IMG_2020
15歳のグローバルチャレンジ
2021.03.23 (火)

2021年4月始動! 中等教育学校「15歳のグローバルチャレンジ」vol.1(全2回)

2021年4月に始動する日本初のプロジェクト「15歳のグローバルチャレンジ」について担当の橋本主幹教諭に聞きました。2回連続掲載の第1回です。
IMG_2020

日本初のプロジェクトを率いる橋本雄介主幹教諭 模擬国連部の顧問でもある

2019年4月に男女共学化した桐蔭学園中等教育学校。さまざまな教育活動を展開する中、2021年4月に日本初のプロジェクト「15歳のグローバルチャレンジ」が始動します。

今回はこのプロジェクトを担当する橋本雄介主幹教諭に、「15歳のグローバルチャレンジ」の狙いについて聞きました。2回連続掲載の第1回です。

※この記事は2018年7月に掲載した記事を再構成したものです


―「15歳のグローバルチャレンジ」とは

世界の様々な国の立場から、より良い世界を作るために世界が団結して取り組むべきこととは何かを考えるという授業です。今までにない視点から世界を見ることで、柔軟で深いものの見方ができるようになることを期待しています。

―具体的にはどのような授業になりますか

まずは、自分が割り当てられた国についての理解を深めます。その国の位置や地理的な特徴、文化や歴史などを調べて、少しずつ担当国の「国民」に変身します。

もちろん、知ると言ってもただ調べるだけではなく、その国の食文化や音楽など、五感で理解することも大切かな、と思います。

そのうえで、その国が抱えている政治的な問題、国内、国外の問題どちらも調べていきます。グローバル化が進む現代において、国内で完結する問題はほとんどありません。

自国が困っている問題を解決するためには、どのような国と協力する必要があるのか、どうして問題解決が進まないのかを深く考え、年度末の「模擬国連会議」につなげます。

001

2018年5月の世界大会に出場した模擬国連部の2人

―模擬国連とは?

国連総会では、様々な国際問題について193の国連加盟国の政府代表が議論し、問題解決に向けた決議を作成しています。

模擬国連会議では、参加者一人一人が国連に派遣された一国の政府代表・全権大使となりきって議論を行います。

議題は「ジェンダー平等」「サイバー空間の安全保障」「国際移住と開発」「食糧安全保障」など様々なものがありますが、各国の大使は自国の国益を守りつつ、より良い世界の実現を目指して議論をします。

この活動を通じて、自分たちが生きる世界がいかに複雑なものか、自分のことばで話せるようになるはずです。また、今までとは違った視点から物事を考える柔軟性も身につきます。

もちろん、会議を通じて分析力や論理的思考力、交渉力、英語力の向上も期待できます。

―中等教育学校での伝統的な部活動である「模擬国連部」について教えてください

中等教育学校の模擬国連部は今年で創部15年目を迎えます。7回の優勝(最優秀大使賞獲得)を含め、11回全日本大会を勝ち抜き、世界大会への出場を果たすことができています。

これは歴代の部員たちが築き上げてきた大きな財産です。先輩から後輩へと、議論のスキルなどが受け継がれてきているのです。

模擬国連部が築いてきたその伝統を、今回「15歳のグローバルチャレンジ」という授業で、全生徒に継承することができることを嬉しく思っています。

IMG_9794

「模擬国連部のネクタイ」という議題で会議を行い、全会一致の決議を得たデザイン

―「15歳のグローバルチャレンジ」は探究の授業の一環として行われるのですね。

本校では、週に1回「探究(授業名:未来への扉)」という授業があります。1,2年生では「課題の設定」⇒「情報の収集」⇒「情報の整理・分析」⇒「まとめ・発表」というサイクルで授業を行いました。

「探究」の授業は、自分で課題を設定してその解決方法を探る、という点が従来の授業と異なる点です。

この「15歳のグローバルチャレンジ」を3年次に行います。さらに4,5年生では、さまざまな視点から世界を捉えた経験をもとに自ら探究の課題を設定します。多角的なものの見方は一生使えるものだと思います。

「15歳のグローバルチャレンジ」を経て、その問いがより豊かな、世界に接続されたものになると期待されます。

(vol.2へと続きます)

###Posted at 2021-03-23 21:00:58. Original.No Edited.###

Web-PR02

  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)