桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

医用工学部紹介

学部長からのメッセージ

学部長からのメッセージ

近年、医学領域においては急速な技術革新が行われています。特に、診断・治療技術の開発、遺伝子工学や医用材料工学の発展には目覚しいものがあります。医用工学部は生命医工学科と臨床工学科の2学科からなり、医学と工学とが融合したメディカル新時代を担う新しいタイプの学部です。最先端の工学技術を駆使して、医療の発展に貢献します。

生命医工学科は、生物工学の技術に基づき、医用材料および再生工学技術の発展に貢献できる人材を育成することを目的とします。工学をベースとして実験動物、細胞を用いて蛋白質、組換えDNA技術等を扱いながら、医学・医療へ貢献します。また、「臨床検査技師」国家試験受験資格を取得するためのカリキュラムを併設しています。その他、放射線取扱主任者、バイオ技術認定、ME技術実力検定2種・1種などの資格取得もめざせます。

臨床工学科は、医用工学を臨床領域へ展開し、医療機器・器具の開発研究を通して、現代医療の質の向上に貢献し得る人材教育を行うことにより、医療技術の発展に寄与することを目的としています。さらに、医療国家資格である「臨床工学技士」受験資格を取得するためのカリキュラムに加え、ME技術実力検定2種・1種、放射線取扱主任者、基本情報技術者、CAD利用技術者1級・2級などの合格をめざした指導を実施しています。

学部長  萩原 啓実

教育研究上の目的

医用工学部

医用工学部は、医学、環境、情報、電子、生物医療、福祉、バイオ、遺伝子など様々な学問領域を有機的に連携させた教育を行い、最先端の工学技術を駆使して社会の発展に寄与する人材を育成する。

生命医工学科

生命医工学科は、生命工学の技術に基づき、医用材料及び再生工学技術の発展に貢献できる人材を養成する。

臨床工学科

臨床工学科は、最新生命維持管理装置の知識を有し、その操作・管理を円滑に行える臨床工学技士の養成と高度な医療技術を身につけた医用技術者を養成する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入の基本方針)

生命医工学科

  • 生命現象に強い関心を持ち、化学や生物学を用いてその解明を積極的に遂行しようとする志向を有すると同時に、そこから得られた新たな知見を基に、医療技術の発展に貢献したいと考えている人。
  • 臨床検査技師(国家資格)として医療機関や臨床検査センターで従事することを強く希求する人。

臨床工学科

  • 医学と工学の両学に興味があり、それらを修学するための自己学習・自己啓発を積極的に行う意志を有し、新たな医療機器の研究開発および医療技術の発展に貢献したいと考えている人。
  • 臨床工学技士(国家資格)として医療機関や医療機器メーカーなどの企業で従事することを強く希求する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の基本方針)

医用工学部では、人の健康を保ち、社会を疲弊から開放する医用工学諸分野の科学者・技術者を養成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  • 入学時に基礎学力確認試験を行い、学生一人ひとりの基礎学力達成度に応じた能力別の基礎教育を行います。基礎学力達成を目的とする「修学必須科目」は重要な卒業要件です。
  • 自立的学習支援プログラムによって、高等学校理科各科目の補修が可能です。また、このプログラムによって実験・演習科目の課題達成の援助が受けられます。
  • 専門科目では実験が重視されます。実験結果のレポートの他、手書きによる予習・復習のノートの提出を求め、評価を行います。実験科目は重要な卒業要件です。
  • 三年次後期の終了後、本学部の教育課程の達成度が評価され、臨床実習と卒業研究の実施に関する可否が審査されます。

ディプロマポリシー(学位授与の基本方針)

医用工学部の教育課程に定められた卒業要件単位を取得し、卒業研究の論文発表を行い、以下に示される医用工学部の教育方針に鑑みて、有意義な成果を挙げたことを卒業判定会議で認められた者に、学士(工学)が授与されます。

  • 医用工学者に求められる健全な人間性をそなえ、社会連帯を重んじ、自分の職務に責任を感じ、データを偽らず、個人の尊厳を重んじる人。
  • 人と共感・協調し、自分を表現する能力を持ち、共同の目的達成に貢献し、指導的立場に立つことのできる人。
  • 自立的に学び、自分の進路を積極的に開拓できる人。
  • 国際的なコミュニケーション能力の涵養に積極的に努め、国際的地平で医用工学の研究開発に従事できる人。

学科紹介

生命医工学科(医用工学部サイト)

理工学を基軸とした臨床検査学の学び

理工学的基礎科目を基盤に、検査技術・検査機器の基礎となる生物工学系科目および医用計測系・情報系科目を学びます。さらに、医学系科目を学び、さまざまな実習を通じて臨床検査技術を総合的に習得していきます。卒業研究では、新たな医療技術のための研究・開発に取り組みながら、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を養います。

少人数制教育システム

1学年定員40名の少人数制で、教員と学生との距離がとても近く、アットホームな雰囲気の中で、学生一人ひとりに、きめ細かい指導を行っています。

実践的医学系教育システム

500床以上の病院と連携した約5ヶ月間の臨地実習をはじめ、第一線の医療現場で活躍している医療従事者が直接講義を担当します。

充実したキャリア教育

病院や医療機器メーカーで活躍する臨床検査技師の講義や臨床検査センターの見学を通じて、臨床検査技師への夢を実現するための活力を養います。

国家試験合格実績 ※2013年度卒業生の第60回臨床検査技師国家試験の合格率は96.4%(受験者数28名、合格者数27名)でした(既卒者を含む全国平均81.2%)。 ※2012年度卒業生の第59回臨床検査技師国家試験の合格率は95.0%(受験者数20名、合格者数19名)でした(既卒者を含む全国平均77.2%)。

臨床工学科(医用工学部サイト)

工学を基盤とした医療技術の学び

高度化する医療機器に即応できる臨床工学技士をめざすべく、基盤となる理工学的知識や技術の仕組みをしっかりと学びます。知識の習得と実績を繰り返し、臨床の場で臨機応変に対応できる医療と工学のスペシャリストを育てます。

学会や国際会議に参加、第一線の研究ができる

最先端の工学技術を医療に応用するため、研究施設「先端医用工学センター」を学内に設置。教員をはじめ、医師など様々な医療従事者とさまざまな医療従事者と共同で研究をすすめ、学内発表や英語で発表する国際シンポジウムなど最前線の研究に身を置くことができます。

複数の病院と連携による実践教育

隣接する「横浜総合病院」をはじめ複数の病院と連携し、現場で現役技士と一緒に生の体験をすることができます。通常の講義でも、現役の医師や臨床工学技士が講義を担当し、医療現場の空気や緊張感を感じられる環境で学べます。


pagetop

インターネット出願 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 大学基準協会における大学評価(認証評価)について 教育職員免許法施行規則第22条の6に規定する情報
PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから