single.php » 中等教育学校模擬国連部が全日本大会で優勝!~「15歳のグローバルチャレンジ」へ弾み | 桐蔭タイムライン
IMG_8838
中等教育学校 部活動情報
2018.11.19 (月)

中等教育学校模擬国連部が全日本大会で優勝!~「15歳のグローバルチャレンジ」へ弾み

中等教育学校模擬国連部が、今年も全日本大会で優勝し、来年5月にニューヨーク・国連本部で開催される世界大会に出場することとなりました!
IMG_8836

最優秀大使賞の袴田英希くん(右・5年)と西田翔くん(左・4年)

11月17日(土)・18日(日)の2日間にわたり東京の国連大学において第12回全日本高校模擬国連大会が開催され、中等教育学校の袴田英希くん(5年)・西田翔くん(4年)のペアが優勝にあたる最優秀賞を受賞しました。

同ペアは来年5月にニューヨーク・国連本部で開催される世界大会に出場します。

今大会では、日本全国から選抜された86チーム172名が「武器移転」をテーマに、世界各国の大使として熱い議論を交わしました。

IMG_8838

左は川出くん(5年)・林くん(5年)のエジプト大使ペア

桐蔭学園中等教育学校模擬国連部からは2チーム4名が出場し、ニュージーランド大使・エジプト大使として、「武器移転における透明性確保」・「テロリストをはじめとした非国家主体に対する武器移転」といった論点を軸に各国との交渉に挑みました。

両国とも自国の利益、さらには国際益達成を目指してグループの中心として決議案の作成に尽力し、その結果ニュージーランド大使を務めた袴田くんと西田くんが最優秀大使賞を受賞しました。

中等教育学校模擬国連部の全国大会優勝は6回目、世界大会出場は5年連続9回目となり、日本全国の高等学校・中等教育学校の中でいずれも最多となっております。

なお、模擬国連活動を通じて養われる交渉力・分析力・情報収集力といった”力”、国際理解・異文化理解といった”姿勢”は、現中等・中学3年次の探究の授業、そして来年度より男女共学化され新たにスタートする中等教育学校3年次の「15歳のグローバルチャレンジ」で全ての生徒に還元していく予定です。

###Posted at 2018-11-19 08:09:51. Edited at 2018-11-19 08:32:12.###


  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)