桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

工学研究科紹介

研究科長からのメッセージ

大学院工学研究科では、医用工学分野の基礎から応用までの教授陣による親身な指導により、大学院生は日々勉学と研究に励んでおり、その成果は国内外の学会などで公表されています。本研究科では、国際的に活躍できる人材の教育に重点を置き、毎年、桐蔭医用工学国際シンポジウムを開催し国内外の著名な研究者を招いて講演を行うだけでなく、全ての大学院生が日ごろの研究成果を英語で発表する機会を設けています。

工学研究科では、社会に貢献できる人材の育成に力を注いでいます。共に研究していく大学院生の入学をお待ちしています。


教育研究上の目的

工学研究科 修士課程

工学に関する専門領域の知識を身につけ、研究並びに実験を通じて新規の理論と技術を提案し、国際的な研究発表活動にも対応できる能力を有する研究者を養成するものとする。

工学研究科 博士後期課程

工学に関する専門領域の知識を身につけ、研究並びに実験に精通しながら独自の論理と技術を構築し、専門分野とその周辺の工学分野に高度な知識を有しながら、国際的、学際的な研究活動も推進する能力を持つ研究者を養成するものとする。


3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入の基本方針)

修士課程

人間の身体の構造、機能さらには疾患に関する知見を踏まえたうえで工学領域からの最先端医療への貢献に関心のある大学院生を求めている。

博士後期課程

国際的に評価される高度な研究に自立的に取り組む意欲のある大学院生を求めている。


カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の基本方針)

修士課程

在学期間中に所要の授業科目を30単位以上履修するほか、必要な研究指導を受けることにより、各自の専門性を深めることができるようにする。

博士後期課程

単位制の授業は行わないが、指導教授より必要な研究指導を受けることにより、各自の研究を成し遂げることができるようにする。


ディプロマポリシー(学位授与の基本方針)

修士課程

医用工学領域における知識、技術を修得し、社会で活躍できる人材を育てる。

博士後期課程

独創的な発想をする能力を身につけ、国際的に通用する研究を自立的に行い医用工学の分野で活躍できる人材を育てる。


pagetop

インターネット出願 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 大学基準協会における大学評価(認証評価)について 教育職員免許法施行規則第22条の6に規定する情報
PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから