桐蔭横浜大学 医用工学部 桐蔭横浜大学 医用工学部

活躍する卒業生

桐蔭横浜大学の卒業生たちから、
後輩へのメッセージを
いただきました。

活躍する卒業生

GRADUATES

  • 植村 友樹 植村 友樹
  • 臨床工学技士

    東海大学医学部付属大磯病院 勤務(2016年度現在)

    植村 友樹

    医用工学部 臨床工学科(2013年3月卒業) 大学院工学研究科医用工学専攻(2015年3月修了)

    県立二俣川看護福祉高等学校出身(神奈川県)

    チーム医療の一員として、患者様の疾病の治癒に尽くしています。
    透析を中心に治療にあたる充実した日々。 私は今、透析治療を中心に心臓カテーテルや心臓ペースメーカー関連の業務、その他、院内のすべての医療機器が正常に稼働するよう保守・点検にあたっています。透析治療では患者様の腕に穿刺して血液をダイアライザー※に送り、終了まで見守ると同時に、血液の状態に合わせてドクターと治療方針の検討を行っています。心臓カテーテル治療時も手術室でドクターをサポート。想像以上に治療の最前線に立つ日々に大きなやりがいを感じています。また、今年の透析医学会で研究発表を行うことになりました。学生時代から研究を続けてきた超音波の活用に関するものです。今後の透析治療の発展につながるような発表にしたいと思っています。 ※ダイアライザー:主に血液透析(人工腎臓)で用いる装置。腎不全などで腎臓機能が低下している際、血液中の老廃物や過剰水分の除去を補うために用いる。
  • 菊池 紗織 菊池 紗織
  • 臨床工学技士

    善仁会グループ 湘南台じんクリニック 臨床工学部 勤務(2015年度現在)

    菊池 紗織

    工学部 医用工学科 ※現・医用工学部 臨床工学科(2008年3月卒業)

    都立科学技術高等学校出身(東京都)

    学びのなかで磨いた知識と技術、
    そして真心で患者様の笑顔を守っています。
    周囲のサポートを受けながら成長へと歩む。 少人数制の教育環境に魅力を感じて桐蔭横浜大学へ進学しました。医療と工学、2つの領域について学ぶため、覚えることが多く大変でした。先生との距離の近さを活かし、こまめに質問しながら 勉強していきました。3年次に研究室に所属すると、頼りになる多くの先輩方と出会え、学ぶことがより楽しくなりました。たくさんの人に囲まれながら夢に近づく、充実した学生生活を過ごせたと思います。医療技術の発展により、臨床工学技士は今後ますます必要とされる存在になると感じています。「生涯活躍できる仕事」を目指す皆さんには、ぜひ桐蔭横浜大学で学び、この分野で力を発揮していただきたいですね。
  • 香取 優美 香取 優美
  • 臨床工学技士

    横須賀共済病院 臨床工学科 勤務(2013年度現在)

    香取 優美

    医用工学部 臨床工学科(2011年3月卒業)

    私立横浜商科大学高等学校出身(神奈川県)

    成長し続けようという気持ちが医療現場での私を支えています。
    私たち臨床工学技士の仕事は、透析室、カテーテル室、手術室などさまざまな分野の医療機器の操作や管理・点検など。進歩し続ける医療の現場では、新しく導入される機器について学び続けなくてはならず、常に成長を求められる職業なのです。振り返れば、桐蔭に入学したばかりの頃は人見知りでおとなしく、「この子は大丈夫なのかなあ」と先生に思われていたくらいでした。それでも、医療の現場で働きたいという夢、そして熱心に教えてくださる先生方や励まし合える仲間たちの存在があったのでがんばることができました。少人数制なので先生方との距離が近く、丁寧に教えていただける環境なのもありがたかったです。