001
【連載・まなびの窓】
2021.09.10 (金)

オンライン会議でホームルーム!夏休みのふり返りを共有☆

学園で展開する教育活動の様子を紹介する【連載・まなびの窓】。本日は、オンライン学習期間中に中等5年生が行ったオンライン会議形式のホームルームの様子をレポートします
001

ブレイクアウトセッションで意見を交換します

学園で展開する教育活動の様子を紹介する【連載・まなびの窓】。本日は、中等5年生のオンライン会議形式のホームルームの様子を紹介します。

9月1日からオンライン学習が続いていますが、中等5年生ではオンライン会議形式にロイロノート・スクールを組み合わせたホームルームで夏休みのふり返りを行いました。

土曜日のロングホームルームの時間に、生徒たちは各担任のオンライン会議のミーティングルームに入室します。

002

担任はグループでの話し合いの状況を会議システムで確認

①生徒たちは共有されているクラスメイトの夏休みのふり返りカードに目を通します。これは『個』の活動です。

ふり返りカードには各教科の学習時間や、力を入れて取り組んだ学習内容などが書かれています。

記入例)
【数学】

数学問題集635問解いた!

数学IIB講座完全修了!

【英語】

音読長文合計約70回音読した!

英検合格問題集一冊全部

②ブレイクアウトセッション(5人グループの小分けされた会議室)で自分自身の夏休みふり返りカードを報告し、クラスメイトのものを閲覧して考えたことを共有します。これは『協働』の活動です。

③メインミーティング(クラス全体の会議室)に戻り、ブレイクアウトセッションで話し合ったことを発表します。これも『協働』の活動です。

④最後に、このホームルームのふり返りとして「夏休みの計画・実際・今後」を記入して提出します。これは『個』の活動です。

⑤担任はロイロノート・スクールに提出されたふり返りにに共有設定をかけて、相互に閲覧できるようにします。

005

ロイロノート・スクールのYチャートを使って計画・実際・今後を記入します

5年C組担任の平田教諭は「このホームルームで気づいたことを具体化するために、Yチャートカードを用いて自分自身の夏休みの「計画(P)」→「実際(D・C)」→「今後(A)」を見つめ直してもらいました。

このような視点によるふり返りが、学習面だけでなく、生徒たちの様々な取り組みに活きてくることを願っています。

また、夏休みのふり返りとしてはもちろん、オンライン授業期間の初めての週末ということで、今後の「『+αの学習・放課後の努力』に向けた良いモチベーションアップの機会となったようです」

と今後の展開に期待を寄せていました。

###Posted at 2021-09-10 10:00:03. Original.No Edited.###

Web-PR02

  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)