single.php » 男声の響きがホールを包む―中等前期課程で合唱コンクールが行われました | 桐蔭タイムライン
IMG_1338
中等教育学校前期課程合唱コンクール
2017.12.21 (木)

男声の響きがホールを包む―中等前期課程で合唱コンクールが行われました

12月18日(月)、中等教育学校前期課程の合唱コンクールがシンフォニーホールで行われました。
IMG_1338

シンフォニーホールの晴れ舞台

12月18日(月)、中等教育学校前期課程(1年~3年)の合唱コンクールがシンフォニーホールで行われました。

開会の言葉、校歌斉唱に続いて、音楽科から審査の説明がありました。審査項目は、「演奏態度」「歌声」「ハーモニー」「表現」の4つです。どのクラスもこの日に向けて一生懸命練習を重ねてきました。

1年生は初めての合唱コンクール。フレッシュな歌声を披露しました。1年生は高音部のパートが綺麗に出るのが特徴です。

2年生は、昨年の経験を活かして団結力のある歌声を披露しました。

そして3年生。パートごとのまとまり、堂々とした演奏態度はまさに上級生の貫録。迫力のある歌声で後輩たちのよき模範となる演奏でした。

曲目は、優勝した3年A組のレミオロメン「3月9日」、スピッツの「チェリー」「空も飛べるはず」、ゆずの「栄光の架橋」、アンジェラ・アキの「手紙」といった誰もが耳にしてことがあるような選曲でした。

IMG_1347

声をそろえて、こころをひとつに

合唱の練習は、週に1時間ある音楽の授業を中心に、放課後などの空き時間を利用して行ってきました。パートリーダーや指揮者の生徒たちが、リーダーシップを取りながらまとまりのある合唱を作り上げていきます。

合唱コンクールは、普段の学校生活ではなかなか見ることのない生徒の一面を見ることができる機会でもあります。クラスが一つの目標に向かって力を結集する様子は、生徒の頼もしさを感じる瞬間でもあります。

このような行事で、生徒たちはお互いを認めて尊重する意識を持つことができたのではないでしょうか。

なお、平日にもかかわらず、シンフォニーホールにはたくさんの保護者が鑑賞に訪れました。生徒の美しい歌声は、保護者の方々の胸に届いたことと思います。

IMG_1355

生徒の手作りによるパンフレット 表紙デザインが素敵です

###Posted at 2017-12-21 08:30:37. Edited at 2017-12-21 08:40:53.###


  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)