桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

桐蔭横浜大学憲章

教育目標

日本社会と世界の将来像に照らして、社会貢献できる人材を育成する。大学生、大学院生が、自ら判断する能力と実行力を磨き、仲間と協同することもできる人間に鍛える。

人権意識に目覚めさせ、市民性の涵養を行う。

教育システム

少人数教育により、教員と学生が、常に切磋琢磨できる機会が与えられるように教育環境を整える。

教職員は、常に、熱き心と冷静な頭脳でもって学生に接する。

研究活動

国際水準の研究を推進し、成果を出す。産学の連携と地域貢献にも力を注ぐ。

国際交流

世界各国と、留学生を介した交流を盛んにし、教職員の国際化に努める。

英語教育の充実に努める。

組織運営

適正な手続きによって大学を運営する。苦情処理の諸機関を充実させ、男女共同参画にも十分配慮する。

良質の教職員スタッフを揃える。

研究設備と教育設備の充実をはかる。

教育情報を公開する。

自己点検・自己評価を定期的に実施し、常に改善を心がける。

pagetop

インターネット出願 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 大学基準協会における大学評価(認証評価)について 教育職員免許法施行規則第22条の6に規定する情報
PAGE TOP
桐蔭学園のオフィシャルFacebookページはこちらから