作成者別アーカイブ: toin-principal

探究・みらとび発表会

11/14(木)、「探究・みらとび発表会」を実施しました。

桐蔭学園では学校改革の一環として、2016年度から本格的に探究の授業「未来への扉」(略して「みらとび」)を導入しました。「みらとび」の各ゼミで探究してきた成果を、各自がプレゼンテーションするのがこの発表会です。

IMG_5419 PB140291

「みらとび」では、①課題の設定⇒②情報の収集⇒③整理・分析⇒④まとめ・表現という探究の手順をふまえ、各ゼミ単位での活動を行ってきました。今回の発表会では、高校2年・中等5年(高校1年・中等4年が聴講)および中学女子部3年(同2年が聴講)では全員がプレゼンテーションを行いました。

思わず聞き入ってしまうプレゼンも。

PB140295 PB140280

プレゼン後には質疑応答も活発に行われていました。

PB140279 PB140288

中等1年生は体育館でのポスターセッションです。テーマは「偉人探究」。

IMG_8419 IMG_8362

多くの保護者の皆さまにもお越しいただきました。ありがとうございます。

IMG_8425

中学男子部3年は選抜者による発表(同2年が聴講)、そして中等3年はポスターセッション(同2年が聴講)というスタイル。いずれも体育館での実施です。

写真は中学男子部の様子。

PB140260

そしてこちらは中等3年によるポスターセッションの様子です。

中等3年

「新しい進学校」を目指す桐蔭学園は、アクティブラーニンブ授業、キャリア教育とあわせ、この探究(未来への扉)を学びの3本柱に据えています。大学入試をクリアすること、これはもちろん大切なことです。しかし、それだけではいけません。大学に入学してから、そして多様化が進む変化の激しい社会に出てからも地に足をつけて歩んでいく力が必要なのです。

探究(未来への扉)は「生涯、自ら学び続ける力」を育成することをその目標としています。

生徒たちには今回の経験を通じて、学ぶことの楽しさを、そして生涯学び続ける姿勢を得てほしいと願ってやみません。

 

11月のカレーランチ会

11/12(火)、13(水)の両日、カレーランチ会を行いました。その月に誕生日を迎える中等1年生を昼休みに校長室へと招待し、一緒にカレーライスをいただく企画です。

12日は13名の生徒がやってきました。一人ひとりが好きなだけライスをよそい、私(岡田)がカレールーをかけていく、いつものスタイルです。

PB120258 PB120260PB120259 PB120257

桐蔭学園では、授業の始まりと終わりの際や皆で食事をいただく際には「黙想」を行う習慣があります。

「姿勢を正して、黙想」

PB120270

「黙想やめ。いただきます!」

━━こんな感じです。

PB120271

あとは一人ひとり自己紹介をしながら楽しくいただきます。クラブ活動のことや桐蔭学園に入学しての感想、これからやってみたいことなど、話題は尽きません。

PB120277

この日はちょっぴりおとなしめの13名でした(緊張してたかな)。これからも桐蔭での生活を楽しんでくださいね。

PB120280

つづいて13日(水)の様子です。12名の生徒がやってきました。

PB130286 PB130287PB130292 PB130283

この日は元気な生徒が多く、最初から賑やかにスタートしました。

PB130295

生徒たちと話していると、友だち関係がいかに濃密であるかがよくわかります。何よりも生徒たち自身が多くの友だちと関わりたいと思っているようで、「これから桐蔭でやりたいこと」の筆頭にあがるのは「もっと多くの人と友だちになりたい」ということです。

PB130298

桐蔭に入学しての印象━━これはやはり「敷地が広く自然が豊か」「施設が充実している」という意見が多いですね。入学前にも感じていたのでしょうが、入学してみると改めて実感されるということなのかもしれません。

PB130296

このカレーランチ会、生徒たちは楽しみにしてくれているようですが、私にとっても生徒たちと直接話をすることができる機会ということで、楽しみにしているイベントの一つなのです。

PB130303

 

中等教育学校説明会(予約定員制)

11/12(火)、中等教育学校の説明会を実施しました。予約定員制ということで、100名様ほどによる比較的小規模な説明会。案内の教員と気軽にお話しいただけるのが特長です。

IMG_8310

最初に私(岡田)からご挨拶させていただきました。

「優秀な人物とはどのような人物でしょうか。知識やスキル、もちろんそれは大切です。しかし、知識やスキルを詰め込んだだけでは人工知能(AI)には到底かないません。走ることに関して、私たち人間が自動車にかなわないのと同じです。私たちは、AIが苦手とする分野の能力こそ磨かなければならないのです。桐蔭学園では『自ら考え判断し行動できる力を備えた人物の育成』をビジョンに掲げ、新しい進学校の実現に向けて改革を進めています」

IMG_8303_1

つづいて、現在中等1年生を担当する福田より、この4月から男女共学化した中等教育学校についての詳細と生徒たちの様子について、動画をふんだんに交えながら説明しました。

生徒たちの活き活きとした様子をお伝えできたのではないかと思います。

IMG_8312

最後に2019年度の入試に関する内容やデータの説明、そして2020年度の入試に関する説明を行い、説明会場でのプログラムは終了です。

その後、校舎案内に向かう皆さまをお見送りしました。

IMG_8323

現在中等1年生が生活するF棟の見学です。来年度の入学者もこちらで生活することになります。

IMG_8327

今回で中等教育学校「秋の説明会シリーズ」は終了となります。毎回熱心な皆さまにお越しいただき、大変嬉しく思うと同時に期待の高さに身の引き締まる思いがいたしました。誠にありがとうございました。

次は12月14日(土)の「入試体験会・入試説明会」でお会いしましょう。

IMG_8320

 

日能研 中央林間校「学校情報保護者会」

11/10(日)、日能研中央林間校で行われた「学校情報保護者会」にお招きいただきました。

予約申し込み開始後、かなり早い段階で定員満席(65名)になったとのこと。大変盛況な会となりました。

PB100260

前半は日能研・進学レーダー編集長である井上修先生による講演です。

主な内容は、①「2019年の中学入試動向」、②「大学入試改革と大学の変化、社会の変容。そして中高一貫、高校教育への影響」、③「今後志望校をどう選ぶか」というもの。いつもながら、鋭い分析かつ満載の最新情報が流暢な語りを通じて伝わってくる、大変興味深いものでした。

後半は、井上先生のリードのもと、森村学園中学・高校の江川昭夫校長先生と私(岡田)によるパネルディスカッションです。

【写真左から、井上先生、私、江川校長先生】

PB100259

アクティブラーニング型授業を中心として、探究(未来への扉)、キャリア教育を学びの3本柱に据えて学校改革を進める桐蔭学園と、未来を生き抜くグローバルな力を養成すべく「言語技術」のプログラムを展開している森村学園さんとのコラボレーションです。

PB100272 PB100277

江川校長先生も私も、自分の学校の教育理念について語る際には一段と力が入ります。何よりも、ご参加くださった皆さまが大変熱心に聴いてくださり、大変充実した時間を過ごすことができました。

PB100269 PB100278

この日は小学校5年生以下の保護者の方が対象。中学校受験は、志望校選びが大変重要です。評判の良い学校、大学進学実績の良い学校、偏差値の高い学校等々、さまざまな判断基準があります。しかし、それが「お子様に合った学校」であるかは別の話なのです。どうかお子様に合った学校を選んでさしあげてください。

まずは各学校の説明会に実際に足を運んでみること。これが何よりも大切です。

 

中等教育学校説明会「秋の説明会シリーズ」

11/9(土)、中等教育学校説明会を実施しました。「秋の説明会シリーズ」のうち、最大規模のものです。

大勢の皆さまにご来場いただきました。ありがとうございます。

1

今回の説明会は「生徒が前面に出ていく」ものとして企画されています。

説明会場となるシンフォニーホールのロビーでは、弦楽部の生徒たちがご来場の皆さまをお出迎え。

6

受付担当も、全員が中等1年生です。

5

説明会では、まずは私(岡田)からご挨拶させていただきました。

「現在桐蔭学園は、次の50年を見据えて大きな学校改革を行っている最中です。変化の激しい社会でしっかりと歩んでいくためには、しなやかな強さ―自ら考え判断し行動できる力―が求められます。その力を養うべく、アクティブラーニング(AL)型授業、探究(未来への扉)、キャリア教育を学びの3本柱として掲げているのです。桐蔭学園が目指しているのは『新しい進学校』にほかなりません」

7

こちらは中等1年生4名に対するインタビューのコーナーです。今回の説明会でのメインパートといってもよいかもしれません。

「桐蔭学園に入学して感じていることは?」「桐蔭学園での学びを通じてどう成長したと思いますか?」「受験生へのアドバイスは?」といった質問に対し、率直に答えてくれました。

大勢の皆さまの前で話をする経験が、生徒たちの成長に大きくつながるのです。

3

最後は本日登壇したメンバー全員が再び登壇してのご挨拶です。

司会の大役を務めてくれた中等1年生2名(森泉媛乃さん〈右から2人目〉と阪英治君〈同3人目〉)に即興でインタビューする私。

「桐蔭学園に入学する前に不安だったことは?」「桐蔭学園で自慢できることは?」といった即興の質問に、堂々と見事に答えてくれました。半年間の成長を感じ、本当に嬉しく思いました。

4

終了後、登壇してくれた6名の中等1年生とともに。すっかりリラックスした様子です。

2

司会をはじめ、生徒が前面に出た説明会ということで、不慣れな点も多々あったかと思いますが、中等1年生の活き活きとした姿をご覧いただくことができたという点では大成功であったと思います。

今回協力してくれた生徒たちにとって、かけがえのない経験になったことと確信しています。そういう意味で今回の学校説明会は、大切なキャリア教育の場であったともいえます。

ご来場の皆さまには、その一端でも感じていただけたら幸いです。

 

市進学院 新百合ケ丘教室「私学教育の魅力を考える会」

11/9(土)、市進学院新百合ケ丘教室で行われた「私学教育の魅力を考える会」にお招きいただきました。中学受験を考えておられる保護者の皆さまを対象とした講演会・座談会です。

ますは私(岡田)から、桐蔭学園中等教育学校が目指している「新しい進学校のカタチ」について説明いたしました。

「情報化、グローバル化がますます進み、人工知能(AI)技術が飛躍的に進化する次の時代において必要なこと、それはイノベーションを起こせる力にほかなりません。これは人工知能が不得意とする分野だからです。桐蔭学園では次の時代においても地に足をつけて、しっかりと歩んでいける人物を育てるべく、新しい教育ビジョン━━自ら考え判断し行動できる力の育成━━のもと、大きな学校改革を行っています」

PB090275 PB090270

つづいて、桐光学園中学・高校の中野浩校長先生より、同校の教育についてご説明がありました。

新しく掲げられたビジョンの一つ「一生続けられる好きなことを見つけよう」━━大変心に響きました。

PB090276

最後は質疑応答です。熱心な皆さまのご質問が尽きませんでした。嬉しい限りです。

PB090282 PB090281

保護者の皆さまと「フェイス・トゥ・フェイス」でお話しできる、大変有意義な会でした。桐光・中野校長先生のお話も大変魅力的で、勉強になりました。

お運びくださった皆さま、そして市進学院スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。