桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

溝上慎一 学長 より学生の皆様へのメッセージ

学生の皆様へ

溝上学長からのメッセージにあるように、桐蔭横浜大学は4月21日から遠隔での授業を開始します。
遠隔授業はパソコン(PC)でも、スマートフォンでも受講できる形となっていますが、画像の大きさ、文書作成の便などかから考えると、やはりPCの方が受講しやすいと考えられます。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急経済対策として、「今回の緊急事態宣言により、外出自粛を始め様々な行動が制約されることとなる全国全ての国民の皆様を対象に、一律、1人当たり10万円の給付を行う方向で、与党において再度検討を行っていただくことといたします。」とのことです。また、給付は、5月中にできるとのことと、給付方法は自己申告との報道がされています。

この施策が実現しますと、10万円の給付を受け学生の皆様が、この10万円をどのように使うかは各人の自由なご判断ですが、仮に、遠隔授業でPCがないなどの状況にある学生は、可能であればPCの購入に振り向けることも考えて頂きたいと思います。

PCは、文系・理系を問わず、多くの分野で必要不可欠なツールです。多くの職種では、PCによる仕事が必須であり、キャリア上でも有益です。将来に向けて投資をするという意味でも、給付金の使途にふさわしいと思われます。

なお、あくまでも参考ですが、PCの購入に当たり複数の学生さんからの問合せを踏まえますと、PCはノートパソコンで、CPU/core i5以上、メモリー8GB以上、ハードディスク256GB以上、持ち運び便利なものが推奨です。また、ワード、エクセル、パワーポイントのソフトが必要です。自分や家族での使い方など、それぞれの状況に応じて検討して下さい。5万円を少し超える程度のものからあります。
今後、オンライン授業が増えることを予想し、この機会に授業に対応できる環境(無制限のWiFi環境,パソコン)を整備することもお考え下さい。

今回の新型コロナウイルス感染症による有事は、学生の皆様のパソコンスキル、ICTスキルを高めるチャンスにしてください。大学もサポートしていきます。未来へのチャンスととらえて取り組みましょう。

pagetop

新型コロナウイルスに関する本学の対応について オンライン授業実践 奨学生制度・奨学金制度