桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部 桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部

スポーツ健康政策学科の特色

実践型授業を重視した
プログラムを基盤に
特色ある2コースを設定。
すべての学生が才能を発揮できるよう、
知性と感覚を育みます。

スポーツ健康政策学科
4つのポイント

POINTS

実践型授業をとおして、人とスポーツの関わりを見つめ直します。
マネジメントやビジネス、健康など多角的にスポーツ文化の可能性を学びます。

  • 国内外の
    スポーツ文化の学びから、
    スポーツビジネス、観光、
    メディアで活躍する
    人材の育成
  • 健康をテーマとした
    企画・運営ができる
    人材を目指す
  • 「教育」「公共事業」に
    通じた地域貢献が可能
  • 国際的なフィールドで、
    スポーツ事業に
    関わる人材を育成

学びのコース

Learning COURSE

  • 地域スポーツ支援コース 地域スポーツ支援コース
    幅広いスポーツの知識と
    スキルを活かして地域社会に貢献。
    大学で学んだスポーツに関する知識を活かして、地域社会の幸福と発展に寄与したいと考えている学生に最適なコースです。 具体的には、教員、消防士、警察官などの公務員を目指す人、あるいは青年海外協力隊やNPOボランティアなどを通じて海外で活躍したい人材の育成を目指します。 行政機関を中心に、スポーツや健康に関わるプログラムの企画から実施までをこなす人材を目指す場合は、公務員講座の受講が最適です。
  • 文化スポーツデザインコース 文化スポーツデザインコース
    スポーツの新しい関わり方を学び、
    社会における可能性を展望。
    「メディア」や「レジャー」あるいは「マスコミ」など、一見スポーツとは関係が薄いと思われる分野と、スポーツの新しい関わり方を学びます。 それによってスポーツが社会に資する新たな可能性を展望します。 メディアやクリエイティブ産業などの現状を理解した上で、映像制作やジャーナリズムに関する実践的スキルを学んだり、マスコミ・ジャーナリズムの世界や、スポーツから広がる新しいビジネスシーンで活躍できる力を養います。

学科長からのメッセージ

MESSAGE

  • スポーツの、そして君たち自身の「可能性」を見つけよう。
    君たちの多くは、まだまだ人生を方向付けるだけのスポーツをめぐる体験や経験をしていません。 高校の体育の先生や身近な人の職業だけが、君たちの将来ではありません。 本学科は、君たちに、可能な限りの方向性を用意しています。 その方法として多様な講義科目の実施とともに、地域社会や外国に出向いての体験や実践活動の機会の提供を行っています。 大学内にこだわらず、地域社会や国外もフィールドとして(ダブルスクール)、君たちの活躍を後押しします。 私たち教員とともに、動いて、動いて、君たちのなかに眠っている「気づき」を探しましょう。 4年後には、今では予想さえしなかった方向に向かうあなたの姿とともに、スポーツを科学的に学び、研究をし、自ら考え行動する大人となった自分を発見します。
  • 吉田 勝光

    学科長教授

    吉田 勝光

    スポーツマネジメント/スポーツ行政・政策/スポーツ法学