single.php » 高校男女で保護者授業参加が行われました | 桐蔭タイムライン
s-IMG_4837
保護者授業参加
2016.10.24 (月)

高校男女で保護者授業参加が行われました

10月22日(土)に、高等学校男子部・女子部で「保護者授業参加」が行われました。保護者授業参加は年に1回行われ、今年度も1校時から多くの保護者が参観に訪れました。

10月22日(土)に、高等学校男子部・女子部で「保護者授業参加」が行われました。

保護者授業参加は年に1回行われ、1校時から3校時まですべての授業を参観していただくことが可能です。今年度も1校時から多くの保護者が参観に訪れました。

s-IMG_4837

多くの保護者が参観に訪れました

高1・中等4年、高2・中等5年のアクティブラーニング型授業でのグループワークや発表には、特に関心を持って参観している様子が見られました。また、自分の親が参観に訪れていることに気付いた生徒は、いつも以上に(?)緊張感を持って授業に臨んでいるようでした。

IMG_4861

高等学校女子部 グループワークの様子を参観

s-s-IMG_4870  s-s-IMG_4871

参観後には保護者アンケートにご協力をいただき、さらなる授業の改善に役立てています。保護者アンケートには、

・難しい内容を映像を通してわかりやすく教えてくださっています。(親の)私達にとっても勉強になりました。
・先生と生徒との関係が、日々、積み重なっていることをわずかな時間の中で感じることは、とても温かい気持ちになりました。
・ペアワークも生徒が自分で考える時間をもてるのでとてもよいと思いました。
・各ワーキングに集中しています。グループ討議も積極的に参加しており、意識レベルがいよいよ上がってきているのを感じました。
・電子黒板が活用されているのは素晴らしいと思います。子供達の聞く姿勢や取り組む態度は真剣ですが、アクティブラーニングを取り入れた授業でとても伸び伸びしていました。大学受験に向けた重苦しい空気の中での授業かと思いましたが、ここでも桐蔭学園らしさが出ており素晴らしいと思います。
・グループで話し合う時間もあり、互いに高めあう感じがありよかった。
・グループ毎に活発に議論しているので驚いた。生徒たちが積極的に説明し、教えあっていた。解法を発見したときとても楽しそうだった。
・タブレットを使った授業は、記述問題の添削をクラス全員とシェアでき、素晴らしいと思いました。
・物理は難しいというイメージが強いのですが、先生の手づくりの実験装置なども活用していて身近な学問であることを改めて感じました。

といった感想が寄せられました。

s-IMG_4858

資料とアンケート

170215オープンスクール
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)