桐蔭横浜大学

桐蔭横浜大学Toin University
of Yokohama.

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

本学は、4つの教育の柱(「個の充実」、「実務家養成」、「開かれた大学」及び「国際交流」)のもと、少人数教育の利点を活かし、大学教育において、学生一人ひとりの専門性を高めることを最大の目標としており、学力の優劣よりも、社会において活躍しようとする明確な目的意識を持ち、入学後に大きく成長する可能性を秘めた入学希望者に、自らを変革させる機会を与えることを目指しています。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学では「実学およびスポーツと教員養成」「文化教育」「新たな知の開拓」「グローバル化対応」という柱を軸に、それぞれの学部の特色を生かしつつ、体系的なカリキュラム編成がなされている。このうち「実学」については、各学部が想定する職業に必要とされる知見を、基礎から実践まで系統的に教育指導する。そしてそれにとどまらず、その先の最先端の領域を開拓してゆく道にもつながる扉を指し示したい。その一方で、グローバル化してゆく世界に対応するための知見も、職業的知見の傍らに用意し、また、日々の価値判断の礎となるべき人文社会教養も、関心興味に応じて深めることができるよう配慮する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

本学は桐蔭学園の5つの建学の精神に基づきつつ、「個の充実」「実務家養成」「開かれた大学」「国際交流」の4つの柱を大学開設以来掲げてきた。近年はこれを「実学およびスポーツと教員養成」「文化教育」「新たな知の開拓」「グローバル化対応」とも置いている。その具体的内容は各学部の特性により異なる部分があるとしても、①卒業後の社会・職業生活に応用可能な知見の修得、②価値判断の基礎となり、長い人生の道標となりうる教養、そして人格の形成、③グローバル化してゆく世界にたいする確かな目、これらを身につけるという点では共通性がある。よって、この3点を学士号授与の基礎的条件とする。そしてこれを土台として各学部が提供する具体的な知見を修得してもらう。これにより、自立的に自由な発想と柔軟な判断ができ、他者や他文化と協調・協同しながら、倫理観を持って目標の実現のために人間力豊かなリーダーシップを発揮するとともに、多様な知識と技術を用いて社会の事象を批判的に分析し、問題の発見と解決をはかりながら、持続可能な地球社会の構築に貢献できる人材を輩出できると確信する。

各学部・研究科の「3つのポリシー」

学部案内|法学部

学部案内|医用工学部

学部案内|スポーツ健康政策学部

法学研究科紹介

工学研究科紹介

スポーツ科学研究科紹介




アセスメントポリシー


pagetop

インターネット出願 入試要項(願書)資料請求 桐蔭横浜大学情報Twitter 受験生応援サイト TOIN Communication Site 「KIRIKO - キリコ -」 スポーツ教育振興本部
教育情報の公表 東日本大震災の対応について 緊急時情報Twitter 桐蔭横浜大学基金について 大学基準協会における大学評価(認証評価)について 教育職員免許法施行規則第22条の6に規定する情報
PAGE TOP