single.php » 橋本リーダーが語る中等教育学校「15歳のグローバルチャレンジ」vol.2(全2回) | 桐蔭タイムライン
IMG_9775
橋本リーダーインタビュー
2018.07.12 (木)

橋本リーダーが語る中等教育学校「15歳のグローバルチャレンジ」vol.2(全2回)

2019年4月に男女共学化となる中等教育学校。今回は橋本雄介プロジェクトチームリーダーに、中等3年次に行うプロジェクト「15歳のグローバルチャレンジ」について聞きました。2回連続掲載の第2回です。

2019年4月に男女共学となる予定の中等教育学校。現在プロジェクトチームが新しい中等教育学校の教育活動を準備しています。

今回は橋本雄介プロジェクトチームリーダーに、中等3年次に行うプロジェクト「15歳のグローバルチャレンジ」について聞きました。2回連続掲載の第2回です。

IMG_9775

6年一貫校においては「3年生」が一番大切な学年

―6年一貫校である中等教育学校の、3年次に行うことに意味がある、と

「3年生」が一番大切な学年だと思っています。6年一貫校ですから、高校受験に特化した反復学習をする必要がありません。

この時期に、生涯学び続ける姿勢に必要なジェネリック・スキル、つまり変化する社会においてどんな時にも発揮できる能力・スキルを身につけることが必要なのです。

今まで学んできたことがどのようなことなのか、それが自分の将来や世界とどのようにつながっていくのか、ということを3年次に考えるということなのです。

そして、会議の議事進行などではできるだけ英語を使っていきたいと思っています。3年次には全員で行く海外語学研修があります。

その語学研修や15歳のグローバルチャレンジも含めて、15歳までに学んだことがこの2つの学習活動を通じていったん集約される。そして、4年以降の学習へと広がりを持っていく。

そういった意味でこの3年生が「まなびの交差点」になるようにしたいと思っています。

「15歳のグローバルチャレンジ」には「探究」はもちろん、本校の教育の3本柱である「アクティブラーニング型授業」「キャリア教育」の両方の要素も含まれているので、桐蔭学園の教育を体現する活動になると信じています。

IMG_9796

桐蔭学園から世界へ羽ばたく

―後期課程(4年~6年)への接続という点では

先ほども話したように、4年、5年の探究の授業で「自分で問いを立てる」という点に大きく影響を与えると思っています。

もう1点は、世界をより深く知る、という中で、「世界の中での日本」あるいは「日本の中で暮らす自分」というものがより客観的に見えてくる、という点です。

それによって、「自分」という存在を、どのように意味づけしていくかということを多くの生徒が考える機会になると思います。

「自分」の命の意味を自分のことばで、期待を込めて話せる大人がどれだけいるでしょうか。

桐蔭学園の新しい中等教育学校は、先の見えない複雑な未来を受け入れて、それに対して明るいまなざしで立ち向かえる18歳が巣立つ学校でありたいと思います。

IMG_9776

模擬国連部の活動も、もともとは生徒自身の企画から生まれたもの

―「15歳のグローバルチャレンジ」、もともとは生徒自身の企画から生まれたと聞いています

このプログラムの大元になっている模擬国連部の活動も、もともとは生徒自身が課題研究という探究的な学習の中から自発的に生まれたものなのです。

発端はその1年ほど前に行われたウインターキャンプでの総合学習行事「なろう☆国連大使」という企画でした。

国際理解とプレゼンテーション力を向上させるための学習企画だったのですが、その小さな種が十数年の時を経て大きな木に育ってきたのです。

―桐蔭学園を志望する受験生への期待は

新たに中等教育学校に入学してくる生徒には、ぜひ自分に大きく期待してほしいと思います。

そして、桐蔭学園で学ぶことの楽しさを味わい、学ぶことで自分が更新され、成長していく実感を得てほしいと思っています。

(完)

IMG_9797

桐蔭学園で、自分に期待し、自分の成長を実感してほしいと思います

###Posted at 2018-07-12 17:01:25. Original.No Edited.###


「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)