桐蔭横浜大学 医用工学部 桐蔭横浜大学 医用工学部

在学生インタビュー

叶えたい夢がある。
学びたい未来がある。
だから桐蔭を選びました。

在学生インタビュー

FROM STUDENT

先生たちの手厚いサポートと医療現場を体感できる実習授業。
学びへの意欲は増々高まっています。

  • 水野 星美
  • 医用工学部 臨床工学科 3年(2016年度現在)

    水野 星美

    県立榛原高等学校出身(静岡県)

  • 水野 星美
  • 命を支えるエンジニアとして、医療現場に貢献したい。
    「将来は医療の現場で貢献していきたい」と、子どもの頃から考えていました。しかし、具体的な職業をなかなか決められず、高校の先生に相談し、勧められたのが臨床工学技士でした。初めて聞くその職業を詳しく調べたところ、医師の指示の元で生命維持装置をはじめ、多くの医療機器を操作し、機器の保守点検などにより安全性を確保するなど、医療現場に大きく貢献できる仕事だと知りました。何より「命を支える機器を扱う」点に、大きなやりがいを感じ、将来の目標を臨床工学技士に定めたのです。この仕事は国家資格ということもあるので、できるだけ手厚くサポートしてくれる大学にいこうと考えました。少人数制で先生との距離が近く、丁寧に指導してくれる桐蔭横浜大学は、まさに理想の学校です。
  • 水野 星美
  • 現場で使われる医用機器を扱う授業で実践力を磨く。
    3年生になってからは実習や実験の授業がいっそう増え、専門性がどんどん高くなります。特に人工心肺装置は難しく感じました。テスト前には先生から許可をいただき、機器を借りて練習しました。人工心肺装置は、心臓の手術などを行う際に患者さんの心肺機能を代行する重要な生命維持装置です。実際に現場で使われる医療機器を扱う実習の場面では、臨床工学技士が持つべき使命感と責任感が伝わってきて、学習意欲も高まります。来年は卒業研究、病院実習、そして国家試験対策とやることはたくさんありますが、前向きな姿勢で一つひとつを乗り越え、夢を実現させようと思います。