入学手続き・学費について入学手続き・学費について

オープンキャンパス・説明会

オープンキャンパス・説明会写真

大学のことも、入試のこともリアルにわかるオープンキャンパスを開催中!
学部ごとの体験イベントも開催していますので、学部の強みや授業の雰囲気も体験することができます!

入学手続き・学費について

入学手続き・学費について写真

受験から入学までの流れや入学手続き、学費に関するご案内。
みなさまの夢をバックアップする様々な奨学金制度もご用意しています。

学部・学科紹介

学部・学科紹介写真

教員と学生との「対話」を重視する、「少人数・実践型教育」が本学の特徴。個性豊かな3学科で一人ひとりの可能性を伸ばし、みなさまのキャリアプランを実現します。

就職進路について

就職・進路について写真

学生と教員の「距離の近さ」を活かした進路指導で、就職活動や資格取得、大学院への進学などきめ細やかにフォロー。これまでの就職実績もご紹介します。

キャンパスライフ

キャンパスライフ写真

勉強だけじゃない、充実のキャンパスライフ!本学の年間スケジュールや「燦爛祭」、クラブ・サークルについてもご紹介します。

奨学金について奨学金について

本学では、独自の特待生奨学生制度の他、日本学生支援機構奨学金や地方公共団体、民間団体が実施している奨学制度など様々な奨学金制度で学生を支援しています。

  • 桐蔭横浜大学特待生奨学生制度
  • 日本学生支援機構奨学金
  • 地方公共団体・民間育英会等の奨学金

桐蔭横浜大学特待生奨学生制度

桐蔭横浜大学特待生奨学生制度は、各学部1年次後期から3年次前期(法学部は1年次前期から2年次後期)までの2年間を対象に、成績優秀者を学部・学科ごとに選考し、学期ごとに授業料相当額等を奨学金として支給するものです。

この制度は学生が自ら申し込みをするものではなく、学部・学科において選出するものです。なお、支給された奨学金は、返還の必要はありません。

概要
1.対象期間 2年間
  • (1)法学部:1年次前期~2年次後期(1年次に関しては『 法学部奨学生入試制度 』をご覧ください)
  • (2)医用工学部スポーツ健康政策学部:1年次後期~3年次前期
2.採用人員
学部・学科 採用年次期 人数
法学部
法律学科
1年 全期 6名
2年 前期 4名
後期 4名
医用工学部
生命工学科
臨床工学科
1年 後期 各学科1名
2年 前期 各学科1名
後期 各学科1名
3年 前期 各学科1名
スポーツ健康政策学部
スポーツ教育学科
スポーツテクノロジー学科
スポーツ健康政策学科
1年 後期 各学科2名
2年 前期 各学科2名
後期 各学科2名
3年 前期 各学科2名
3.選考方法

学部・学科によって採用年次期の前学期の成績評価、GPA、授業出席率等に基づき総合的に選考する。

4.支給金額

学期ごとの授業料相当額を給付する。
(法学部1年次の授業料に関しては、『法学部奨学生入試制度』をご覧ください。)

日本学生支援機構奨学金

(*日本学生支援機構ホームページ

(*学費支援制度 日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構奨学金は、優れた学生で経済的理由により修学が困難な者に対し、奨学金を貸与する制度です。奨学金貸与修了後は、返還の義務が生じ、必ず返還しなければなりません。本学では、例年4月に説明会を開催し、学内選考のうえ、日本学生支援機構へ推薦しています。

日本学生支援機構奨学金についての説明や資料の配付は、すべて4月上旬の説明会の際に行いますので、希望者は必ず説明会に出席してください。また、説明会の日程も含め奨学金に関する連絡はすべて掲示を通して行いますので、学内の奨学金関係掲示板をよく確認してください。詳しくは、学生部までお問い合わせください。

なお、留学生の奨学金制度については、学生部または国際交流センターまでお問い合わせください。

奨学金の種類、貸与月額、貸与期間、貸与条件
奨学金の種類 第一種(有利子) 第二種(無利子) 緊急採用(無利子) 緊急採用(無利子)
貸与月額 自宅 54,000円 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の中から選択 自宅 54,000円 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の中から選択
自宅外 64,000円 自宅外 64,000円
自宅・
自宅外
30,000円 自宅・
自宅外
30,000円
貸与期間 1年次 4月~卒業 希望月(4月~9月)
~卒業
事由発生月
(4月限度)以降
~採用年度末
希望月(4月~3月)
~卒業
2年次以上 4月~卒業
貸与条件 1年次 下記のいずれかに該当すると学長が認定した学生。
  • 出身学校または大学における学業成績が平均水準以上の学生。
  • 特定の分野において、特に優れた資質能力を有する学生。
  • 大学等における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある学生。
家計を支えている者が、失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等または火災・風水害による被災等により、家計が急変したために緊急に奨学金の必要が生じた場合(ただし、 家計が急変した事由が生じたときから1年以内である場合に限り、申し込むことができる)。
調査書または高校等の最終2ヵ年の成績の平均が3.5以上の学生
2年次以上
大学の成績が所属する学科の上位3分の1以内の学生
・上記のほか、「家計基準」、「健康状態」、「品行方正」等の条件があります。
・留学生(外国籍の学生)は、いずれの奨学金も申し込むことができません。
  1. 「第一種」および「緊急採用」の貸与月額は、平成17年度以降入学者のものです。
  2. 貸与期間の「卒業」とは、正規の「卒業予定年月」をいい、留年した場合は含まれません。
  3. 「第二種」および「応急採用」の貸与利率は、貸与利率は、貸与期間の月ごとに金利3%を上限に、年利変動に応じて変更されます。なお、貸与期間中(在学期間中)は無利子です。

地方公共団体・民間育英団体等の奨学金

本学では、地方公共団体(都道府県市区町村)や民間育英団体の奨学金制度も採用しています。各団体より推薦の依頼があり次第、募集の掲示を学生部の掲示板に出しています。

なお、貸与条件・審査方法等は、それぞれの団体によって異なりますので、詳細は学生部までお問い合わせください。また、地方企共団体の奨学金制度については、本学に推薦依頼があるもの以外にもありますので、各地方自治体の教育委員会等にお問い合わせください。

その他、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」があります。詳細については、日本政策金融公庫のホームページ( http://www.jfc.go.jp/)を参照してください。

入学手続き・学費について

  • 入学金・授業料(学費等納入金)
  • 入学手続きについて
  • 奨学金について
  • Check
  • Clip to Evernote
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop


桐蔭横浜大学情報Twitter