single.php » 私のイチオシ本!「ビブリオバトル」が行われました | 桐蔭タイムライン
13
中等教育学校1年「ビブリオバトル」
2017.03.22 (水)

私のイチオシ本!「ビブリオバトル」が行われました

3月21日(火)、中等教育学校1年生は学年行事「ビブリオバトル」を行いました。「ビブリオバトル」とは、自分で読んで面白いと思った本を何人かが発表し、投票で「チャンプ本」を決める行事です。
13

自分の一押しの本について3分間で語ります

3月21日(火)、中等教育学校1年生は学年行事「ビブリオバトル」を行いました。「ビブリオバトル」とは、何人かの参加者が、自分で読んで面白いと思った本を発表し、全ての発表終了後に投票を行い、最多票を集めた本が「チャンプ本」(=優勝)となる行事です。

今回の「ビブリオバトル」は、探究科と国語科のコラボレーションで行いました。今回の行事を通して、生徒たちに養ってほしい力は以下の4つです。

1 発表力
2 傾聴力
3 質問力
4 協働力

どの活動にも、「他者を認める姿勢」が必要となってきます。生徒たちは代表者の発表を真剣に聴き、本気で質問を考え、みんなで素晴らしい行事を作り上げようとしました。

14

聴衆からの質問に丁寧に答えます

今回小ホールで行われたのはビブリオバトル本戦で、事前にクラス内予選が行われ、各クラス2名の代表者が選出されていました。発表者の持ち時間は3分で、発表が終わった後に2分のディスカッションの時間を毎回設けます。

発表者は自分が推す本の実物を持参し、その本の素晴らしさ、自分がどのような点に感動したのかを、表情豊かに発表しました。発表後のディスカッションでは、その本の内容や発表者の感想などをさらに掘り下げる質問があり、発表者も質問に対して誠実に答えていました。

ちなみにエントリーされた本は以下の8冊です。

・横溝正史「獄門島」
・住野よる「君の膵臓をたべたい」
・吉村昭「破獄」
・学研教育出版「5分後に意外な結末」
・星新一「つぎはぎプラネット」
・小出一冨「人生が変わる古事記」
・モーリス・ルブラン「ルパンの大冒険」
・エドガー・ライス・バローズ「金星の海賊」

「チャンプ本」はB組青木くんが発表した「5分後に意外な結末」でした。

62

やった!チャンプ本、決定!

###Posted at 2017-03-22 13:08:43. Original.No Edited.###


  • 校長ブログ
  • 中等・中学校男子部 学校説明会
  • 中学校女子部 学校説明会
  • 170410高校説明会(男女共学化)バナー
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • 170622中3修学旅行
  • TOIN CHANNEL
  • agenda8
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)