写真③ - コピー (2)
学園祭に向けて
2021.12.10 (金)

E棟鵬翔祭準備-“protagonist”たちの飛翔

生徒一人一人が主人公=「Protagonist」
E棟で生活を共にする中等17期・18期、高校男子部57期・58期を表すダイナミックで美しい4羽の鳳凰をご覧ください。

12月23日(木)に校内在校生限定で開催予定の学園祭「鵬翔祭」に向けて、E棟でも準備が進んでいます。
時代を反映し、実行委員たちの打ち合わせはオンラインを活用。
生徒たちの発案で、課長会議は「Zoom」と「Slack」というアプリで実施しています。

写真①

校内の装飾も、少しずつ形になってきました。
装飾課長 中等18期 広川諒乃介さんからのメッセージを紹介します。

我が校の校章は「五三の桐」と呼ばれます。
桐には、瑞鳥、鳳凰(ほうおう)が宿るとされています。

千里万里を天翔(あまかけ)る前に、鳳凰がその力を養うのが桐樹の蔭(かげ)です。緑の高台に陽光を浴びて白亜の校舎が点在し、その間に広がる広大なグラウンドは、まさに桐樹の蔭。学校創立以来、その「力」は年ごとに飛躍しており、おおとりのひなは、この桐の蔭から次々と飛び立っています。(本校HPより引用)

共学化に伴い、設立以来、数十年の歴史をもつ「男子部の鵬翔祭」は終わりを告げようとしています。
そんな今だからこそ、我が校のルーツである鳳凰で鵬翔祭を飾ることにしました。
E棟マルチパーパスにそびえる、ダイナミックで美しい4羽の鳳凰は、まさに現在E棟で生活を共にする中等17期・18期、高校男子部57期・58期を表しています。

写真②

写真③

今回のE棟鵬翔祭のテーマは「Protagonist」(「主人公」)。
生徒一人一人が「主人公」となって準備を進めています!

###Posted at 2021-12-10 12:01:36. Edited at 2021-12-20 15:59:50.###

Web-PR04

  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)