桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部 桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部

活躍する卒業生

桐蔭横浜大学の卒業生たちから、
後輩へのメッセージを
いただきました。

活躍する卒業生

GRADUATES

  • 白築 麗子 白築 麗子
  • JHリーグ所属選手

    HC名古屋 所属(株式会社ミニテック 勤務/2017年度現在)

    白築 麗子

    スポーツ健康政策学部 スポーツテクノロジー学科(2017年3月卒業)

    私立文化学園大学杉並高等学校出身(東京都)

    大好きなハンドボールに全力投球!プレーでお客様に感動を届けたい。
    学科での学びが、プレーヤーとしての成長の糧に。 不動産系企業で事務職を務めながら、日本リーグ(女子)所属チームでキーパーとして活動しています。ハンドボールは小学校4年生から続けてきましたが、自分に日本リーグの舞台でプレーする日が来ると考えたことはありませんでした。それが、桐蔭横浜大学に入学して人生が変わりました。機能解剖学などの授業で人体の構造を学んで、自分の体をどのように鍛えて動かせば良いプレーができるかがわかり、栄養学の授業で得た知識によって、いつ何を食べれば体づくりに効果的か意識して食事できるようになりました。学科での勉強を、プレーヤーとしての成長や進化につなげられたと思います。
  • 鈴木 かなえ 鈴木 かなえ
  • 小田原市職員

    小田原市役所 建設部 建設政策課 建設政策係 勤務(2015年度現在)

    鈴木 かなえ

    スポーツ健康政策学部 スポーツテクノロジー学科(2015年3月卒業)

    県立茅ヶ崎高等学校出身(神奈川県)

    大学で伸ばしたコミュニケーションスキルと専門知識で、地元の暮らしを支えています。
    「地域の役に立ちたい」思いからこの道へ。 市営住宅の管理や用地購入に関わる、経理業務などを担当しています。作成した伝票に不備があると市民の方々や業者さんに多大な迷惑をおかけするため、ミスがないよう丁寧に仕事に向き合うことを心掛けています。もともとは教員志望でしたが、地元の市役所はどのような役割を担っているのか興味を抱き調べたところ、子どもの医療費補助など、想像以上に深く市民の生活に関わっていることを知りました。地域の役に立つ仕事にやりがいを感じ、進路変更を決めました。いずれはスポーツや教育などに関わる部署に配属され、大学で身に付けた専門知識を地域の子育てや生涯学習支援につなげたいと考えています。
  • 赤間 夕輝 赤間 夕輝
  • 不動産販売会社

    住友不動産販売株式会社 勤務(2014年度現在)

    赤間 夕輝

    スポーツ健康政策学部 スポーツテクノロジー学科(2014年3月卒業)

    私立米沢中央高等学校出身(山形県)

    トレーナーとして学んだ経験が営業活動にも役立っています。
    営業の仕事は、大学のゼミ活動で学んだトレーナーの役割と共通する部分が多いと感じています。けがをした人のケアをする上で大切なのは、自分が相手から何を求められているのかを素早く的確に判断して、相手に還元することだと思います。そのためには相手が何を伝えたいのかを読み取り、「今こういう処置をしていますけど、具合はどうですか」と逐一確認を取りながら、進めていかなければ意味がありません。不動産の仕事も、お客様がどういう部屋を探しているのか、会話の中から相手のニーズを的確につかみ取って、必要な情報を提供することが求められますし、契約に至るまでのプロセスの確認も欠かせません。今後はもっとコミュニケーションのスキルを磨いて、お客様に頼られる営業マンになりたいです。