出願ナビ
サイト内検索

奨学生制度・奨学金制度

本学では、独自の特待生奨学生制度の他、日本学生支援機構奨学金や地方公共団体、民間団体が実施している奨学制度など様々な奨学金制度で学生を支援しています。

桐蔭横浜大学特待生奨学生制度

桐蔭横浜大学特待生奨学生制度は、各学部2年間を対象に、成績優秀者を学部・学科ごとに選考し、学期ごとに授業料相当額等を奨学金として支給するものです。
この制度は学生が自ら申し込みをするものではなく、学部・学科において選出するものです。なお、支給された奨学金は、返還の必要はありません。

対象期間:2年間

  • (1) 法学部・スポーツ健康政策学部:1年次前期~2年次後期 (1年次に関しては、ページ下部の学部奨学生入試制度をご覧ください。)
  • (2) 医用工学部:1年次後期~3年次前期

採用人員

  採用年次期 人数
法学部
  • 法律学科
1年 全期 6名
2年 前期 4名
後期 4名
医用工学部
  • 生命工学科
  • 臨床工学科
1年 後期 各学科2名
2年 前期 各学科2名
後期 各学科2名
3年 前期 各学科2名
スポーツ健康
政策学部
  • スポーツ教育学科
  • スポーツ
    テクノロジー学科
  • スポーツ
    健康政策学科
1年 全期 6名
2年 前期 各学科2名
後期 各学科2名

※ 法学部およびスポーツ健康政策学部の1年は学部奨学生入試制度が適用されるので、対象期間が異なります。

選考方法

学部・学科によって採用年次期の前学期の成績評価、GPA、授業出席率等に基づき総合的に選考します。

支給金額

法学部およびスポーツ健康政策学部は学期ごとの授業料相当額、医用工学部は授業料相当額の半額を給付します。

※法学部1年次およびスポーツ健康政策学部1年次の授業料に関しては、ページ下部の学部奨学生入試制度をご覧ください。

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金は、優れた学生で経済的理由により修学が困難な者に対し、奨学金を貸与する制度です。奨学金貸与修了後は、返還の義務が生じ、必ず返還しなければなりません。本学では、例年4月に説明会を開催し、学内選考のうえ、日本学生支援機構へ推薦しています。
日本学生支援機構奨学金についての説明や資料の配付は、すべて4月上旬の説明会の際に行いますので、希望者は必ず説明会に出席してください。また、説明会の日程も含め奨学金に関する連絡はすべて掲示を通して行いますので、学内の奨学金関係掲示板をよく確認してください。詳しくは、学生部までお問い合わせください。

日本学生支援機構ホームページ(https://www.jasso.go.jp/shogakukin/)

学費支援制度 日本学生支援機構の奨学金(http://school.js88.com/common/contents/scholarship/1-1/)

  • ※留学生の奨学金制度については、学生部または国際交流センターまでお問い合わせください。

高等教育の就学支援

制度概要につきましては、文部科学省「高等教育の修学支援新制度」を参照してください。

高等教育の修学支援新制度:文部科学省(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm)

地方公共団体・民間育英団体等の奨学金

本学では、地方公共団体(都道府県市区町村)や民間育英団体の奨学金制度も採用しています。各団体より推薦の依頼があり次第、募集の掲示を学生部の掲示板に出しています。 なお、貸与条件・審査方法等は、それぞれの団体によって異なりますので、詳細は学生部までお問い合わせください。また、地方公共団体の奨学金制度については、本学に推薦依頼があるもの以外にもありますので、各地方自治体の教育委員会等にお問い合わせください。 その他、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」があります。詳細については、日本政策金融公庫のホームページを参照してください。

教育一般貸付(国の教育ローン)|日本政策金融公庫(https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html)

日本政策金融公庫(https://www.jfc.go.jp/)

学部奨学生入試制度

【法学部】

法学部では、一般入試(学部前期、全学統一試験前期)の成績上位6名について、授業料の免除または一部免除を行います。AO入試および指定校・公募推薦入試合格者も奨学生を希望する場合は、一般入試の試験(全学統一試験前期)を受験することにより、選抜の対象者となります。

【スポーツ健康政策学部】

スポーツ健康政策学部では、一般入試(学部前期、全学統一試験前期)の成績上位6名について、授業料の免除を行います。AO入試および指定校・公募推薦入試合格者も奨学生を希望する場合は、一般入試の試験(学部前期、全学統一試験前期)を受験することにより、選抜の対象者となります。

学生採用人数

  • 【法学部】6名
  • 【スポーツ健康政策学部】6名

年間授業料の全額もしくは半額を免除 (初年度のみ)

  • 【法学部】全額(72万円)2名、半額(36万円)4名
  • 【スポーツ健康政策学部】全額(80万円)6名

奨学生選考対象者

  • 一般入試(学部前期、全学統一試験前期)合格者
  • 【法学部】AO入試合格者(12月末までの合格者)、指定校・公募推薦入試合格者のうち、一般入試(全学統一試験前期)を受験した者
  • 【スポーツ健康政策学部】AO入試合格者(12月末までの合格者)、指定校・公募推薦入試合格者のうち、一般入試(学部前期、全学統一試験前期)を受験した者

選考方法

  • 一般入試(学部前期、全学統一試験前期)の受験者のうち、入試成績上位者とします。
  • 奨学生選考対象者の受験者数および合格者数を勘案して、奨学生を選考します。

学部奨学生入試制度の出願手続きや試験に関しましては、入試要項をご覧ください。
その他、ご不明な点は、入試・広報センターまでご連絡ください。

  • 桐蔭横浜大学 入試・広報センター
  • 9:00~17:00 (土曜は9:00~15:00、休祭日は除く)
  • TEL : 045-974-5423(直通)
  • MAIL : nkc@toin.ac.jp