最新の投稿
1 2019年7月16日 NEW!! 神奈川全私学展に参加しました
2 2019年7月9日 1学期期末考査 2日目終了
3 2019年7月3日 来週からいよいよ期末考査です
 
記事一覧

父母会(高校3年、中等後期)

6/22(土)、高校3年および中等後期の父母会をそれぞれ実施しました。父母会・保護者会は年に2回開催しており、今回はその1回目となります。他には保護者の皆さまを対象とした授業参観や講演会、また各クラスで企画するクラス懇談会などの行事があり、学校との連携を図っています。

私(岡田)からの説明は、大学受験関係の話が中心となりました。

DSC07091

「受験勉強には2つの『ヤマ』があります。一つ目の『ヤマ』は高校2年・中等5年の10月、つまり学園祭が終わったこの時期に受験勉強を意識してスタートできるかどうか。二つ目の『ヤマ』は高校3年・中等6年の夏休み以降。まさにあと1か月後のことです。ここでギヤチェンジして乗っていけるかどうか。過去の卒業生たちを見ても、この2つの『ヤマ』をクリアできた生徒が最後に納得のいく結果を出しています。どうかお子様を側面からサポートしてあげてください。」

高校3年・中等6年では、佐藤進路部長からの説明もありました。大学受験に関する最新情報を織り交ぜながらの説明です。

DSC07086

5/18(土)以来、6週にわたって実施してきた各部署の父母会・保護者会も本日で終了となりました。ご来校、誠にありがとうございました。

2回目は10月以降、順次開催していきます。

引き続き、桐蔭学園の教育へのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

高校の生徒会新聞から取材を受けました

6/21(金)、高校の生徒会新聞から取材を受けました。「桐蔭学園が目指している新しい教育について、その理念・方針について語ってほしい」とのこと。

「次の30年、50年はどのような社会になるか?」「そのような社会を地に足をつけて歩いていくために必要な力とは?」「その力を育成するために桐蔭学園としてどのような学びを展開しているのか?」━━このような観点から、なるべくわかりやすく説明しました。

逆に私(岡田)からもこんな質問を投げかけてみました。

「国際化とグローバル化はどう違うと思う?」

━━「国際化はそれぞれの国の文化を尊重しながらつながること、グローバル化は異文化が交じり合っていくことだと思います」との答え。なかなか鋭いですね。

アクティブラーニング型授業を軸に、新しい学びを展開している桐蔭学園が大切にしている姿勢━━それは「傾聴と承認」です。この4人はしっかりとこの姿勢を身につけており、私も乗せられて饒舌に語ってしまいました(笑)。優秀なインタビュアーたちです。

20190621170435_IMG_0462

新聞は7月発行を目標にしているとのこと。記事の完成が楽しみです。

 

カレーランチ会(中等1年)

6月のカレーランチ会の様子をお伝えします。

DSC07026 DSC07024

6/19(水)と20(木)の両日、中等1年でカレーランチ会を実施しました。毎月、その月に誕生日を迎える1年生を校長室へと招待し、昼休みにカレーをいただくこの企画、私(岡田)が校長に就任した2年前から続けています。

各自が好きなだけライスをよそい、私が一人ひとりにカレールーをかけていきます(ちなみに、私が半袖姿のものは19日、長袖姿のものは20日のものです)。

DSC07055 DSC07058

準備が整ったところでいよいよいただきます。

桐蔭学園では、授業の始まりと終わりの際や皆で食事をする際には「黙想」をする習慣があります。今回もそれにならって。

「姿勢を正して、黙想!」

DSC07067

「黙想やめ。いただきます!」

DSC07040

食事中は一人ひとり自己紹介をしていきます。

出身の小学校のことやクラブ活動のこと、桐蔭学園に入学しての感想など、いろんな話を聴くことができます。私にとっても大変貴重な、そして楽しい時間です。

DSC07051 DSC07042

私が特に気にするのは、桐蔭学園に入って充実した生活が送れているかということです。

「個性的な人が多くてたくさん友だちができた」「クラブの先輩が優しくて楽しい」━━ホッと安心する一言です。

DSC07071 DSC07075

まだまだ小学生の雰囲気を残す生徒も多く見られますが、これからだんだんと中学生らしさが増してくることでしょう。

皆さんの成長を楽しみにしています。

DSC07083 DSC07054

 

学校説明会(中等教育学校)

6/18(火)、中等教育学校の説明会を実施しました。6/7(金)同様、予約定員制によるものですので、「Face to Face」な説明会です。

IMG-3383

最初に私(岡田)からご挨拶させていただきました。

「今の中高生は、私たちが経験したことのない社会を生きていくことになります。それは、AIをはじめとする技術が飛躍的に進歩し、生産年齢人口が高度成長期以前の水準にまで戻ってしまうような社会です。このような社会を生き抜くために必要な能力は、決してAIと同じものではないはずです。AIにはできないこと、つまりイノベーションを起こせる力を備えなければなりません。いわば、馬車から鉄道を生み出す力です。桐蔭学園ではこのような力を育成するため、新しい学びを展開しています。これが『新しい進学校のカタチ』なのです。」

IMG-3381

その後、今年度の入学者から男女共学化した中等教育学校1年生の様子を交えながらの説明、そして入学試験についての説明と続き、説明会は終了となりました。

最後は校内見学。1年生が学んでいるF棟を中心にご覧いただきました。

IMG-3385

中学受験は学校選びが最大のポイントです。どうかお子様に合った1校を選んでさしあげてください。

本日のご参加、誠にありがとうございました。

 

キャリア企画「医学を志す」を実施しました

6/15(土)の放課後、キャリア企画「医学を志す」を実施しました。横浜市立大学医学部出身の方々が中心に進めているこの企画に、約100名の本校生徒が参加しました。

はじめに沖田先生(本校25期生)による人生を語る熱い基調講演の後、これに関連した課題がスクリーンに表示され、5~6名のグループごとにディスカッションを行います。

IMG_0524 IMG_0530

各グループには医大生や研修医の方が1名ずつついてくださり、ディスカッションの進行をサポートしてくださいました。大変活発な議論です。

ディスカッションには「まなボード」を使用。桐蔭生には普段のAL型授業でお馴染みです。

IMG_0539

ディスカッション後は、4グループをまとめてプレゼンが行われました。これも桐蔭生にとってはお手のものです。

IMG_0538 IMG_0540

また、桐蔭学園卒業生の医師・医大生による座談会や個別質問のコーナーもありました。

約4時間におよぶ長丁場でしたが、生徒たちにとっては間違いなく充実した時間となりました。医学への志がますます高まったことでしょう。

 

父母会(女子部)・保護者会(中等1年)

6/15(土)、女子部(中2~高2)の父母会および中等教育1年の保護者会をそれぞれ開催しました。

20190615

女子部はシンフォニーホールでの父母総会からスタート。その後、私(岡田)からの挨拶・説明の後、各学年での説明、クラス懇談会へと続きました。

また、この4月に入学したばかりの中等1年はクラス懇談会からスタート。終了後にシンフォニーホールへとお集まりいただき、私からの挨拶・説明、学年からの説明と続きました。

DSC07023

「桐蔭学園は『新しい進学校』を目指しています。進学校ですから、大学入試を突破できる力を備えることは当然です。しかし、それだけではいけない。いわゆる『いい大学』に入学しても、その先の人生においてしっかりと地に足をつけて生きていける力を備えていなければ意味がありません。 桐蔭学園では、そのための3本柱━①アクティブラーニング型授業、②探究(未来への扉)、③キャリア教育━を確立しています。これによって、一生涯能動的に学びに向かっていく姿勢、そして自身の人生をデザインする力を養っていきます。」

保護者の皆さまは熱心に聴いてくださいました。

お足元の悪い中でのご来校、誠にありがとうございました。