IMG_0915
岡田直哉校長からのメッセージ
2022.02.09 (水)

桐蔭学園高校を受験のみなさんへ 岡田直哉校長からのメッセージ

高校入試受験生のみなさんへ、岡田直哉校長からの激励メッセージをお届けします。

2/11は桐蔭学園高校の入学試験です。高校受験生の皆さん、今どのような心境ですか。

私(岡田)が桐蔭生によく話すエピソードを紹介しましょう。高校3年生を担任していたときのことです。

毎年1月の土日に行われる大学入試センター試験(現在の大学入学共通テスト)の当日、私は桐蔭生の試験場となったある大学の正門前で、次々にやってくる生徒たちを激励していました。

すると、よく見知ったA君がこちらに向かってくるのが見えました。いつも友人たちと賑やかにやりつつも、学習に対しては人一倍集中力をもって取り組んできた生徒です。

いつも通り、仲間と一緒にワイワイやってくるのだろうと思いきや、この日はひとり。

【下の写真は12月に行われた学園祭の様子】

IMG_6332-e1638432212903

クリスマスツリーの準備をする生徒たち

IMG_0891-e1638432192743

完成!笑顔がはじけます

私の前に立ったA君は、口を真一文字に結び、顔はこわばり、握手する手はぎこちない。緊張しきっているのが痛いほどわかります。

たしかにセンター試験の出来が合否に大きく関係するといわれる国公立大医学部志望のA君が緊張するのは無理もありません。ただ、この緊張度合は尋常ではない。結果は…惨敗でした。

本番では、練習で出来なかったことが出来るなどという奇跡は起きません。今までに培ってきた力を100%発揮できるかどうかにかかっているのです。

そのためには、試験場という「非日常」に、いかに「日常」を持ち込めるかがカギになります。

A君が失敗してしまった原因として、受験を特別視してしまったあまり、完全に「非日常」モードで突入してしまったことがあります(後日、見事第2志望の国立大医学部に合格したA君もそのように自己分析していました)。

IMG_1235

生徒に囲まれました^^

いつも仲間と賑やかに過ごすタイプなら試験当日もそうすればよいし、逆にひとりで行動することが多いタイプならやはりそうすればよいのです。

受験に向けて気持ちを持ち上げることはもちろん大切です。しかし、試験場に「日常」を持ち込み、普段の力を100%発揮するためには、受験をあまりにも特別視することは禁物です。

いよいよ高校入試が始まります。皆さんの「日常」を胸に秘めて、がんばってください。

※入試の前日(10日)から当日にかけて、降雪の予報が出ています。状況次第では試験時程に大きな変更が生じる可能性もあります。前日10日に学園公式ウェブサイトの「TOIN HEADLINE NEWS」および桐蔭タイムラインにてお知らせする最新情報を、必ずご確認ください。

IMG_0915

受験生のみなさん、がんばってください


岡田校長のブログへのリンクはこちら


###Posted at 2022-02-09 13:54:38. Original.No Edited.###

Web-PR02

  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)