桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部 桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部

活躍する卒業生

桐蔭横浜大学の卒業生たちから、
後輩へのメッセージを
いただきました。

活躍する卒業生

GRADUATES

  • 佐々木 莉紗 佐々木 莉紗
  • 小学校教員

    横浜市立森の台小学校 勤務(2015年度現在)

    佐々木 莉紗

    スポーツ健康政策学部 スポーツ教育学科(2013年3月卒業)

    県立不来方高等学校出身(岩手県)

    楽しく、分かりやすく「伝える」授業を心掛けています。
    努力を重ね、結果を導く。 在学中は、スポーツを切り口としたビジネスやテクノロジー、人の心のあり方など多様な世界に触れていく授業を経験し、視野が広がりました。そのうえで教師になる道を選んだ私は、3年次に教員志望者のための特別ゼミにも所属。同じ志を持つ仲間と励まし合いながら、数え切れないほど面接や模擬授業の練習を行いました。このように時間をかけて自分に自信を付け、教員採用試験対策に詳しい先生方にも協力いただいたことーそれが、合格につながる要因だったと感じます。大学で過ごした4年間は、漠然としていた将来に「教員」という形を与えてくれた、私にとって意義深く、忘れがたい時間です。
  • 伊東 篤志 伊東 篤志
  • 教師

    富山県 高等学校 勤務(2015年度現在)

    伊東 篤志

    スポーツ健康政策学部 スポーツ教育学科(2015年3月卒業)

    県立滑川高等学校出身(富山県)

    自ら積極的に行動することで、念願の仕事にたどり着きました。
    教員採用試験を目指すためには、相応の覚悟と努力が必要です。授業を一生懸命聞くのはもちろん、自分から積極的に行動することが求められます。私の場合は、教職ゼミや学内での対策講座に積極的に参加し、講義を聞いたり論文を書いたり、キャリア情報センターでさまざまな相談に乗ってもらったりしていました。この大学のよいところの一つは、自分から求めれば先生方やスタッフの方々が最大の力でサポートしてくれる点にあると思います。先生から紹介されて、小中学校の学習支援や校外学習の引率などのボランティア活動にも参加しました。そこでは、現場の先生の生徒の言動に対する対応や指導の仕方などを間近に見ることができ、とてもよい勉強になりました。念願の教師になってまだ間もないですが、子どもたちの生き生きとした笑顔が大きな励みになっています。
  • 目黒 朋美 目黒 朋美
  • 小学校教員

    神奈川県 小学校 勤務(2014年度現在)

    目黒 朋美

    スポーツ健康政策学部 スポーツ教育学科(2014年3月卒業)

    私立東海大学付属相模高等学校出身(神奈川県)

    仲間と夢中になって学べる環境が背中を押してくれました。
    私が所属していたゼミでは、指導案や授業づくりを徹底的に学ぶ合宿もあります。学生が交代で先生役を務め、ひたすら授業を行うのです。これには鍛えられました。他の学生の授業で新たな視点に気付かせてもらったほか、仲間がいるおかげで発想が何倍にも広がりました。チームプレーで互いが成長できたのです。この経験が教育実習や教員採用試験で役立ちました。特に採用試験では受験生が交代で先生と児童役を務め評価し合うのですが、私は自信を持って挑めました。模擬授業を楽しむ余裕があり、児童役の一人ひとりの表情まで見えたのです。