桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

ユニバーシティ・ポリシー

ユニバーシティ・ポリシー

桐蔭横浜大学では、教育目標の達成のため、次のユニバーシティ・ポリシーを掲げています。

桐蔭横浜大学は、すべての学位プログラムにおいて、深い教養と倫理観を礎とした専門的知識・技能を有し、主体的に社会と関わり、その中で「人生と学びの基盤となる力」を発揮することで、社会の持続可能な発展に貢献し新たな価値を生み出すことができる人材を育成する。

ユニバーシティ・ポリシーとは、本学の学生に身に付けさせる資質・能力育成の方針です。ポリシーの中には、本学を卒業したすべての学生に身に付けてほしい資質・能力を示しており、特に「人生と学びの基盤となる力」とは、社会に必要とされる力のうち普遍的かつ不変な6つの力を指し、本学に入学したすべての学生は、この6つの力を育成する全学的なカリキュラムを学びます。

本学で学ぶことができる深い教養と倫理観

変化の激しい現代において、断片的な知識を暗記するだけの学び方では、社会の中で通用しません。大学生活を通して、社会の本質を見極める視点を涵養し、問題を発見し課題解決を行う力を養うことが求められています。本学では、すべての学生がユニバーシティ・ポリシーに掲げる「深い教養と倫理観」を身につけることができるように、大学共通科目「MAST」を体系化された学びとして創設しました。


本学で学ぶことができる専門的知識・技能

本学では、高い専門性をもったプロフェッショナルの養成を目指す法学部医用工学部スポーツ科学部(※設置構想中、旧:スポーツ健康政策学部)の3学部と、分野を横断する知識を統合して現代社会の課題解決を行う能力を養う現代教養学環(※設置構想中)を有しています。


人生と学びの基盤となる力

本学を卒業するすべての学生が卒業時に身につけるべき資質・能力として、6つの力から構成される「人生と学びの基盤となる力」を定義しました。


特色ある教育システム

本学では、ユニバーシティ・ポリシー及び各学部学環ディプロマ・ポリシーの達成のために、すべての学士課程のなかで、アクティブラーニングを推進するとともに、授業内外での学修支援に力を入れています。

○徹底したアクティブラーニング

すべての授業で教員と学生の双方向の対話を大切にし、一方的な講義だけではなく、学生が自らの思考を外化する活動を伴うアクティブラーニングを取り入れた授業設計を徹底しています。


○充実した学修支援

大学共通科目「MAST」の必修科目を始め、高度な専門科目の学習をサポートする様々な学習支援体制を整えています。また、授業外での課外活動の機会の提供や資格試験に特化したサポート、キャリア支援も行っています。
入学者に求めること

桐蔭横浜大学では、次に示す力を持っている方を歓迎します。

(知識・技能)
1.本学での学修に必要な基礎学力を有している。
(思考力・判断力・表現力)
2.物事を筋道立てて考えることができる。
3.他者の意見に耳を傾け、自己の考えを表現することができる。
(主体的に学習に取り組む態度)
4.他者と協働して物事に取り組むことができる。
5.何事にも主体的に関わる意欲を有している。


このページを見て桐蔭横浜大学に興味を持った方、自分に合っているかも?と思った受験生の方!
受験生応援サイト「Do it!」では、オープンキャンパスや相談会などのイベントの情報を随時発信しています。
ぜひ一度キャンパスに来てみてください!

pagetop

新型コロナウイルスに関する本学の対応について オンライン授業実践 奨学生制度・奨学金制度