桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

異文化理解と現代日本社会 -自転車で世界一周をした経験から考える-

実施日:

関連ワード:

世界一周

現代日本社会

異文化理解

青年海外協力隊


1988年から2年間、青年海外協力隊の隊員としてパプアニューギニアに派遣されて幼稚園から大学までの指導をしてきた。

その後、1993年から5年1ヶ月をかけて自転車で世界一周をしてきた。その過程で、北極点と南極点に立ち、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアの各大陸の最高峰に登頂してきた。

こうした経験をもとにして、セミナーでは、異文化理解と現代日本社会について、みんなで議論しながら考えてみたい。

当日の様子


受講生の感想

近頃、ふと考えていることがあります。このまま日本にいていいのだろうか、ずっと日本で一生を終えるのか、ということです。

僕は大学に入ったら留学をしたいと考えています。それは自分の意志で行きたいと考えたからです。大野さんの話は、そんな僕の“旅”や“世界”のイメージを一層飛躍させてくださいました。狭すぎる今の生活をもっと広げたいとより強く感じました。“異国の文化に直面する事で自分が際立つ”という事は、今後の自分にとって非常に重要な話だと思います。

とても魅力的なお話をありがとうございました。


講師プロフィール:大野 哲也

news-face_ohno-t

【学歴】京都大学大学院人間・環境学研究科 指導認定退学 博士(人間・環境学)
【現職】桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部准教授
【著書】旅を生きる人びとバックパッカーの人類学(世界思想社)
【専門】文化人類学、社会学


 大野 哲也 OHNO, Tetsuya – 教員紹介


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

インターネット出願 受験生応援サイト