single.php » 「ハンナのかばん」がやって来ました | 桐蔭タイムライン
DSC_5575_R
訪問授業
2016.10.31 (月)

「ハンナのかばん」がやって来ました

11月に鑑賞する演劇「ハンナのかばん」の事前学習として、中学校女子部1・2年生が10月31日(月)6校時の道徳の時間に、NPO法人ホロコースト教育資料センター代表の石岡史子さんの訪問授業を、桐蔭学園アカデミウム内のポロニアホールで受講しました。

中学校女子部1・2年生は、11月21日(月)に桐蔭学園シンフォニーホールにて、劇団銅鑼の公演「ハンナのかばん」を鑑賞する予定です。

この舞台は、チェコ生まれの少女ハンナ・ブレイディに実際におきた出来事を通して、今の自分にとって大切な物は何か?ということと、違いを受け入れる寛容さを生徒たちに考えてもらおうとするものです。

その事前学習として、10月31日(月)6校時の道徳の時間は、NPO法人ホロコースト教育資料センター代表の石岡史子さんの訪問授業を、桐蔭学園アカデミウム内のポロニアホールで受講しました。多様性を認め合うということは日頃のアクティブラーニング型授業でも重要な要素ですが、今日のお話は、ずっしりと重みのあるテーマでした。

DSC_5591_R

DSC_5575_R   DSC_5576_R

DSC_5585_R   DSC_5597_R

DSC_5604_R   DSC_5605_R

DSC_5609_R   DSC_5613_R

「ホロコースト」という言葉は聞いたことがあっても、詳しくは知らない生徒たち。ヨーロッパに暮らしていた多くの「ユダヤ人」(ユダヤ教を信仰する人々やその子孫) が殺され、その数は600万人。そのうち150 万人は子どもであったというナチス・ドイツによる虐殺の実態は、生徒たちには大きな衝撃でした。

同年代の主人公13 才のハンナもその一人であったという事実。ハンナの何気ない日常生活が紹介されればされるほど、突然忍び寄る悲劇を予感して苦しさすらおぼえているようで、目頭を押さえる者、すすり泣く者もあちこちにいました。

選挙という正当な手段を巧みに用いながら権力のモンスターへとのし上がっていったヒトラー、そしてそれを許す結果となってしまった国民・・・。張りつめた緊張感を宿しながらも静かに淡々と語りかける石岡さんの情熱的なお話に、生徒たちは引き込まれていきました。

今日の生徒たちの心には、未来を担う国民としての強い意識が芽生えたようでした。

DSC_5579_R

ハンナのかばん:名前や生年月日のほか「孤児」と書かれています

DSC_5607_R

無造作に打ち捨てられたかばんの一つでした

DSC_5593_R

強制収容時一人1個に制限されたかばん:大した量は入りません…

DSC_5589_R

アウシュビッツから託された「ハンナのかばん」を前に真剣に話を聞く生徒たち

DSC_5586_R

訪問授業終了後も、石岡さんにもっと話を聞きたいという生徒たちが列を作りました。涙ながらに今日の感想を語り、石岡さんももらい泣きされているようでした。会場が閉場となっても話を聞きたい生徒はまだまだおり、ポロニアホール前のロビーでも熱い時間は続きました。

DSC_5620_R

DSC_5622_R

DSC_5623_R

###Posted at 2016-10-31 20:29:22. Edited at 2016-11-01 06:23:33.###


  • 校長ブログ
  • 中等・中学校男子部 学校説明会
  • 中学校女子部 学校説明会
  • 170410高校説明会(男女共学化)バナー
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • 170622中3修学旅行
  • TOIN CHANNEL
  • agenda8
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)