時期の生徒を預かっていることをあらためて意識させられたという声が聞かれました。

朝井さん、本当に有難うございました!

DSC01505_R

パネリストの生徒たちとおそろいのピースサイン

###Posted at 2016-10-25 17:01:58. Edited at 2017-07-06 15:05:41.###


  • 校長ブログ
  • 中等・中学校男子部 学校説明会
  • 中学校女子部 学校説明会
  • 170410高校説明会(男女共学化)バナー
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • 170622中3修学旅行
  • TOIN CHANNEL
  • agenda8
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)