toinsky3-2
生徒の活動例
2020.05.29 (金)

生徒有志が企画したオンラインレク”Scattergories” ~自宅学習期間中の中等4年生徒に活気~

 5月の連休明けより、生徒たちは授業時間割に合わせたオンライン学習指導に取り組んでいる期間中ですが、中等教育学校4年では、5月16日(土)4校時、ロングホームルーム(LHR)の時間を利用して、学年生徒会(有志)によるオンラインレクリエーション”Scattergories(スキャテゴリー)”を実施しました。
 運営生徒たちは、普段から活用しているロイロノート・スクールで完結する進行計画(全て生徒作成)+オンラインHRでも導入されているCISCO Webex Meetingsが使用できる場合には臨場感を共有するという基本設計のレクリエーションを作り上げました。
  オンライン特有の事情も一部ありましたが、それぞれのクラスで大成功に終わりました。企画・運営をした生徒たちはもちろんのこと、「真摯に取り組んで大いに楽しんでくれた一般生徒も含め、”学年の力”を改めて誇らしく思った」とは学年教員の言葉です。生徒たちによるふり返りシートでも、以下の通り大変好評でした。
【生徒のふり返りより(一部)】
 ○久しぶりにクラスで何かをすることができたというのもありますが、内容もそれぞれ個性がでて面白く、とても楽しめました。
 ○頭がスッキリした。とても良かったです。ありがとうございます。
 ○普段とは異なる形でのレクリエーションでしたが、オンラインという環境を生かしていて面白かったです。
 ○めっちゃ楽しかった!問題に世界遺産とかがあるのは高校生らしくていいね、と思った。
 ○オンライン授業で忙しい中この企画を計画してくれた生徒会はすごいと思った。問題の中では4問目で回答を変えてしまったことが悔やまれる。面白かったのでこのような企画をまたやりたいなと思いました。
 ○オンラインでのレクはどうやってやるのか疑問に思っていました。ロイロを使ってやったのは驚きでした。とても楽しかったです。
 ○すごい盛り上がった。ちょっと自分の知識が無さすぎて悔しかったからまた機会があったらもう一回やりたい。生徒会のみなさんありがとうございました。
 ○こんなにフラットな感じのビデオ通話をしたことがなかったので、とても良い経験でした。
 ○ストレスが溜まっているこの時期にほっこりする時間を過ごせました。
 ○大喜利みたいで楽しかったです。お題も難かし面白いものばかりで、なかなか頭を使いました。自分は最後の方で色々とやらかしたので、問題は最後までよく聞こうと戒められました。楽しい企画ありがとうございました。
 ○オンラインだからこその企画で面白かった。みんなが笑っているのを久しぶりに見た気がする。
 ○めっちゃの楽しかった。惜しいのが何問かあったけど多分0 point。次あるかわからないけど次こそは1問くらい取りたいです。
 ○家にいても楽しめる企画でした。いい企画で、すごい楽しかったです。
今後のLHRでの企画も楽しみです。
学園公式Facebookでもご紹介しています。

###Posted at 2020-05-29 09:30:53. Edited at 2020-05-29 10:05:00.###

Web-PR1

  • 中等教育学校(男女共学)説明会Mバナー
  • 180214高校説明会(男女共学)バナー
  • 校長ブログ
  • メルマガ登録
  • アクティブラーニング
  • TOIN CHANNEL
  • 桐蔭学園シンフォニーホール
  • 桐蔭英語村
  • 桐蔭学園アカデミウム
「桐蔭タイムライン」とは
桐蔭学園での日々の出来事や、アクティブラーニング型授業を中心とした教育の取り組みを、リアルタイムで紹介するサイトです。また、受験生向けに入試トピックも充実した情報をお届けします。
桐蔭学園入試広報部

mail koho@toin.ac.jp

TEL 045-971-1411(代表)